FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第398回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    北島三郎「浪人独り旅」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「素浪人月影兵庫」主題歌
    ♪作詞は 結束信二。

  2. 第 2 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“Last Links”
    SBC TBS・ニュース番組「報道特集」エンディング テーマ
    ♪編曲は CMJK 北川潤・Harvey Brough。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]
    ♪1位 6週、登場12週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]


 徳川時代に江戸の町奉行所は「北町」「南町」ふたつありました。時代劇ファンなら基礎中の基礎知識です(笑)。司法に関して検察から裁判まで、総てを掌握していた北町奉行所と南町奉行所。別に江戸の町を南北に分けて管轄した訳ではありません。

 1ヵ月おきに「月番」として担当が交代します。もちろん刑事事件は、月番以外でも追捕した奉行所が担当します。すなわち町奉行所を北町・南町ふたつに分けて、相互に監察し合う関係だったのです。

 現代では最高裁判所の裁判官は 内閣が任命し、裁判官の不祥事は 国会議員から選ばれた裁判員で構成される弾劾裁判所が裁きます。裁判所と裁判官は、立法権と行政権が それぞれ監察します。

 ところが「検察庁」は、別に北町・南町と分かれていません(笑)。法務大臣の指揮権は有りますが外部から監察されません。故に逮捕・拘留を含めた その権力は 計り知れないものがあります。

 私が持っている行政書士の資格は、平成2年度の試験に約 1年の独学で合格したものです。合格率が 1割以下という国家試験ですから、通常の独学では合格しません。

 どういった勉強をしたか? 今回初めてブログで公開しますが、憲法・民法などの法令問題は、行政書士試験の過去問だけではなく、日本最難関の国家試験とされる司法試験の択一問題集を勉強しました。ここまでレベルを上げないと、独学での合格は難しいものがあります。

 その経験から言えますが、弁護士・裁判官そして検事を目指す司法試験の択一問題は、その難度たるや大変なものでした。その最難関試験をパスして検事に任官し、さらに抜擢され地検特捜部へ配属されたのですから、特捜検事は エリート中のエリートです。

 しかし、今回の証拠改ざん事件は お粗末としか言いようがありません。信じられない様な不祥事です。また同じくらい お粗末だったのは、尖閣諸島付近で海上保安庁巡視船に衝突事件を起こした中国人船長を「日中関係を考慮して」処分保留のまま釈放してしまった点です。

 1977年に起きたダッカ日航機ハイジャック事件の際「超法規的措置」として連合赤軍関係の服役・未決囚6人を釈放した事がありました。

 この時は 人質の生命の問題があり、当時の福田赳夫 内閣総理大臣の決断により、やむなく釈放したものです。しかし、今回は那覇地検が福岡高検と相談しただけで、日中関係を考慮した「政治的判断」で釈放してしまいました。

 検察は法と証拠でのみ、その強大な権力を行使しなければなりません。検事は 政治的判断をしてはならないのです。あれだけ国内政治家の圧力を廃除してきた検察が、外国の圧力には簡単に屈したとなれば国家機関として問題外です。

 今回 証拠改ざん事件に関しては、監察の役割を果たすため 最高検察庁自ら捜査にあたっています。でも尖閣の問題は どうするのでしょうか? 最難関の司法試験を合格した検事さんなら、あの「日中関係を考慮した」という一文の恐ろしい意味は、事前に理解出来たと思うのですが。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年10月01日 の週間選曲リストと『 検察 と 政治的判断 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。