FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第397回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  2. 第 2 位 ( △ )
    北島三郎「浪人独り旅」
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「素浪人月影兵庫」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    浜崎あゆみ“Last Links”
    SBC TBS・ニュース番組「報道特集」エンディング テーマ
    ♪楽器音が粒だつ様な卓越したアレンジ。オープニング仕様のストリングス インストも美しい。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    KT Tunstall“Fade Like Shadow”


 遂に主題歌を唄うサブちゃん こと 北島三郎 氏がリストインとなった(笑)「素浪人 月影兵庫」は、CS 時代劇専門チャンネルで放送が続いています。

 NET(現・テレビ朝日)で放送された「素浪人シリーズ」の第1作『素浪人月影兵庫』(1965年10月 ~ 1966年 4月 / 1967年 1月 ~ 1968年12月・本放送)そして、第2作『素浪人花山大吉』(1969年 1月 ~ 1970年12月・本放送)は、痛快娯楽時代劇の最高傑作です。

 主役を演じる近衛十四郎(松方弘樹の実父)は豪放で陽性。殺陣においては最高の技能を有する剣劇俳優。そして準主役の品川隆二は元々 東映の二枚目スター。天性の明るさに一途さがあり、月影旦那・花山旦那の相方としての間合いは天下一品です。

 まず「素浪人 月影兵庫」は最高視聴率35・8%までマークする空前の人気時代劇に成長します。

 しかし、あまりにコンビが練れてしまい、原作者からオリジナルとの遊離を指摘され、やむなく 1968年12月28日「素浪人月影兵庫」は終了。年明けの翌週 1969年 1月 4日に全く同じコンビで「素浪人花山大吉」がスタートします。

 「月影兵庫」最終回のラストシーンでは、突然 江戸から老中職含みという家督相続のお迎えが来た月影兵庫に、焼津の半次は別離を告げられます。半次は号泣し月影 旦那の足元にすがり、まさしく涙なみだのコンビ解消でした。

 ところが翌週の「花山大吉」第1回 冒頭にストーリーが連続します。失意の中、数日間 ひとりで旅をしていた焼津の半次の前に、突如 同じ近衛十四郎が演じる「花山大吉」が登場。大混乱状態となった(笑)焼津の半次ですが徐々に別人だと解り、また新コンビを結成し(笑)珍道中が再開となります。

 ひとりのレギュラー配役を そのままリレーさせ、主人公は同一俳優が別人を演じるという、我が国のドラマ史上でも稀有な設定となった「素浪人月影兵庫」最終回「素浪人花山大吉」第1回のジャンクションは、小学生の頃視ていて強烈な印象がありました。

 「素浪人花山大吉」では、相談屋という江戸時代におけるコンサルタント業(笑)を営みながら旅をするオカラ大好きで大酒飲みの花山 旦那と、引き続き一本気で 大嫌いな蜘蛛を見ると失神する(笑)半次 兄さんの絶妙なコンビネーションが展開します。

 原作のリミットも外れ(笑)台詞の応酬が 10分を超える長回しのシーンでも、ほとんど名人級の漫才師の様に こなしていきます(笑)。

 浪人「花山大吉」と、渡世人「焼津の半次」は、日本中を きままな旅をしながら、笑い泣き そして悪を退治する。文句のつけ様がありません。視終わった後、心の底から「面白かったなぁ」と思える作品です。

 本放送の頃、亡き父はあまり民放テレビを視せてくれませんでしたが、土曜夜の「月影兵庫」「花山大吉」だけは特別でした。厳格だった父が「素浪人花山大吉」第53話「ドカンと一発春がきた」の大砲暴発シーンに、高い声で大笑いしていた時の事は未だに忘れられません。

 CS 時代劇専門チャンネルで「月影兵庫」「花山大吉」そして「焼津の半次」と再会出来て大変嬉しく思っています。

 近衛十四郎 と 品川隆二は、まさしく世界最強(笑)の時代劇コンビなのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年09月24日 の週間選曲リストと『 素浪人月影兵庫 素浪人花山大吉 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。