FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第367回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・ドラマ「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命 2nd season」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ ミニコーナー「龍馬伝紀行」効果音楽 [いちむじん]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]
    ♪劇伴音楽に際立った佳曲がある。週間選曲リスト・ルール 注意事項[08]を適用。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌


 「バンクーバー冬季オリンピック」は、終盤戦に向かっています。大会14日目となる26日に行われた女子フィギュアスケートでは、最高が銀と、日本の冬季五輪連続 金メダルは成りませんでした。フリー演技のテレビ中継は、解説者の八木沼純子 JOC環境アンバサダーが、ジャンプなど実況以上の速度で、極めて正確に得点加減の度合いをコメントし、際だっていました。

 テレビ実況は、決め台詞を入れる(笑)五輪名実況でお馴染み 刈屋富士雄 アナ。ラジオ実況は、長野放送局に勤務経験があり 4年前 荒川選手の金メダルも実況している広坂安伸 アナ(現在BK勤務)が担当しました。フィギュアスケート競技のラジオ実況は、極めて難度が高いスポーツ放送ですが、解説者なしで精密に こなしていました。

 デジタルのテレビ中継は、アナログのラジオ中継と比べて、モニターサイドで約 3秒近くの伝送遅延があります。ラジオ実況を聴きながらテレビ中継を視ていると、ジャンプの成否など、広坂 アナが百発百中で「予言」(笑)してしまう面白い現象も起きていました。来年の地上波テレビ デジタル化では、この伝送遅延がボディブローの様に、問題点として浮上すると思われます。

 さらに今回のオリンピック放送では、独自のスタンスで評判となった 小林宏 元長野冬季五輪競技委員長の丁寧な解説もあって、女子カーリングの中継が 大変な人気となりました。競技中に選手達の作戦打ち合わせの声が、そのまま放送されるのも、何か選手自ら、将棋・囲碁における「大盤解説」をしているかの様で(笑)非常に解り易かったです。

 しかし、予選リーグで敗退(最終成績8位)が決まると、NHKは デンマーク戦の生中継をしませんでした。BS-hiは廃止シフトで中継出来ないのでしたら、ETVの弾力編成を考慮すべきではないのでしょうか? サッカーW杯の1次リーグでも、日本が途中で敗退が決まっても、最終戦の中継を打ち切る事はしません。デンマーク戦の生中継はすべきだと思います。

 今回の NHKは ぜんぶやらない(笑)中継編成は、テレビ朝日が、1980年 モスクワ夏季五輪の独占生中継を高らかに発表したものの、日本不参加で高ころびに転んでしまった過去の裏返しの様です(笑)。やはり民放BS局を含め、NHK・民放が協調して、できる限り全競技の生中継を行うべきでした。連日早朝から午前にかけてのオリンピック放送 視聴お疲れさまです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年02月26日 の週間選曲リストと『 バンクーバー冬季オリンピック 女子フィギュア競技 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。