FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第159回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( △ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    柴咲コウ「影」
    SBC TBS・ドラマ「白夜行」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]
    ♪海外ドラマ史上五指に入るテーマ音楽。


 トリノ冬季オリンピックの開催が迫ってきました。冬季五輪が少し身近に感じられるのは、やはり開催都市の住民だったからでしょうか? あれから もう8年経ちます。1998年 2月 7日。いつもなら聞こえる車の通行音も ほとんどなく、長野市内は 静まりかえっていました。五輪開会式当日の開催都市というのは、案外こんな感じなのかも知れません。

 欧米テレビ中継権との関係で「長野冬季オリンピック・開会式」は、午前 11時01分(テレビ中継は 11時00分)から善光寺の鐘を合図に始まりました。式典の総合演出が 劇団四季主宰の浅利慶太だったためか、冒頭に極寒の中の大相撲力士・土俵入り。日本選手団の入場の際に 行進曲は長野県県歌「信濃の国」へ旋律が大転換。従来の開会式にない際立ちがありました。

 プッチーニの歌曲「蝶々夫人 ~ ある晴れた日に」が流れる中、まるで日本書記の神功皇后を想起させる、最終点火者 伊藤みどり と 聖火点火の演出は、世界各国の生中継で「エレガント」と称されたほどです。あの日章旗を模した扇型のブラインド と 最終点火者のコスチュームには、開催国のトラディショナルな精神が凝縮されている思いがしました。

 さらにベートーヴェンの交響曲第9番 第4楽章を、小沢征爾の指揮により長野県民文化会館から生演奏し、予め電波伝播速度を時差修正した衛星中継で、5大陸(北京・ベルリン・ケープタウン・ニューヨーク・シドニー)プラス 長野オリンピックスタジアムで同時に大合唱を行いました。これだけ知的水準の高い五輪開会式アトラクションは 類例がありません。

 そして終奏と同時に航空自衛隊のブルーインパルスが、大空へ五色の虹を描き開会式が終了。我が家の頭上を通過したブルーインパルスの轟音が、今でも耳に残っています。厳冬野外での横綱土俵入り、諄さがないシンプルな聖火点火、そして第9の生演奏と長野冬季五輪の開会式は、ほとんど音楽祭・芸術プログラムを視ている様な感じを受けました。

 この開会式生中継の視聴率は、関東地区 35・8%、関西地区 34・3%、札幌地区 32・6%、そして長野地区は 60・6%を記録。無事終了した 1時間後あたりから市内に車の音は戻り、学校が休みとなった子供たちの笑い声も街角で聞こえていました。長野 → ソルトレーク → トリノ。あっと言う間に月日は過ぎ、冬季五輪の季節が また巡ってきます。


(追記) この長野冬季五輪開会式の録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存を続けています。 週間放送視聴日記(2008年 2月 1日)では、長野冬季オリンピックの佳き思い出を紹介しました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。