FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第160回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「功名が辻」テーマ音楽 [小六禮次郎]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    石川一宏“Save Our Souls”
    ABN テレ朝・情報バラエティ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」テーマ音楽

  3. 第 3 位 ( △ )
    大黒魔季「胡蝶の夢」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「新・風のロンド」主題歌

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ER ~ 緊急救命室」テーマ音楽 [Martin Davich]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・金曜時代劇「出雲の阿国」テーマ音楽 [牟岐礼]
    ♪NHK土曜ドラマ「憲法はまだか」の劇伴音楽を彷彿とさせる美しくシンプルな旋律。


 7日に 宮内庁は、秋篠宮妃紀子さまが、第3子をご懐妊されたと発表しました。

 NHKは、宮内庁発表 約30分前の午後2時7分「秋篠宮妃の紀子さまご懐妊 宮内庁発表へ」と、極めて迅速に「NHKニュース速報」を打ちました。

 この速報は、NHKの神業的な大スクープです。このNHKニュース速報の後、驚いた各マスメディアが確認へと走り、午後2時16分に フジテレビが続いて速報。その後 各マスメディアが一斉に報道しています。

 「女系天皇」の是非が問われている皇室典範の改正問題が、静かなうねりとなって議論されている昨今、第3子ご誕生によって、その議論を転換させる可能性があります。

 今回の皇室典範の改正問題の議論は、あくまでも久しく男子皇族のご誕生がないからこそ起きるものだからです。

 昨年 SBC信越放送(TBS系)のドラマとして、山崎豊子原作の「女系家族」が放送され、その劇伴音楽は 週間選曲リストで2005年の年間5位を記録しました。

 もちろん一般の家柄と皇室の差異は当然ですが、一概に無関連とは言い切れない側面もあります。日本の皇室において「婿養子」は禁制です。

 なのに女性皇族へ婿養子を事実上容認しなければならない、この「女系」に対する内面から込み上げてくる様な漠然とした不安は何でしょうか? 現行の「永世皇族制」を廃止してしまうと将来どうなってしまうのでしょうか?

 さらに諸外国の王室と皇室は、どう違うのでしょうか? この議論には、生まれ育った日本という国の伝統を思う気持ちの軽重が、一人一人 判ってしまう鋭さも潜在しています。

 神代記まで遡らなくても検証可能な史実から、男系皇統で培われてきた天皇の継承順位は、一(いち)法律の改正問題で簡単に解決出来ないほどの深遠さを感じます。また皇室典範は、頻繁な改正が馴染まない法律だとも考えます。「女系天皇」には やはり懸念が残るのです。

 ご懐妊に関するNHKニュース速報が流れたのは、国会中継の最中でした。衆議院予算委員会の閣僚席へ ご懐妊のニュースのメモが伝えられた時、小泉 首相は メモを指差し本当に驚いていました。明らかに小泉 首相は踏み込み過ぎています。

 まずは紀子さまの すこやかな ご出産のためにも、皇室典範改正の議論は、紀子さま第3子ご誕生まで待つべきだと思います。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2006年02月10日 の週間選曲リスト と『 秋篠宮妃紀子さま ご懐妊 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。