FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第864回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ“ONE”
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]
    ♪1位 4週、登場 7週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    テレビ東京・単発ドラマ「さすらい署長スペシャル」劇中効果音楽 [濱田貴司]
    ♪選曲 山本逸美のクレジット有。リスト対象は、21時32分から流れた劇伴佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    松任谷由実「深海の街」
    テレビ東京・報道番組「ワールド ビジネス サテライト」エンディング テーマ曲


 結論から言うと極めて難解です(笑)。この書籍だけでなく「大嘗祭」そのものが難解なのです。天皇陛下御即位の儀式の中で、最も重要な大嘗祭を理解しようと、民俗学者・折口信夫が著した「大嘗祭の本義」を読んだのですが、理解への作業を止めるべきだとの妙な結論に達してしまいました。皇位継承に伴う大嘗祭とは、理解を超越した最重要な宮中祭祀なのかも知れません。

 1930年(昭和5年)に発表された、折口信夫「大嘗祭の本義」は、戦後批判も多く集まりましたが、内容を否定できるほどではありませんでした。著作権保護年数が経過したため青空文庫に蔵しており、気軽にネットで読み始めたのですが、文語体のためか どうも難解です。現代語訳の書籍を入手し精読を試みても、やはり難解のままだった(笑)のが、読後の正直な感想です。

 理解出来なかったという結論を先に出しましたので(笑)大嘗祭の本義を読んで気づいた点だけを書いてみます。まず、大嘗祭の本義というタイトルです。講演の記録が主で、当初は 民俗学より見たる大嘗祭 という演題だったのですが、もっと深く論じようと、折口信夫が相当の覚悟で まとめた著述です。やはり 本書からの摘み食いをする様な批判とは、次元が異なります。

 次に大嘗祭を行う主基殿・悠紀殿を守備するため、衛門が配置されている事に驚きました。古式ゆかしく太刀 や 弓矢を持っていますが、これは兵士です。護衛隊を要する皇室儀式は、大嘗祭だけなのです。また幄舎には、三権の長を始め国家の中枢が招待され、外から見守っています。以前読んだ明治天皇紀には、大嘗祭に西郷隆盛が参議として幄舎で参列している記録がありました。

 基本的に大嘗祭は、天皇一世一度の新嘗祭なのですが、ここに折口信夫が唱えた「真床襲衾」(まことおふすま)という、とてつもない概念が現れます。新嘗祭では絶対有り得ない概念です。どういう意味か、ここでは書きません(笑)。ただ事実として平成の大嘗祭には、主基殿・悠紀殿に寝座が備え付けられており、この寝座の存在は、誰にも否定が出来ないのです。

 平成2年に宮内庁は、主基殿・悠紀殿に備え付けられた寝座に、天皇は儀式上一切触れないとの妙な見解(笑)を わざわざ発表しています。ただ大嘗祭が、午後 4時半から翌日午前 3時半までと、皇室儀式として極めて稀な深夜に行う事からも、この概念を完全否定する事は 難しいのです。また真床襲衾(真床覆衾)という語彙は、日本書紀の神代紀にも厳然と現れています。

 真床襲衾の本義について興味のある方は、ご自身でお調べになってください(笑)。14日から 15日にかけて、天皇陛下一世に一度だけ行われる大嘗祭は、皇室儀式の中でも秘儀中の秘儀に違いありません。折口信夫が民俗学を、演題 や 著作タイトルから外した事にも現れている通り、民俗学や歴史学の考察からは、超越した世界に大嘗祭は存在しているのです。

第863回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]

  2. 第 2 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ“ONE”
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]
    ♪Billy Goldenberg 制作テーマ音楽もリスト対象。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    松任谷由実「深海の街」
    テレビ東京・報道番組「ワールド ビジネス サテライト」エンディング テーマ曲


 即位の礼 と 台風等の週間放送視聴日記で前後しますが お許しください。10月 9日に スウェーデン王立科学アカデミーは、今年のノーベル化学賞を、吉野彰 旭化成名誉フェローに授与すると発表しました。午後 6時49分にローカル枠放送中の総合テレビで「ノーベル化学賞に旭化成の吉野彰さん リチウムイオン電池を開発」と、まずNHKニュース速報が流れています。

 そして午後 6時52分に全中カットインで、赤松俊理 アナが 2分間 臨時ニュース(チャイムなし)を放送しました。NHKニュース7では、近づくスーパー台風に時間を割いていたため、私は CSのTBS NEWSで、最初の記者会見生中継を視ていました。24時間ニュースチャンネルを標榜する TBS NEWSは、重要記者会見の徹底生中継を得意にしています。

 ノーベル化学賞は、本当に功績確定しているかどうか? 慎重の上にも慎重な審査があり、それが受賞候補者の待ちくたびれ(笑)に繋がるケースが多いのですが、今回の吉野彰さんの場合、ノーベル賞候補として、最も期待感が高まっていた年に、受賞の知らせが届く幸運な受賞者だった様で、記者会見では、語彙の端々に多幸感を感じさせる喜び一杯の姿がありました。

 それもそのはずです。吉野氏のノーベル化学賞受賞の功績は、今や全人類に革命的な普及を遂げたスマートフォンで広く使われている「リチウムイオン電池」の開発であり、誰もが功績を理解できるノーベル化学賞受賞者です。スマホだけではなく 私のガラホにも、リチウムイオン電池は 使用されており、今このブログが書けるのも リチウムイオン電池のお陰なのです(笑)。

 当然ノーベル化学賞の選考委員会も、厳しいチェックを伴う功績確定を待つ必要がなく、候補者リストに入っている様だと評判が立ち、今年取れると下馬評に上って期待感が高まった極みで、受賞決定の知らせが飛び込む理想的(笑)な展開になりました。吉野 氏が記者会見の際に、苦しい研究過程を例えていた「ランナーズハイ」になる必要はなかったという訳です(笑)。

 この日記記載も遅れる理由だった、大雨特別警報を伴う台風19号が、吉野 氏の受賞決定週に襲いました。吉野 氏は、リチウムイオン電池を搭載した電気自動車がさらに普及すれば、一般家庭 2日分程度の電気が、停電時でも融通出来るという、これも実に解りやすい見通しを提示していました。リチウムイオン電池の蓄電機能は、大災害などの非常時にも応用が効くのです。

 これで日本国籍を有するノーベル賞受賞者は 25名を数えました。そして だんだんと気になってきたのは、まだ経済学賞の受賞者が、日本人でひとりもいないという点です。調べてみると有力候補は いらっしゃる様で、今後に期待が出来ます。このブログも足掛け 17年となり、9度もノーベル賞受賞時の日記が残っています。ノーベル化学賞 本当に おめでとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。