FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第697回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( △ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Major Lazer“Cold Water”
    ♪EB.の和音が美しいエレクトロ佳曲。


 6日に「リオデジャネイロ夏季オリンピック」が開会します。ブラジル連邦共和国では 初めての開催。そして 南アメリカ大陸でも 夏・冬通じて 初の五輪開催となります。最近の五輪で恒例となりつつある、開会式前での競技日程消化は既に始まっており、5日のサッカー男子・予選リーグ 日本VSナイジェリア戦は、残念ながら日本は惜敗しました。

 とにかくリオデジャネイロ夏季五輪での最大の懸念は治安です。このブログでは はっきりと言明しますが(笑)100年以上の五輪の歴史の中で、最も治安が悪い開催都市が リオデジャネイロです。五輪会場内で性犯罪があったとか、警察 と マフィアの銃撃戦を移動の選手が目撃したとか、刑事事件は 枚挙にいとまがありません。

 それに加えて開催国・ブラジルのルセフ大統領が、弾劾手続中の停職状態である事から開会式に出席できず、国家元首が開会宣言を行えない異常事態となっています。会場設備の遅れも直前まで続いており、選手村に入村した日本選手団が、床が泥だらけなのに気付き、雑巾がけから始めたとか(笑)村内にまで窃盗事件が頻発しているとか、信じられない話が伝えられています。

 競技日程の消化にも懸念がある中で、NHKのオリンピック放送中継予定を見ていると、総合テレビ・ラジオ第1放送を中心に、Eテレ・FM放送でも中継を行う弾力的な編成を組んでいます。4年後の東京夏季五輪を控えて相当選手強化は進んでおり、ゴールドラッシュと言われた 2004年 アテネ夏季五輪の再来なるか 期待が高まっています。

 開会前から かつてないほど治安の不安が広がっている今回の夏季五輪ですが、2年前のFIFAワールドカップ・ブラジル本大会は、決勝戦・閉会式まで無事やり遂げています。そして日本では、7月31日に次期夏季五輪開催都市である東京都知事選が投開票され、午後 8時ジャスト 小池百合子 候補に 0秒当確。初の女性都知事が誕生しました。

 22日に予定されている閉会式で、小池 新都知事が 次期開催都市の代表として、1920年に制定された五輪旗をしっかり受け取るまで、きちんと競技日程が成功裏に終われるのか? ミュンヘン夏季五輪の時の様な重大事件から、頻発する窃盗の類いまで、大会運営への心配が募る中、リオデジャネイロ夏季五輪での日本選手の活躍に期待しています。


(追記) 開会式は、6日 午前8時(日本時間)から始まりました。NHKの開会式生中継は、7時30分にEテレで始まり 8時40分から総合テレビ。ラジオは FM放送でスタートし 9時から第1放送へリレーされました。これは開会式と全く同じ日時に、広島の平和祈念式典が行われたからです。安倍 首相は、リオの五輪開会式ではなく、広島平和祈念式典に参列しています。

 リオデジャネイロとの時差は、最大の 12時間あります。現地では メイン スタジアム近くでの大会反対デモに、開始 2時間前を期して 警察部隊が強硬策で催涙ガスを使用。大会反対の勢力は 雲散霧消してしまいました。見切り発車の様な治安保持の中で 開会式は 挙行されています。ですが その開会式は、最近の夏季五輪にあった冗長な演出を取り去った印象を受けました。

 広島原爆の投下時間には、日章旗をモチーフとした衣装を身に付けたパフォーマーによる、日系移民をテーマとしたアトラクションもありました。また 9時55分の日本選手団入場の際には、スタジアムから大きな歓声が起こり、1世紀以上続く移民の歴史の裏付けもあって、他の参加国にはない友好国・日本の姿を、全世界の視聴者に印象付けました。

 ただ五輪憲章に基づく式次になると、IOC会長の挨拶の中に、創設したオリンピック名誉賞の授賞式を挿入したのには違和感を感じました。開会式でなく閉会式のほうが、演出として適切だと思います。さらに 11時27分のテメル 大統領代行による開会宣言は、案の定(笑)早く済ませちゃえ的な雰囲気だったのが少し興ざめでした。

 しかし、式典の音楽効果はなかなか洗練されていて、サンバを効果的に使っていく中で、ブラジル国旗掲揚でのパウリーニョ・ダ・ヴィオラ さんによるボサノバチックな国歌斉唱は素晴らしく、リオのスラム街・ファベーラ出身の少年少女40名達による五輪讃歌合唱による五輪旗掲揚は 大変美しかったです。開会式の音楽に、しばしば豊かな和声を感じました。

 そして注目の聖火台は、まるで信州善光寺の大香炉の様な(笑)実にコンパクトな設計で、11時49分に聖火が点火されました。現地時間では、北京・ロンドン夏季五輪同様また深夜になっています。聖火台の設計を忘れた(笑)2020年 東京夏季五輪メインスタジアムのヒントになる様な、シンプルかつ斬新な聖火台でした。

 NHKテレビの開会式実況は、阿部渉 アナ と 森花子 アナが担当。妙な陽気さ と テンションの高さは、いかがなものかと思いましたが、選手団入場の際には、過去の獲得メダル数や、きちんと 1ヵ国ずつ国情を丁寧に紹介して好感が持てました。猛暑となった日本列島のちょうど反対側で、リオデジャネイロ夏季五輪 開会式は 無事終了しています。

第698回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽
    ♪日本のひととき 水引篇のCMで流れる美しい佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌


 リオデジャネイロ夏季オリンピックは前半戦が終了し、日本選手は既に 金メダル 7個を獲得。2004年 アテネ夏季五輪以来となるゴールドラッシュの様相を呈しています。このブログでも何度か紹介している五輪メダル獲得数での「国別 世界ランキング」。金メダル数が最優先で評価される このランキングで、大会第7日を終えた 12日現在、日本は 3位まで上昇しています。

 【リオデジャネイロ夏季五輪優勝記録:競泳男子400メートル個人メドレー・萩野公介 選手「金メダル」 柔道男子73キロ級・大野将平 選手「金メダル」体操男子団体総合・日本チーム「金メダル」体操男子個人総合・内村航平 選手「金メダル」 柔道女子70キロ級・田知本遥 選手「金メダル」 柔道男子90キロ級・ベイカー茉秋 選手「金メダル」競泳女子200メートル平泳ぎ・金藤理絵 選手「金メダル」 】

 大会2日目のウエイトリフティング女子48キロ級・銅メダルの三宅宏実 選手は、コーチが1968年 メキシコ夏季五輪銅メダリストである、陸上自衛隊・元1等陸佐の実父・三宅義行 氏です。試技で失敗しても落ち着きはらって、三宅宏実 選手を励ますコーチの姿には 親娘の愛情に満ちた、どんな競技の師弟関係よりも深いものを感じました。

 そして銅メダルが確実になる最後の試技が見事成功した後、三宅宏実 選手は、そのバーベルに また駆け寄り、ありがとう と撫でていました。試技が成功しても 失敗しても、降ろしたバーベルには 見向きもしない選手が殆どの中、三宅宏実 選手の姿には、根底からウエイトリフティングという競技を愛しているんだなと、誰もが理解できました。

 またカヌースラローム 男子カナディアンシングル・銅メダルの 羽根田卓也 選手の姿にも、他競技にはない純粋な感動がありました。正直言って私は、カヌースラローム競技に関して全くの門外漢で、数多くのゲートに触れるだけで 2秒減点、不通過ならば 50秒という最下位確実なほど致命的な減点をされてしまう、厳しいタイムトライアルレースだと、今回初めて知りました。

 カヌースラローム競技は、ゴールしてからもレースが終わるまで、選手がゴール地点でカヌーに乗ったまま待機しており、銅メダルが確定した瞬間に泣き出してしまった羽根田 選手に、スペイン と チェコの選手がカヌーで近づき祝福するシーンは、単身カヌーの本場・スロバキアで武者修行をしてきた羽根田 選手の気持ちを知るに至り、金メダル以上の感動を覚えました。

 人気競技の競泳などは、レース後のインタビューで、結果に拘わらず隙のないコメントをスラスラ滑舌良く話す姿に、タレント気取りまでとは言いませんが(笑)個人的には ちょっと閉口していました。ウエイトリフティングの三宅宏実 選手と、カヌースラロームの羽根田卓也 選手。ふたつの秀逸な銅メダルに、心からの賛辞を贈りたい気持ちです。

 日本は、銅メダルが現在 13個と際立っており、2020年 東京夏季五輪へ順調に選手強化が進んできている事を示しています。最大時差 12時間の夏季五輪テレビ観戦は、完全に昼夜逆転となり、日程が進む毎にライブ視聴がどんどん厳しくなっています。連日深夜から午前にかけてのオリンピック放送視聴 お疲れ様です。

第699回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( △ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル「花束を君に」
    NHK総合・連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌
    ♪1位 5週、登場15週。


 『第31回 オリンピアード競技大会』が 22日閉幕しました。終盤に入って目を見張る様なゴールド ラッシュがあり、大会 13日目では、女子レスリングで競技の 3階級総て金メダルとなり、会場のカリオカアリーナで 3回連続 国歌・君が代が流れました。同一五輪会場での表彰式で 1日に 3回国歌・君が代が流れたのは、五輪史上初の快挙です。

 17日から 18日の3階級制覇した女子レスリングは、午前 2時前(日本時間)に全員決勝進出が決まった段階で、これはライブで視るしかないと、午前 3時55分からの決勝戦中継を視聴しました。まず敗者復活戦をおこない、午前 5時台へ入ってから 1階級毎に、3位決定戦 2試合 と 決勝 1試合 そして表彰式まで済ませるので、合計 3時間ほどかかります。

 午前 4時台の敗者復活戦は、相当眠かったのですが(笑)午前 5時27分に登坂絵莉 選手が、最初の金メダルを獲得した時は、一気に目が覚めました。そして午前 6時34分の伊調馨 選手 4連覇金メダル、午前 7時40分の土性沙羅 選手による 3つ目の金メダル獲得。しかも決勝が、いずれも大逆転という素晴らしい試合を、総てライブで視聴出来て 本当に良かったです。

 【リオデジャネイロ夏季五輪優勝記録:レスリング女子48キロ級・登坂絵莉 選手「金メダル」 レスリング女子58キロ級・伊調馨 選手「金メダル」 レスリング女子69キロ級・土性沙羅 選手「金メダル」 バドミントン女子ダブルス・高橋礼華 選手 松友美佐紀 選手ペア「金メダル」 レスリング女子63キロ級・川井梨紗子 選手「金メダル」 】

 ただ最初の予備戦から視ていくと、これほど最大時差12時間がキツく感じるテレビ観戦はありませんでした。そんな中で私は、同時に行われた 3位決定戦で、銅メダルを獲得したチュニジアの選手が、自国の国旗を振りかざして涙を流し喜んでいた姿にも、胸を打つものがありました。チュニジアは、今回の五輪で 金・銀メダルは無く、これがふたつめの 銅メダルでした。

 【獲得総メダル数:金 12 銀 8 銅 21】

 金メダルの数を最優先で得点化していく五輪メダル獲得数での「国別 世界ランキング」では、日本は第6位と、2004年 アテネ夏季五輪の5位、1964年 東京夏季五輪の3位に肉薄する結果をマークしました。夏季五輪競技に関して、選手強化が実ってきています。大変治安に懸念のあったリオデジャネイロ夏季五輪は、大過なく成功裏に終了しました。

 さて初の最大時差 12時間の夏季五輪の次は、時差ゼロの夏季五輪です(笑)。2020年の夏季五輪は、54年ぶりの首都・東京での開催になります。閉会式では、小池百合子 東京都知事へ、10時50分にオリンピック旗が引き継がれました。アトラクションでは、安倍 首相がマリオになって登場し(笑)このパフォーマンスに世界が驚いています。

 私が気になるのは、小池 都知事の任期満了日です。東京夏季五輪開催期間中に到来します(笑)。任期満了から 30日以内に投開票日を設定しなければならず、五輪開催直前から開催期間中に、都知事選がやってきてしまいます。特例法により変更する事は可能ですが、五輪開催期間中に開催都市の首長選挙が重なり合うのは、オリンピックの歴史でも初になると思われます。

 私は長野市に住んでいた 1998年に、市民として長野冬季五輪を経験し佳き想い出が残っています。4年後の東京夏季五輪が、開催都市の住民にも、佳き想い出が残る開催となります様に祈っています。この週間放送視聴日記は、19日 19時52分に公開。閉会式翌日の 23日 14時02分に加筆修正しました。連日のオリンピック放送視聴お疲れ様でした。

第700回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS カンテレ・ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [菅野祐悟]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    George Winston“Longing/Love”
    JT テレビCM音楽

  3. 第 3 位 ( △ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [服部隆之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Echosmith“Cool Kids”
    ♪カントリーの和声をメインにしたガールズロックの佳曲。リリースから2年経った今でも、米国VOA放送で全世界に向けローテーション入りしている。


 このブログで毎週発表している『週間選曲リスト』が、700回目を迎えました。ブログ開始から 700回 の間に、約 14年の歳月が経過し、カウンターのページビューも 34万 を超えました。本当に ありがとう ございます。

 リオデジャネイロ夏季五輪の閉会週と、700回記念週が重なってしまいました(笑)。通常オリンピック放送の週間放送視聴日記は、4週ほど費やすのですが、今回のリオデジャネイロ夏季五輪は、閉会週の週間放送視聴日記を前倒しして閉会 3日前に公開。残りの競技期間で加筆修正をし 、閉会式翌日の 23日に完成させました。

 週間放送視聴日記は、お読み頂くと解りますが、ウィークリーのコラムの様な形態をとっています。700回を迎えた週間選曲リストの価値は、音楽の知識やセンスだけでなく、音楽以外の あらゆる事象に関して、選曲者の思考過程を公開した日記によって裏付けされると思うからです。この変わらぬポリシーで、足かけ 14年間ブログを続けています。

 6月から始めたブログの完全SSL化は、順調に浸透しており、現在 81%に当たる 717ページが、Google さんにインデックスされました。そこで 700回を期して新たなシステムを始めました。アクセス制限です(笑)。このブログのご愛読者は、日本語のプラウザを使っている方に 100%限定されているので、海外からのアクセスを 大幅に制限しました。

 スパムは、殆どが日本語の読めない海外からのアクセスに集中しています。そこで、このブログにアクセスできる方を、日本国内からのアクセス、そして日本語のプラウザを使っている海外からのアクセスに限定しました。時折 このブログを管理しているWORDPRESSにログインを試みる輩が現れますが、その輩は 日本語に無知な海外からのアクセスで やってきます。

 但し、Googleのロボットさんなど主要検索エンジンからのアクセスは、無条件で受け入れるように設定しています。Google さんは、いかなるページでも出入り自由です(笑)。また海外の公共・非営利団体や 政府機関からのアクセスも受け入れます。そのため このブログの英文説明書とも言える humans.txt は、常備を継続しています。

 このブログでは、あらゆる放送音楽を対象にした「週間選曲リスト」と、あらゆる社会事象を対象にした「週間放送視聴日記」を一体化し毎週 公開しており、14年間 700週分のコンテンツを安定して保存するため、出来得る限りのセキュリティーを維持して運用しています。これからも「チャート★ドランカー BLOG」を、引き続き ご愛読頂ければ幸いです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2016年8月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。