FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第159回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( △ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    柴咲コウ「影」
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]
    ♪海外ドラマ史上五指に入るテーマ音楽。


 トリノ冬季オリンピックの開催が迫ってきました。冬季五輪が少し身近に感じられるのは、やはり開催都市の住民だったからでしょうか? あれから もう8年経ちます。

 1998年 2月 7日。いつもなら聞こえる車の通行音も ほとんどなく、長野市内は静まりかえっていました。五輪開会式当日の開催都市というのは、案外こんな感じなのかも知れません。

 欧米テレビ中継権との関係で「長野冬季オリンピック・開会式」は、午前11時01分(テレビ中継は11時00分)から善光寺の鐘を合図に始まりました。

 式典の総合演出が 劇団四季主宰の浅利慶太だったためか、冒頭に極寒の中の大相撲力士・土俵入り。日本選手団の入場の際に 行進曲は長野県県歌「信濃の国」へ旋律が大転換。従来の開会式にない明らかな際立ちがありました。

 プッチーニの歌曲「蝶々夫人 ~ ある晴れた日に」が流れる中、まるで日本書記の神功皇后を想起させる、最終点火者 伊藤みどりのコスチュームと聖火点火の演出は、世界各国の生中継で「エレガント」と称されたほどです。

 さらにベートーヴェンの交響曲第9番 第4楽章を、小沢征爾の指揮により長野県民文化会館から生演奏し、予め電波伝播速度を時差修正した衛星中継で、5大陸(北京・ベルリン・ケープタウン・ニューヨーク・シドニー)プラス 長野オリンピックスタジアムで同時に大合唱を行いました。

 そして終奏と同時に航空自衛隊のブルーインパルスが、大空へ五色の虹を描き開会式が終了。我が家の頭上を通過したブルーインパルスの轟音が、今でも耳に残っています。長野冬季五輪の開会式は、ほとんど音楽祭・芸術プログラムを視ている様な感じを受けました。

 この開会式生中継の視聴率は、関東地区 35・8%、関西地区 34・3%、札幌地区 32・6%、そして長野地区は 60・6%を記録。無事終了した1時間後あたりから市内に車の音は戻り、学校が休みとなった子供たちの笑い声も街角で聞こえていました。

 長野 → ソルトレーク → トリノ。あっと言う間に月日は過ぎ、冬季五輪の季節が また巡ってきます。


(追記) この長野冬季五輪開会式の録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。 週間放送視聴日記(2008年 2月 1日)では、長野冬季オリンピックの佳き思い出を紹介しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2006年02月03日 の週間選曲リストと『 長野冬季オリンピック 開会式の思い出 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。