FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第407回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  3. 第 3 位 ( ★ )
    広谷順子「古都めぐり」
    ♪歌唱と編曲のマッチングが深遠なほど美しい秀逸曲。11月28日にNHKラジオ第1「歌の日曜散歩」でオンエアー。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「秘密」劇中効果音楽 [溝口肇]


 このブログが、WORDPRESSへ引っ越して半年経過しました。

 完全広告なしの独立運用のためか、おかげさまでページビューも漸増してきました。PHPを使ってソースの奥底までブロガー自身が制御出来ますので、アクセスの際に重くなる余計な要素を全て排除出来ます。

 またサーバがある さくらインターネットさんの努力もあって、ページを表示するレスポンスが相当早くなりました。

 色々なサイトやブログを訪問してみると、最近ではフラッシュやブログパーツばかりの派手なものが多くなっています。そういった派手なものに限って、中身がほとんどありません(笑)。

 中には削ぎ落としてみると、1ページにテキスト3行ほどというのもあります(笑)。どうも最大手検索エンジンのグーグル(Google)さんも、最近では そういった見せかけだけのサイトやブログを、あまり検索結果に反映させない様です。

 このブログにも簡易なアクセス解析が搭載されていますが、ここ1 ~ 2ヶ月「綿花相場 チャート」という不思議な語句で検索にヒットし、多くの方が ご訪問されています。

 調べてみると国際商品取引市場の「綿花」が 150年に1度という空前の高値になっており、その綿花相場の値動きグラフを見たい方が なぜか検索にヒットして、このブログへ迷い込んでいると思われます。

 ここは、一応音楽・放送ブログなのですが(笑)2年ほど前の金融危機の時に「チャート」という語彙は、音楽だけではなく株式の値動きグラフにも使われていると書いた事がありました。サイコロジカル ラインという市場分析手法も紹介しています。

 その時 例えとして出した「綿花相場」のワンフレーズに、グーグルさんが反応したのだと思います。こうしてまた書くと、今週のリストにも反応してしまうかも知れません(笑)。

 グーグルさんの検索結果の仕組みについては全く門外漢なのですが、ブロガーとしての経験から、キチンと書き続けているテキストサイトやブログのウェイトを高くする印象も受けています。そのウェイトの高さが、個々の検索結果へ反映される様です。

 W杯サッカーのリーグ・トーナメントの仕組みについて7年前に書いたリストが、今夏の大会期間中に検索結果へ高く反映され、沢山の方に お読み頂きました。

 サーバ側にも、前述のアクセス解析とは違った「アクセスログ」があります。チェックしてみると最大のご愛読者が、実はアメリカ合衆国からやってくるグーグルさんのロボットだと解ります(笑)。

 カウンターは回りませんが、毎日ではなく毎時間、多い時は300ページ近く一度にクロールしています。私は、それを鬱陶しがらずに(笑)ブログへの ひとつの信用だと捉えています。

 真面目に何年間も続けているテキストブログは、多くが素朴でシンプルなデザインを維持しています。派手なデザインは必要がないからです。

 WORDPRESSへ移行した際も従前のデザインを一切変えず、そのまま WORDPRESSの新テーマとして自力で移し替え制作しました。

 これからもデザインは一切変えずに、アクセシビリティを重視し、毎週1リストずつ週間放送視聴日記としてテキストを書き加えていきたいと思っています。

第408回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  3. 第 3 位 ( ★ )
    森麻季“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」第2部 メインテーマ
    ♪鮮明な転調が味わえる佳曲に清々した詞が付される。第1部メインテーマとは別曲扱い。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    広谷順子「古都めぐり」
    ♪編曲は 松任谷正隆。


 5日に テレビ番組録画テープのデジタル化作業が完了しました。

 所有アナログ テープのデジタル化は、ここ数年 私の最大の悩みでしたが(笑)遂に作業を終え感慨無量です。

 デジタル化したVHSアナログ テープの本数は 225本。先に行ったタイトルバック コレクション テープのデジタル化作業も含めると、作成したDVD枚数は 220枚。テレビ録画の動画ファイル数は 1264となっています。

 既にデジタル化したラジオ録音の音声ファイル数が 256なので、総数は 1500を超えました。ひとつずつ再生の上でデジタル化していく作業は、まさに「人生の大事業」。小目標を立てコツコツ我慢強く作業を続けていく、まるで受験勉強の様な(笑)感じでした。

 特に最難関と指定した 30年モノの最も古いVHSテープ 5本の再生は、大変苦労しました。ノイズが乗ってしまって通常では、まともに再生できません。

 そこでビデオデッキのテープ挿入口を改造して開けっ放しにし、折り畳んだ古新聞紙を再生しているテープの上へ突っ込み(笑)走行中もぶれない様に完全固定。そして仮再生と巻き戻しを繰り返し、ヘッドなどの走行系とテープを馴染ませる様にしました。さらにトラッキングを手動で微調整。どうにかデジタル化に成功しています。

 最期のアナログテープ再生となった、31年前のTBSドラマ 木曜座「たとえば、愛」最終回は、不思議とトラッキングの激しいぶれもなくなり一発で再生成功。ヤフオクで送料込み1980円(笑)で入手したVHSビデオデッキは、きちんと役目を果してくれました。本当に ご苦労様でした。

 そして このブログを開始した8年前は、録画 300本以上 録音 200本以上あったアナログテープも、作業完了時点で所有ゼロとなり、私にとって長かったアナログメディアの時代は静かに終わりを告げました。

 デジタル化作業では、ひとつずつの録画・録音ファイルについて、なるべく圧縮しない方法論を採用。既に動画・音声ファイルのノイズを取り去る技術ソフトも、どんどん開発されていますが、とにかく まずはアナログ再生した動画や音声を、そのままデジタルファイルにしました。

 リスク分散のため第1段階として 220枚に及ぶDVDへ記録。その枚数の割には何十箱もあったダンボールの録画・録音が、キューブケースを使用したため僅か ゆうパック中箱ひとつ(笑)へ収まっています。どうにか非常持ち出しが出来得る範囲となりました。

 この後は初期にDVD-RAMでデジタル化した動画ファイル群を、汎用が効くファイルへ変換する作業が残っています。また 1500を超える全録画・録音ファイルを、ひとつの外付けHDDで管理出来れば、間違いなく非常持ち出しが可能になるはずです。のんびりと やっていこうと思います。

 私にとって 2010年は、アナログテープのデジタル化作業に明け暮れた1年だったと言えそうです。

第409回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    森麻季“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」第2部 メインテーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]

  3. 第 3 位 ( △ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌
    ♪1位 6週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]


 今年も大河ドラマを早期終了させて始まった、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」。その第2部は、従来のテレビドラマにない踏み込んだ叙述と描写で、感動を伴って視る事ができます。

 視聴率は、BShiで1週間前の先行放送をしているのにもかかわらず、第6回「日英同盟」14・7%、第7回「子規、逝く」15・0%(関東地区)と好調です。

 第2部に入り私が大変興味深かったのは、第7回での「兵棋演習」のシーンです。兵棋演習とは、指揮官養成のため作戦立案の訓練を目的に行う図上演習の事です。

 日本最初の兵棋演習は、術科学校大講堂に玩具の様な戦艦の模型を置いて行う、まず愛らしい(笑)印象を受けました。私が目を奪われたのは、その兵棋演習の進め方です。

 2派に分かれた演習員が作戦立案の後、審判士官はサイコロを振ります。そして出た目の数字から、被害判定表や命中箇所判定表に当てはめて模擬戦況を決めていくのです。

 サイコロの目という偶然性と、統計学的に有意な定量データ分析に基づき、リアルな戦闘状態を具現していきます。この兵棋演習のシーンは、テレビドラマ史上初めて放映されたのではないかと思っています。

 BShiで先行放送された第8回「日露開戦」で圧巻だったのは、なんと言っても御前会議のシーンです。日本を代表する俳優陣が大挙出演の中、明治天皇は 歌舞伎俳優の尾上菊之助を配役しました。

 テレビドラマ・映画を通じて天皇を演ずる配役には、特別かつ崇高な意味合いが与えられます。私は 1991年 大河ドラマ「太平記」後醍醐天皇 役の歌舞伎俳優 片岡孝夫(現・仁左衛門)が強く印象に残っており、今回の尾上菊之助も明治天皇を見事に演じています。

 またオールスターキャストの中でも、伊藤博文 枢密院議長は俳優座の加藤剛、大山巌 陸軍参謀本部長(総長)に劇団民藝出身の米倉斉加年を起用した点も大変興味深く感じました。ふたりとも丁寧に演じ切っていました。

 昨年放送した第1部のレビューで「坂の上の雲」というタイトルは、日本文学の中で最も美しいタイトルだと書きました。ラストのタイトルバックで、テーマ曲が鮮明な転調をした瞬間に飛び立つ 3羽の小鳥は、まさしく秋山好古・真之兄弟に正岡子規だと思います。実に素晴らしいタイトルバックです。

 そのタイトルバックでロールする配役発表序列(クレジット順)は、錚々たるオールスターキャストのため約8年のブログの中で最も難解でしたが、次の通り分析しました。第1部同様にナレーターの渡辺謙が別格待遇です。

 NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」19日(BShi 先行12日)放送・第8回「日露開戦」エンドロール・クレジット(配役発表)序列は … ◎(語り)渡辺謙 / ○ 本木雅弘 → ○ 阿部寛 → △ 菅野美穂 → 石原さとみ → 片岡鶴太郎→ △ 竹下景子 / △ 松たか子 → △ 尾上菊之助 → 中尾彬 → 真野響子 → △ 柄本明 / ○ 高橋秀樹 → ○ 加藤剛 / ○ 西田敏行 → △ 舘ひろし → △ 米倉斉加年 → △ 竹中直人 → △ 江守徹 → ○ 石坂浩二 → ◎ 渡哲也 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第410回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    森麻季“Stand Alone”
    NHK総合・スペシャルドラマ「坂の上の雲」第2部 メインテーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    葉加瀬太郎「ひまわり」
    NHK総合・連続テレビ小説「てっぱん」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」劇中効果音楽 [住友紀人]
    ♪1位 1週、登場10週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    CNNインターナショナル・ニュース番組“INTERNATIONAL DESK”テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪妙に詰まった和音構成だが耳に残るニュース テーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「同心暁蘭之介」テーマ音楽 [渡辺岳夫]


 21日の夕刻 全国で観られるはずだった皆既月食は、またまた曇天となり観ることが出来ませんでした。国立天文台発行の暦要項によると、来年の師走も皆既月食があるそうです。

 ブログというのは、以前書いた全く同じ記事を載せてはいけません。

 自分で書いた文章でも、過去書いた記事を そのまま転載し、最新の記事としてはいけないのです。そんな事はブロガーの常識です(笑)。

 このブログを 8年続けてきましたが、あえてその禁を犯してみようと思います(笑)。今週は6年前の師走に書いた週間放送視聴日記と、ほぼ同じ内容を載せています(笑)。

 小学生の頃から師走を迎えると気になってくるのは、大晦日と元旦が何曜日になるか? です。大晦日や元旦が土曜日や日曜日に重なると、とても不思議な気持ちになってきます。今年は大晦日が金曜日。新年の元旦は土曜日です。

 日曜の夕方には、いつもフジテレビの定番アニメ「ちびまる子ちゃん」そして最近また高視聴率をマークしている「サザエさん」が放送されています。日曜日に重なった大晦日は「ちびまる子ちゃん」も「サザエさん」も、大晦日のエピソードが放送されるのです。

 直近では 2006年がそうでした。この大晦日エピソードは大変味があります。ちびまる子ちゃん一家やサザエさん一家の大晦日風景が、現実の大晦日と見事にシンクロするからです。

 その昔FM東京で、人気番組としてオンエアーされていた「コーセー歌謡ベストテン」「ダイヤトーン ポップスベストテン」は、きちんと12月最終週のレギュラー時間帯に「年間ベストテン」を放送していました。

 土曜日に大晦日が重なると、やはり大変味があります。お昼過ぎの年間ベストテン発表から夜のレコード大賞や紅白へ、綺麗に大晦日の時間が流れていくからです。

 またニッポン放送で毎週 日曜日朝、高聴取率番組としてオンエアーしていた「不二家歌謡ベストテン」は、12月最終週に「下半期ベストテン」1月第1週「年間ベストテン」を放送していました。

 元旦が日曜日となると、元旦の朝に昨年の「年間ベストテン」が放送されるのです。これは もはやオーバーラップ的な(笑)味があります。

 大晦日や元旦というのは、1年で最も曜日を意識しないものですから、土曜日・日曜日と重なり、いつもの人気番組のレギュラー放送があると、実に不思議な感じを受けるのです。


 来週は「2010 年間ランキング」を公開致しますが、12月最終金曜日は「大晦日」にあたります。そのため公開時間を繰り上げ、午前0時頃アップする予定です。

Year‐End Ranking

公開 : 
  1. 第 1 位 (11)
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]
    ♪感性詞を歌唱するハミングと量感溢れる交響楽が絶妙に溶け合い、ラストの劇的転調は最深の美しさを有する、比類なき水準のテレビドラマ テーマ音楽。

  2. 第 2 位 ( 7)
    LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town ~ Theme of Zero”
    NBS フジ・ドラマ「絶対零度 ~ 未解決特命捜査」メインテーマ

  3. 第 3 位 ( 6)
    NHK総合・連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」劇中効果音楽 [窪田ミナ]

  4. 第 4 位 ( 6)
    JUJU「この夜を止めてよ」
    NBS KTV・ドラマ「ギルティ 悪魔と契約した女」主題歌

  5. 第 5 位 ( 3)
    NHK総合・大河ドラマ ミニコーナー「龍馬伝紀行」効果音楽 [いちむじん]


 2010年も大晦日を迎え、このブログの更新は今年最後となります。そこで今週の週間選曲リストは『2010 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2010年 1月 1日 第359回ランキングから、2010年12月24日 第410回ランキング までの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。

 期間内のリストイン総曲数は 36曲。年間ランキングの選曲条件をクリアした楽曲数が 15曲と記録されています。

 今年の年間ランキングの選曲理由は、次の通りです。

 年間 1 位は、佐藤直紀が制作した 大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽。

 【1位11週 登場40週】

 年間 2 位は、LOVE PSYCHEDELICO“Dry Town”。

 【1位 7週 登場11週】

 年間 3 位は、窪田ミナが制作した 朝ドラ「ゲゲゲの女房」劇伴音楽。

 【1位 6週 登場12週】

 年間 4 位は、JUJU「この夜を止めてよ」。

 【1位 6週 登場10週】

 年間 5 位は、いちむじん が演奏した 大河ドラマ内「龍馬伝 紀行」効果音楽。

 【1位 3週 登場 8週】

 以上の通り、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )が確定・決定しました。

 過去最少のリストイン総曲数となった今年の年間ランキングは、年間1位楽曲が 1位週数・登場週数ともに他を圧倒する抜群の成績をマークしています。年間ランキングの「1位週数欄」の筆頭に 6年ぶりで 2桁の数字が入りました。

 年間2位から5位に関しては、1位週数のデータを軸に選曲条件をクリアした楽曲の中から改めて慎重な選曲を行い、1位週数・登場週数のデータを参考として順位を決定しています。

 今年最も美しい5曲の内訳は、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽(劇伴音楽)2曲、ドラマ主題歌 2曲、オン ヴォーカルのドラマ・テーマ音楽 1曲 となっています。

 昨年ゼロだったドラマ主題歌は、今年2曲入りました。しかし、相変わらずインストゥルメンタル系が強い結果でした。

 また 引き続き週間選曲リストへは、旧譜のリストイン曲数が徐々に増加してきています。地上波テレビ放送の完全デジタル化を翌年に控え、放送音楽もメディアの多様化から、単なる新譜の発表媒体とは異なるケースが目立ってきた1年でした。

 菅内閣の誕生以降 衆参の捻れから民主党政権に閉塞感が広まる中、尖閣諸島問題も忘れる事ができない 2010年。『年間ランキング』公開をもって今年の更新が終了し、このブログは年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2010年12月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。