FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第390回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    坂本冬美「また君に恋してる」
    ♪作曲は 森正明。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    遊びでぃきらさ’z ~ あしびでぃきらさーず“Hurry up ハーリー”


 私が茨城から信州へ最初に訪れたのは、小学3年生の夏休み。北佐久郡 立科町の実家に 2晩泊まっています。

 父と信越本線・大屋駅で急行から降り、タクシーを使って立科まで行きました。着いたのは夕方頃だと記憶しています。

 歓待され夕食を食べていた その時でした。電話機が突然しゃべり出したのです(笑)。子供ながら この驚きは恐怖に近いものがありました(笑)。

 電話機は、受話器から静かにしゃべり出します。いきなり電話機自体が大声を出すとは、まさに驚天動地の出来事だったのです。

 親戚も びっくりしているのに気付いたのか説明してくれました。「これは有線放送で朝晩 勝手にしゃべるんだよ」(笑)。

 その電話機は、案の定 翌朝も大声で しゃべり出しました(笑)。恐る恐る その電話機を見てみると、ダイヤルはなく代わりにスピーカの穴が開いていたのです。これが「有線放送電話」との出会いでした。

 農事有線放送が広く普及したのは、ここ長野県そして沖縄県です。沖縄の場合は電話機能はなく「親子ラジオ」と呼ばれていました。

 受信した琉球政府のラジオ放送や独自のアナウンス放送を「親」ラジオ局から送信し「子」すなわち契約家庭の小さなスピーカーへ流します。そのスピーカーにはスイッチとボリュームしかありません。そして電気が不必要。「親」の通電で「子」のスピーカーが鳴ったのです。

 電力事情の悪かった頃この点が歓迎され、終戦直後の米軍施政化で急激に普及します。最盛期は沖縄県内で 300局以上の親子ラジオがあったという話ですから、集落ひとつずつに親ラジオ局は存在したほどです。

 しかし、一般のラジオ・テレビ放送が広がっていき、現在では殆ど廃局しました。宮古島市 池間島などで残っているだけです。長野県内の有線放送電話も最盛期から だいぶ減りましたが、インターネット接続事業で生き残り長野市などを中心に普及しています。

 とにかく普段は沈黙しているのです(笑)。朝夕の決まった時間を中心に、突然メロディは流れ放送が始まり終了すると また沈黙します。

 朝の放送が、目覚まし代わりの挨拶や農事情報。夕方の放送は、地域の話題などが多い様です。中にはリクエストを募ってDJをする放送所もあります。

 そして、最大の特徴が「臨時放送」です。

 近隣の火災や気象警報。大雪による休校連絡。地元首長や議員選挙の開票速報など放送しなければならない情報があれば、臨時に放送を開始します。この「臨時放送」こそ有線放送電話の真骨頂と言うべきものです。

 もちろん電話機能は、何時間 話しても通話料無料。定額の使用料にコミとなります。そう言えば前述の小学生時代、親父が茨城から立科へ電話をかける時、立科有線の交換台に「上田からだけど繋いでくれ」と言っていました(笑)。

 茨城からだと言えば繋いでくれないらしく「上田から」と言うのは一種のテクニック(笑)だった様です。電電公社と有線放送所の取り決めが当時あったのでは? と推測しています。

 普段は沈黙し時間が来た時あるいは必要な時のみ放送する「有線放送電話」。すっかり目立たなくなってしまった そのシステムに、実は未来のラジオ放送全体にとって最も重要なポイントが潜んでいる気もします。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、2日に 13万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。

第391回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS フジ・ドラマ「JOKER 許されざる捜査官」劇中効果音楽 [井筒昭雄]
    ♪コンパクトながらキレのある劇伴音楽の佳曲群。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    遊びでぃきらさ’z ~ あしびでぃきらさーず“Hurry up ハーリー”


 8日 投開票の『第18回 長野県知事選挙』は、阿部守一 元副知事が、新人2候補を破り初当選しました。

 【獲得得票数:阿部守一 候補 36万2903 腰原愛正 候補 35万7882 松本猛 候補 18万9793】

 村井県政の副知事と田中県政の副知事。さらに絵本作家・いわさきちひろ 氏の子息という有力3候補による選挙は、5021票差で県知事が決まる稀にみる大激戦でした。

 投票日直前の情勢分析では、朝日新聞が腰原 候補やや先行と掲載。支持率の順位を示唆する見出し表記順も「阿部・腰原」「腰原・阿部」と各紙分かれる見解でした。

 投票終了直後は、最近の地方首長選で見られる早期の当確打ちもなく、各局共に ずっと沈黙を保っていました。

 20時55分に まずNHK長野局の開票速報で、出口調査の結果を最初に報道。その円グラフは、僅かに阿部 候補優勢を表示。逆にNHK地デジのデータ放送 開票速報では、町村部の開票から腰原 候補リードとなっていました。

 21時22分に、1万7千票の開票を たった17分で終了させた小諸市が、市部最初に阿部 候補トップと判明。全県集計も徐々に腰原 候補のリードが縮小。22時14分 開票率50%の段階で遂に阿部 候補が逆転します。

 大票田である長野市・松本市の開票が進むと その差は拡大。そして 22時40分、NHKは阿部 候補に当確を打ち、地デジ データ放送の当確マークと全国ニュース放送中の画面の当確速報(長野局はチャイム有り)が同時に表示されました。

 信毎SBC開票速報は、NHKより約 7分遅れで阿部 候補へ当確。今回の長野県知事選は、NHKが最も早く当確を打っています。

 当選者への共同インタビュアーは、最初に当確を打った局が担当する慣例(笑)です。今回 阿部 新知事へのインタビューは、NHKアナが担当しました。

 なおFM長野は、22時55分からのFM長野ニュース(JFN)で、阿部 候補当確を速報しました。

 どうしても忘れられないのは、田中 県政の時に議員が全員退席した県議会議場で意地になり、ひとり答弁を続ける田中康夫 知事を後ろから諭していた阿部 副知事の姿です。あの時は やはり官僚のイメージがありました。

 あれから地方自治のキャリアを重ねてきた今の姿は、官僚臭さも少し抜けてきた様です。特に最新の経歴には、行政刷新会議事務局次長と記されています。あの「事業仕分け」の参謀的役割です。

 この知事選でも長野県版事業仕分けをすると公約されています。その点 村井 県政を支援してきた人々に不安が広がったのだと思っています。県政のベクトルが いきなり振り切れ混乱する事を、県民の多くは希望していないはずです。

 田中 元知事は、自らの不信任処理で県知事選の時期を、県議選の直前に設定してしまいました(笑)。今回 県知事選と同時に県議補選も行われましたが、選ばれた4名の新県議の任期は僅か8ヵ月間。来春には また県議選です。阿部 新知事の元で、穏やかに刷新された県政となる事を期待しています。

第392回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「JOKER 許されざる捜査官」劇中効果音楽 [井筒昭雄]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    遊びでぃきらさ’z ~ あしびでぃきらさーず“Hurry up ハーリー”
    ♪当銘 さん 粋な新唄をありがとう。


 先月27日 深夜に、abn長野朝日放送で約3年続いた「水曜どうでしょう Classic」の放送が終了しました。

 その同じ日、HTB北海道テレビの水曜どうでしょう 公式サイト「本日の日記」では、藤村忠寿 ディレクターが「旅に出ます」と発表。4年ぶりに新作の制作へ入っています。

 その旅では、鈴井・大泉・藤村・嬉野の どうでしょう班の内、最初に記載の方が暴発したとの事(笑)。大変楽しみです。そしてNHK大河ドラマ「龍馬伝」では、2番目に記載の方が頑張っています。

 15日 本放送の第33回「亀山社中の大仕事」では、中盤あたりに まるで交響詩の様な劇伴音楽効果があり卓越したものを感じました。新たにリスト対象となっているトラックも、ここ数週使われています。

 英国商人・グラバーとの軍艦調達の駆け引きは、薩長同盟の根幹を支える重要な劇上のポイントです。そして大泉洋演じる近藤長次郎の実務交渉も大切なシーンでした。大河ドラマ初登場の大泉洋は良くやっていると思います。

 BS朝日で「水曜どうでしょう」をデジタルで録画し直していますが、現在放送中の「絵葉書の旅」(1998年 本放送)当時と比べても成長は解ります。

 さらに次回予告が大泉洋のアップで終わった直後の龍馬伝紀行は、なんと佐賀県「嬉野市」(笑)。龍馬伝を視た どうでしょうファンの感嘆が聞こえてくる感じもしました。龍馬伝制作スタッフに「どうでしょうファン」は間違いなく存在します(笑)。

 加えて「龍馬伝」のクレジット序列も第3シーズンから斬新さが増してきました。

 7月7日 本放送第29回「新天地、長崎」のトメGは、なんと 本田博太郎 → 石橋凌 → 高橋克実。そして今週のトメG、高橋克実 → 本田博太郎 → 石橋凌 → 余貴美子にも同じ様な感嘆の声を上げるほどでした。「龍馬伝」の今後の展開に期待しています。

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」15日 放送・第33回「亀山社中の大仕事」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 福山雅治 → ○ 香川照之 → 伊勢谷友介 → 蒼井優 → 平岡祐太 / △ 大泉洋 →→ 谷原章介 →→ 酒井若菜 →→ 要潤 / ○ 高橋克実 → △ 本田博太郎 → △ 石橋凌 → ◎ 余貴美子 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第393回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]
    ♪27日 第131回放送では 8時12分過ぎに流れた劇伴音楽がリスト対象。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NBS フジ・ドラマ「JOKER 許されざる捜査官」劇中効果音楽 [井筒昭雄]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    「ヒヤミカチ応援節」 [かりゆし企画]
    ♪全国優勝した沖縄・興南高校 応援ソング。決勝直後のラジオ沖縄「民謡の花束」でも流れる。


 今年の夏は猛暑です。その夏は まだ続いています。

 沖縄の友人から どんどん送られてくる地元ラジオ番組の録音ファイルを聴いていると、ここ長野県 松本市より沖縄各地の最高気温が低い事に驚かされます。

 沖縄の迎え盆は「ウンケイ」と言って 旧暦の7月13日。送り盆の「ウークイ」が15日。必ず満月になります。今年は 22日から24日でした。

 RBCiラジオの旧盆特別番組を初めて聴きましたが、午前1時まで生放送された沖縄民謡のリクエストライブは本当に素晴らしかったです。そして信州の旧盆より涼しげな印象を受けました。

 今年は全国で熱中症に かかる人が急増しています。夜間エアコンを切って寝ていた方にも罹患が目立ってきました。

 我が家でも意地は張らず(笑)エアコンをフルに使っています。但し睡眠中は高めの「29度」普段も 27度 ~ 29度という設定です。

 長野地方気象台の統計を調べたところ、27日までに今年の真夏日は、松本市 55日間、長野市 48日間。松本市の猛暑日が 5日間、長野市は 4日間。松本市の熱帯夜は ありませんでしたが、長野市で 2日間観測されています。

 観測史上最高を示す極値は更新していませんが、松本市 今夏の最高気温は、5日の35・9度。長野市は同じ5日に 35・7度を記録しました。

 猛暑が長期間続き もうウンザリの状態です(笑)。その中で我が家のエアコン設定温度29度は、体に負担なく かつ電気代が節約可能なのでエアコン嫌いの方へもお勧めです。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメの ご存じ「かめクン」に関しては、29度でもエアコンの冷風が苦手です。

 別の部屋に飼育ケースを置いておく事も出来ますが、エアコンなしの部屋は入った瞬間、火事かっ!と思うくらいの暑さです(笑)。

 そこで足付きマットレスの下に飼育ケースを入れて、冷気が当たらない様にしました。日光浴のない日はトルーライトを使用しています。これで かめクン は絶好調です(笑)。

 ベランダの白梅や山紅葉の盆栽も、この猛暑に夏枯れする事なく これまた絶好調です。青々とした葉を元気よく繁らせています。

 花咲く春や紅葉の秋も素晴らしいですが、長期間続く青葉の季節こそ生命の息吹を感じさせます。特に山紅葉は、長く伸びた最先端の枝だけカットせず、風に たなびかせベランダの風速計の代わりにしています(笑)。


 そんな猛暑の中、お盆明けから早くも「冬仕度」(笑)を始めました。

 先日 自宅の乾燥洗濯機で、初めて毛布などの大物洗いに恐る恐る挑戦。これが予想以上の成功(笑)を修め今週は コタツ布団の洗濯まで敢行。猛暑の日差しのおかげもあり、たった1日でフワフワに仕上がりました。

 「山高ければ谷深し」との諺もあります。強烈な暑さは、冬の大物が あっという間に乾燥します。我が家では、猛暑の中 着々と真逆な冬仕度を進めているのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2010年8月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。