FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第863回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「盤上の向日葵」劇中効果音楽 [佐久間奏]

  2. 第 2 位 ( △ )
    城南海 ~ きずきみなみ“ONE”
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女2」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    CS AXN・外国テレビドラマ「刑事コジャック」前期シリーズ 劇中効果音楽[John Cacavas]
    ♪Billy Goldenberg 制作テーマ音楽もリスト対象。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    GLAY“into The Wild”
    スバル テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    松任谷由実「深海の街」
    テレビ東京・報道番組「ワールド ビジネス サテライト」エンディング テーマ曲


 即位の礼 と 台風等の週間放送視聴日記で前後しますが お許しください。10月 9日に スウェーデン王立科学アカデミーは、今年のノーベル化学賞を、吉野彰 旭化成名誉フェローに授与すると発表しました。午後 6時49分にローカル枠放送中の総合テレビで「ノーベル化学賞に旭化成の吉野彰さん リチウムイオン電池を開発」と、まずNHKニュース速報が流れています。

 そして午後 6時52分に全中カットインで、赤松俊理 アナが 2分間 臨時ニュース(チャイムなし)を放送しました。NHKニュース7では、近づくスーパー台風に時間を割いていたため、私は CSのTBS NEWSで、最初の記者会見生中継を視ていました。24時間ニュースチャンネルを標榜する TBS NEWSは、重要記者会見の徹底生中継を得意にしています。

 ノーベル化学賞は、本当に功績確定しているかどうか? 慎重の上にも慎重な審査があり、それが受賞候補者の待ちくたびれ(笑)に繋がるケースが多いのですが、今回の吉野彰さんの場合、ノーベル賞候補として、最も期待感が高まっていた年に、受賞の知らせが届く幸運な受賞者だった様で、記者会見では、語彙の端々に多幸感を感じさせる喜び一杯の姿がありました。

 それもそのはずです。吉野氏のノーベル化学賞受賞の功績は、今や全人類に革命的な普及を遂げたスマートフォンで広く使われている「リチウムイオン電池」の開発であり、誰もが功績を理解できるノーベル化学賞受賞者です。スマホだけではなく 私のガラホにも、リチウムイオン電池は 使用されており、今このブログが書けるのも リチウムイオン電池のお陰なのです(笑)。

 当然ノーベル化学賞の選考委員会も、厳しいチェックを伴う功績確定を待つ必要がなく、候補者リストに入っている様だと評判が立ち、今年取れると下馬評に上って期待感が高まった極みで、受賞決定の知らせが飛び込む理想的(笑)な展開になりました。吉野 氏が記者会見の際に、苦しい研究過程を例えていた「ランナーズハイ」になる必要はなかったという訳です(笑)。

 この日記記載も遅れる理由だった、大雨特別警報を伴う台風19号が、吉野 氏の受賞決定週に襲いました。吉野 氏は、リチウムイオン電池を搭載した電気自動車がさらに普及すれば、一般家庭 2日分程度の電気が、停電時でも融通出来るという、これも実に解りやすい見通しを提示していました。リチウムイオン電池の蓄電機能は、大災害などの非常時にも応用が効くのです。

 これで日本国籍を有するノーベル賞受賞者は 25名を数えました。そして だんだんと気になってきたのは、まだ経済学賞の受賞者が、日本人でひとりもいないという点です。調べてみると有力候補は いらっしゃる様で、今後に期待が出来ます。このブログも足掛け 17年となり、9度もノーベル賞受賞時の日記が残っています。ノーベル化学賞 本当に おめでとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。