FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第366回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・ドラマ「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命 2nd season」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    YUI“GLORIA”
    進研ゼミ テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ ミニコーナー「龍馬伝紀行」効果音楽 [いちむじん]
    ♪テーマ音楽の美旋律が鮮明になる素晴らしいギター演奏。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌


 13日に「バンクーバー冬季オリンピック」が開会しました。

 カナダ(イギリス連邦加盟国)では、1988年のカルガリー以来 2回目の冬季五輪。夏冬 通じては 3回目となります。

 日本時間では、奇しくも長野冬季五輪開会式と同一開始時刻(午前11時)でした。しかし五輪肥大の傾向からか、長野冬季五輪開会式と比較して約1時間も式典が長く冗長な印象でした。総体的に音楽効果は、ファンファーレが延々と続いているかの様なメリハリのなさを感じました。

 また注目の聖火点火は、聖火台に点火する際、立ち上がる予定だった支柱の内 1本が起き上がらないトラブルも発生しています。シドニー夏季五輪開会式でも類似のトラブルがありました。

 室内の式典会場に こだわり聖火台へ点火した後、リレーを続けて屋外の「第2」聖火台で また改めて点火するという(笑)凝り過ぎの演出が遠因だった様です。

 いくつかのコースに分かれて、リレーした聖火が開会式前日に ひとつの火になる式典を「集火式」(聖火到着式)と称します。今回は なにやら開会式本番が集火式となってしまった感じもします(笑)。

 やはり以前から このブログでも冬季では最高の聖火点火シーンと評した、カルガリー冬季五輪の無名の少女による昇降聖火台点火を感動で抜き去れませんでした。ちなみに両方とも同じカナダ開催です(笑)。

 開会直前グルジアの選手が、リュージュ競技の公式練習中に不幸な事故に見舞われました。開会式では、一度掲揚したオリンピック旗を弔意のため「半旗」に下げています。この五輪憲章外の異例な演出も、かえって他の派手さが浮ついてしまう印象を与えてしまった様です。

 大会日程に入ると、男子のスピードスケートとフィギュアで銀・銅メダルを獲得。前回のトリノ冬季五輪と比べて日本選手は、いい滑り出しをみせています。

 この週間放送視聴日記では、毎回オリンピックの金メダル獲得選手を総て記録していますが、今回のバンクーバー冬季五輪は果してどうなるでしょうか?

 前回までの五輪では「ぜんぶやる!」と高らかに宣言していたNHKも、来年以降 BS-hiが廃止と決まり、その宣言は今回ありません(笑)。

 テレビでは、地上波総合と衛星第1だけの放送になっています。それでも朝ドラ「ウェルかめ」のリピートを午後2時頃まで移動させるなど苦心の生中継が続いています。

 日本とバンクーバーの時差は 17時間もあります。連日早朝から午前にかけての「オリンピック放送」視聴お疲れさまです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年02月19日 の週間選曲リストと『 バンクーバー冬季オリンピック 開会式 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。