FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第398回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    北島三郎「浪人独り旅」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「素浪人月影兵庫」主題歌
    ♪作詞は 結束信二。

  2. 第 2 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“Last Links”
    SBC TBS・ニュース番組「報道特集」エンディング テーマ
    ♪編曲は CMJK 北川潤・Harvey Brough。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]
    ♪1位 6週、登場12週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]


 徳川時代に江戸の町奉行所は「北町」「南町」ふたつありました。時代劇ファンなら基礎中の基礎知識です(笑)。司法に関して検察から裁判まで、総てを掌握していた北町奉行所と南町奉行所。別に江戸の町を南北に分けて管轄した訳ではありません。

 1ヵ月おきに「月番」として担当が交代します。もちろん刑事事件は、月番以外でも追捕した奉行所が担当します。すなわち町奉行所を北町・南町ふたつに分けて、相互に監察し合う関係だったのです。

 現代では最高裁判所の裁判官は 内閣が任命し、裁判官の不祥事は 国会議員から選ばれた裁判員で構成される弾劾裁判所が裁きます。裁判所と裁判官は、立法権と行政権が それぞれ監察します。

 ところが「検察庁」は、別に北町・南町と分かれていません(笑)。法務大臣の指揮権は有りますが外部から監察されません。故に逮捕・拘留を含めた その権力は 計り知れないものがあります。

 私が持っている行政書士の資格は、平成2年度の試験に約 1年の独学で合格したものです。合格率が 1割以下という国家試験ですから、通常の独学では合格しません。

 どういった勉強をしたか? 今回初めてブログで公開しますが、憲法・民法などの法令問題は、行政書士試験の過去問だけではなく、日本最難関の国家試験とされる司法試験の択一問題集を勉強しました。ここまでレベルを上げないと、独学での合格は難しいものがあります。

 その経験から言えますが、弁護士・裁判官そして検事を目指す司法試験の択一問題は、その難度たるや大変なものでした。その最難関試験をパスして検事に任官し、さらに抜擢され地検特捜部へ配属されたのですから、特捜検事は エリート中のエリートです。

 しかし、今回の証拠改ざん事件は お粗末としか言いようがありません。信じられない様な不祥事です。また同じくらい お粗末だったのは、尖閣諸島付近で海上保安庁巡視船に衝突事件を起こした中国人船長を「日中関係を考慮して」処分保留のまま釈放してしまった点です。

 1977年に起きたダッカ日航機ハイジャック事件の際「超法規的措置」として連合赤軍関係の服役・未決囚6人を釈放した事がありました。

 この時は 人質の生命の問題があり、当時の福田赳夫 内閣総理大臣の決断により、やむなく釈放したものです。しかし、今回は那覇地検が福岡高検と相談しただけで、日中関係を考慮した「政治的判断」で釈放してしまいました。

 検察は法と証拠でのみ、その強大な権力を行使しなければなりません。検事は 政治的判断をしてはならないのです。あれだけ国内政治家の圧力を廃除してきた検察が、外国の圧力には簡単に屈したとなれば国家機関として問題外です。

 今回 証拠改ざん事件に関しては、監察の役割を果たすため 最高検察庁自ら捜査にあたっています。でも尖閣の問題は どうするのでしょうか? 最難関の司法試験を合格した検事さんなら、あの「日中関係を考慮した」という一文の恐ろしい意味は、事前に理解出来たと思うのですが。

第399回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“Last Links”
    SBC TBS・ニュース番組「報道特集」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    北島三郎「浪人独り旅」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「素浪人月影兵庫」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲
    ♪朝ドラ5作ぶりのインストゥルメンタル テーマ曲は、穏やかながらも整った和声感。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]
    ♪1位 4週、登場21週。


 6日に スウェーデン王立科学アカデミーは、今年のノーベル化学賞を、鈴木章 北海道大名誉教授、根岸英一 米 パデュー大特別教授に授与すると発表しました。

 ノーベル化学賞の発表は、全世界にネット中継されますが、まずスウェーデン語でアナウンスされます。そのためか午後6時49分にローカル枠放送中の総合テレビでは「ノーベル化学賞に 鈴木章さんら日本人2人」と、まずNHKニュース速報。3分後に改めて受賞者の氏名を速報しました。

 そして午後7時ジャスト。NHKニュース7のキャスター 武田真一 アナが、手書きのフリップを持ち限界とも言える(笑)ハイテンションで受賞のヘッドラインをシャウト(笑)。最近のNHKニュース7のオープニングは、なぜか痛々しいほどのハイテンションです(笑)。

 そこから さらに面白い光景が展開します。受賞者の2教授の業績を武田 アナが紹介すると、電話でコメントを求められた柴崎正勝 東大・北大名誉教授が、その紹介内容は違うと やんわりダメ出し(笑)。化学分子の結合理論の解説を始めましたが極めて難解です。

 武田 アナは 巧くかわしていましたが(笑)なぜノーベル化学賞を受賞できたのか、なかなか視聴者にもキャスターにも理解されません。そして時間を追うごとに、この傾向は さらに深まります(笑)。

 8時からのBSフジLIVE PRIME NEWSは、反町理・八木亜紀子 両キャスターが、コメンテーターの解説を殆ど理解出来ず、しまいに頭を抱える始末でした(笑)。

 9時からのNHKニュースウォッチ 9では、受賞者の鈴木 名誉教授の生インタビューの際、大越健介・青山祐子 両キャスターに対し、前述の柴崎 名誉教授が急遽出演して「通訳」を開始(笑)。柴崎 名誉教授は 素晴らしい教え上手の先生で、どうにか誤り無しの解説の域まで辿り着きます。

 ところが 9時54分からのテレ朝「報道ステーション」では「通訳」なしの古舘伊知郎 キャスターが示した構造モデルの図解は誤りだと、鈴木 名誉教授が受賞者自ら立腹気味にダメ出し(笑)。とうとう書き直させていました。

 医薬品やIT機器の液晶に幅広く応用されている「鈴木クロスカップリング」理論が どうしても理解されず、受賞発表直後のニュース番組は、有機合成化学や触媒化学の講義になってしまう不思議な展開でした(笑)。

 また過去の受賞者として、2002年に化学賞を受賞した あの田中耕一 氏が久々に登場。何年か前に画面で視た時、髪が真っ白になっていてビックリしたのですが、現在は メッシュと(笑)お元気な姿に接しました。

 受賞理由は 難解でしたが多くの視聴者には、鈴木章 名誉教授が大変苦学をした点。そして研究成果は、特許を取らず恩恵が世界中に もたらされた点。この2点は充分理解出来ました。まさに その人格もノーベル化学賞に値すると思います。

 8日には ノルウェー・ノーベル賞委員会が、今年のノーベル平和賞を、服役中の中国人 人権活動家へ圧力に屈せず授与しました。化学賞受賞のニュースは、尖閣問題で翳りを消せなかった日本へ、一気に明るい光が差してきた感じさえします。

 ノーベル化学賞、本当に おめでとう ございます。

第400回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“Last Links”
    SBC TBS・ニュース番組「報道特集」エンディング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    北島三郎「浪人独り旅」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「素浪人月影兵庫」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌
    ♪少し類似旋律を追う様な感じはするがバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪1位11週、登場40週。


 このブログで毎週発表している『週間選曲リスト』が、400回目を迎えました。

 ブログ開始から 400回 の間に、約 8年 の歳月が経過し、カウンターのページビューも 13万 を超えました。本当に ありがとう ございます。

 音楽ブロガーとして とんでもない告白をしますが、個人的に あまり音楽は好きではないのかと思う時さえあります(笑)。

 小学生の頃から選挙の開票速報番組が好きで「毎週出来る開票速報」(笑)として、音楽チャートへ興味を持ち、約30年間に渡り洋楽・邦楽 問わずラジオ音楽チャートを記録・収集。放送媒体から延べ 10万曲以上、洋邦問わず流行音楽を半ば強制的(笑)に聴いてきました。

 ブロガー プロフィールにも書いてありますが、この強制的(笑)な反復聴取の果てに、和音構成や旋律の流れから、アレンジで使用した楽器のモード(旋法)や音律に鋭敏な、楽器の音を細かく聴き分けられる、私の音楽和声感と音楽調性感が養成されてしまったのです。

 その和声感のため、楽器の音を細かく聴き分けられますが、異常な転調には不協和音以上の拒絶反応を起こし気分が悪くなる事もある、やっかいな調性感も身に付きました(笑)。しかし、この「週間選曲リスト」を 400週間休まず続けられたのは、計らずも養ってしまった和声感と調性感あればこそだと思っています。

 この400週の間に「週間選曲リスト」では、純クラシック も純演歌も 1位と選曲した事があります。

 これからも自分の音楽和声感・音楽調性感を信じて、現在オンエアーされている あらゆるラジオ・テレビ放送から美しいと感じた楽曲 5曲を、新旧問わずインストの劇伴音楽に至るまで差別なく選曲し続けていきたいと考えています。

 「週間選曲リスト」は、ドラマの劇伴音楽など放送音楽を対象とした、このブログのメインコンテンツです。音楽の知識やセンスだけでなく、音楽以外の あらゆる事象に関する選曲者の思考過程を公開する「週間放送視聴日記」を一体化し、このブログで発表していきます。

 これからも「チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG」を、引き続き ご愛読頂ければ幸いです。

第401回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    浜崎あゆみ“Last Links”
    SBC TBS・ニュース番組「報道特集」エンディング テーマ
    ♪アルバム“Rock’n’Roll Circus”6曲目に収録。

  2. 第 2 位 ( △ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]
    ♪実に美しいアレンジが堪能できる主旋律のリフレイン。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    北島三郎「浪人独り旅」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「素浪人月影兵庫」主題歌
    ♪1位 1週、登場 6週。


 たまにはプロ野球のお話でも(笑)。セリーグでは 中日ドラゴンズが、4年ぶり8回目の優勝を果たしました。

 ドラゴンズ優勝おめでとう ございます。但し日本シリーズ出場には、クライマックスシリーズ(CS)でも優勝が必要です。

 パリーグでは 全日程3位のロッテが、クライマックスシリーズで勝ち抜いてしまい(笑)3位のチームが日本シリーズへ出場してきます。今のところドラゴンズは、クライマックスシリーズも順調ですが 果たして どうなるでしょうか?

 茨城に住んでいた頃、我が家では「東京新聞」を長年購読していました。茨城県では 全国三大紙の普及率が高く、それを地元発行の茨城新聞が追う感じです。東京新聞の専売所は 小さかったのですが、この専売所の所長さんと私の父親は懇意にしており、同じく専売していた森永牛乳も取っていました。

 とにかく購読料の集金が 3ヵ月まとめて一度。これこそ懇意の成せる技です(笑)。ただ懇意が過ぎて、元旦の配達は大変だろうと元旦特別号の増紙分を年末の内に受け取っていました(笑)。元旦の新聞を年末の内に読んでしまうとは 実に変な感じでしたが、今では懐かしい思い出です。

 東京新聞は独特なスタンスがあり、見開きに「こちら特報部」というニュース追跡記事を連日掲載。国政選挙の際は 評論家や各界著名人による議席大予想を発表したり、エイプリルフールには壮大なる嘘記事(笑)を堂々と載せるなど、他とは違った柔らかく解りやすい紙面でした。

 また文化欄には「大波小波」というコラムがあります。この「大波小波」は、長く続いている非常に珍しい匿名による文芸批評欄です。

 どうも有名な文芸評論家や作家が 交代で担当しているとの事ですが、匿名故に批評が辛辣。それでいて誉める時は絶賛します(笑)。文末に記してあるペンネームは、匿名性を高めるために毎回違っていて、思わず笑ってしまう事も しばしばです。

 さらに松雲庵主という先生が担当する「運勢」欄も味があります。十二支による占いですが、その文章は占術を超越して大変レベルの高い人生訓話に達しています。

 自分の干支だけではなく、十二支全部読んでしまうファンも多いとの話です。この松雲庵主という先生も謎の人物で、一説では占い師の方ではなく 愛知県の有名なお坊様との噂もあるほどです。

 我が家で購読していた頃は、連載漫画が佃公彦の「ほのぼの君」。東京新聞の紙面を象徴するかの様な穏やかな作風でした。信州に移って20年になりますが、この間に「ほのぼの君」は終了し、作者の佃先生は 今春お亡くなりになったそうです。

 この話を聞いた時、残念な気持ちになりましたが、この「ほのぼの君」の後継漫画が、さくらももこ「ちびまる子ちゃん」。あの ちびまる子ちゃん が 毎朝カラーで4コマしています(笑)。

 「東京新聞」は、優勝したドラゴンズの親会社である中日新聞 東京本社が発行しています。


(追記) 23日に セリーグのクライマックスシリーズ(CS)で、リーグ優勝の 中日ドラゴンズが、3年ぶり9度目の日本シリーズ進出を決めました。

第402回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌
    ♪第3話では 主題歌が流れるタイトルバックを初放送。

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    浜崎あゆみ“Last Links”
    SBC TBS・ニュース番組「報道特集」エンディング テーマ
    ♪1位 3週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ★ )
    alan「悲しみは雪に眠る」
    ♪通算300曲目のリストイン。映画「桜田門外ノ変」の主題歌は、不思議な抑揚だが和声が整った佳曲。


 チリのコピアポ鉱山落盤事故では、69日ぶりに閉じ込められた作業員33人全員が救出され、世界的な大ニュースとなりました。

 CNNでは、33人の救出とレスキュー隊員6人の生還を、チリ国営放送を通じて完全生中継しています。しかし、それにも勝る したかな放送局があったのです。それは 日本のNHKでした。

 なんとNHKは、閉じ込められた作業員の1人とコンタクトをとり、ムービーデジカメ1台を密かに坑内へ差し入れていました。

 その作業員が約10時間に渡り撮影し、そのムービーデジカメを救出時に持たせ回収。24日のNHKスペシャル「奇跡の救出 ~ スクープ チリ鉱山事故の真実」で、撮影された坑内の様子を全世界初の独占映像として詳細に放送しています。

 日本の放送局らしからぬ(笑)方法論で手に入れた、その世界的なスクープ映像は驚くべき内容でした。生命の危機が続いていた地下の坑内は、高いレベルのコミュニティを保っていたのです。それは長期間の拘禁状態による精神疾患を防ぐため、生活物質が ふんだんに届けられていたからです。

 暖かい食事は もちろん、衣服・医療品・組立ベッド・書籍。テレビ電話が敷設され地上の家族と話もでき、小型プロジェクターで地元サッカーチームの試合まで観戦していました。

 まだ救出不可能だった小型カプセルの段階で、よく あれだけの物質を届けられたものです。それ故に 69日間も、33人全員が頑張れたのだと思います。地上の光と救出を待つ家族以外は、総てが地下へ届いていたのです。


 我が家で飼っているミシシッピ アカミミガメのご存じ かめクン。またまた やらかしてくれました(笑)。2年半使っていた飼育ケースの底を、日光浴用の丘から飛び降りた勢いで、なんと割ってしまったのです(笑)。

 水漏れで飼育ケースは 修理不能。代替のケースもなく、急遽 衣装ケース(収納ケース)を、臨時のカメハウスに利用しました。

 さすがに初日はエライ事をやらかした反省と、突然の衣装ケースという環境の激変からか、神妙に おとなしくしていましたが(笑)2日目以降は、広くなった臨時のカメハウスが気に入ったのか大変ご機嫌です。

 もう晩秋なのに真夏並みで餌を食べ、遂には臨時のカメハウスの構造を分析し、フタの脆弱性を見抜いて いきなり脱走まで決行(笑)。ちゃっかり足付きマットレスの下で ひと休みしていました(笑)。

 アカミミガメの飼い主さんの中でも、飼育水槽の代わりに衣装ケースを使う方は多いのですが、なるほど水質や水温も安定していて、かめクン も すぐ気に入ってくれました。しかも持ち運びが軽く 大変いい感じです。

 現在 正式なカメハウスになるような、もっと良い衣装ケースはないか探しているところです。来春で満20年を迎える かめクン に、まだまだ冬眠の気配はありません(笑)。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2010年10月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。