FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第339回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  2. 第 2 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Linkin Park“New Divide”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Diane Birch“Fools”
    ♪ジャジーな旋律と和音を有する歌唱で際立つフィメール ヴォーカリストの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]


 女優の大原麗子さんが、お亡くなりになりました。。大原麗子さん といえば「ザ・ベストテン」の後、木曜 夜 10時からTBSテレビで放送されていたテレビドラマ枠「木曜座」が忘れられません。その初期の作品「たとえば、愛」(1979年 1月 ~ 4月 本放送)は、深夜ラジオ番組 最期の 3ヵ月間の人間模様を描いた名作ドラマです。

 脚本の倉本聰は、かつてニッポン放送(JOLF)に社員として勤めた経験があり、全編当時のラジオの世界を情感込め、そしてリアルに描いています。深夜放送のDJ 主役・九条冬子 役は 大原麗子。初代ディレクターそして冬子の前夫でもあったフリー ライター工藤六助 役が 原田芳雄。冬子の現夫で広告代理店のラジオ担当営業課長・高井五郎に 津川雅彦が配役されています。

 そして現プロデューサー・石山信介は 荒木一郎。ディレクターの三国乙彦に 三田村邦彦。不倫騒動を起こす六助の実妹・工藤章子は 萩尾みどり。冬子の番組の初代プロデューサーで人気作家・南雲庄一 役を 下條正巳。六助へ心配りをする文芸誌の編集部員・吉野哲夫には 橋爪功。冬子を取り巻くラジオ局員・名倉として 矢崎滋が、強い存在感でレギュラー出演しています。

 ドラマは 匿名希望の葉書を、冬子が実名で読んでしまうミスから始まります。冬子の小さなミスは、投稿したリスナーが、ショックで命を絶とうとする事件まで発展。その事件 と 聴取率の低迷から、冬子の現夫である五郎が広告マンに徹し、番組の打ち切りをラジオ局へ提案します。この五郎の行動をきっかけとなって、冬子の番組の打ち切りが決定してしまいます。

 その秘密裡に行われた打ち切り決定の日に、まるで打ち切りを知ったかの様に、初代プロデューサーである南雲は、突然 人気私小説作家の座を捨てます。病で逝った老妻の後を追う、衝撃的な事件を起こすのです。新人文芸賞で落選した作家志望の六助は、南雲の行動に、作家として超えられない壁を知ります。そして結局 筆を折って、東京から去る決断をするのです。

 それぞれの人間模様は、故郷の新潟へ帰る夜行列車の中で 冬子の後番組の第1回 放送を聴く工藤六助と、専業主婦になり 自宅で ひとり家計簿をつけている九条冬子。この二人の同時進行な最終回ラストシーンに集約されていきます。主要な登場人物が、ラジオや文学という独特の世界で 自らの運命を受け入れ、一見矛盾に満ちた行動の中に 純粋かつ普遍な愛情を煌めかせます。

 音楽は 宇崎竜童が担当。大村雅朗の抜群のアレンジにより、主題歌・豊島たづみ「とまどいトワイライト」が流れるタイトルバックは 本当に美しい映像です。また 1979年 3月23日 第11回 放送では、ドラマの一部を「生放送」でオンエアー。当日 夜の最新ニュースを、 ミッドナイトクールのシーンに挿入するなど、極めて斬新なストーリー展開もありました。

 このドラマの第4回から最終回の録画を、私は所有しています。しかも 当時の 3倍速(笑)。この「最古」のアナログ録画テープのデジタル化が、最難関の作業になるのは間違いありません。ラジオ局を舞台にした この木曜座「たとえば、愛」は、極めて完成度が高い作品なのです。私にとっての大原麗子さんは、東洋ラジオ「ミッドナイト クール」のDJ九条冬子でした。

 「今晩は。九条冬子です。木曜の夜は 0時から 2時まで、冬子がお送りするミッドナイト クール。今夜の赤坂は、降るような星です・・」。

第340回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Diane Birch“Fools”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Linkin Park“New Divide”
    ♪1位 4週、登場11週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]


 11日に 静岡県中部・西部で、震度 6弱の激しい地震がありました。震源地は、御前崎市北東の駿河湾。東海地震の推定震源域付近です。牧之原市では、東名高速道路の一部が崩落するなど、静岡県に被害をもたらしました。ここ長野県松本市でも 震度 4を観測しています。この地震は「静岡沖地震」と呼称されています。この呼称は、気象庁による正式な命名では ありません。

 【犠牲者 1名 負傷者 122名】

 私は、起床して すぐNHK総合 と FM長野の録画録音を開始しました。NHK総合は「NHKニュース おはよう日本」を放送していましたが、本震到達直前の午前 5時07分に「緊急地震速報」を発令。すぐさま高瀬耕造 アナが「緊急地震速報」を繰り返しアナウンスしました。その最中に 東京の放送センターへ本震が到達。揺れの様子を生放送しています。

 さらに地震発生から 1分ほどで「NHK地震情報」のテロップが表示され、高瀬 アナは「NHKの各放送局からの情報によりますと、5時06分ごろ東海地方で地震がありました」とアナウンスしました。平成19年 能登半島地震 以降 NHKは、全国の放送局に設置された独自の震度計観測から、約 1分ほどで強震・激震発生の有無を確認し、NHK地震情報が放送されます。

 その後 5時09分、気象庁から「静岡県中部西部で震度 6弱」の情報と同時に「チャイム」が鳴り、全波同一の地震速報となっています。ラジオでは、K-MIX(静岡FM)が 緊急地震速報を送出。FM長野も JFN朝の生ワイド「クロノス」で地震発生を速報。5時18分と早い段階に、K-MIXの高原由香子 パーソナリティが、全国に電話リポートをしています。

 この 2日前の 9日 夜にも、東海道南方沖を震源とする地震がありました。NHK大河ドラマ「天 地 人」の最中 地震情報は流れましたが、震度 3以上の市町村のテロップ表示に約 15分かかるほど、東北地方から中部地方へかけて大変広範囲な地震でした。今回の「静岡沖地震」の前震という範疇には 入らないかも知れませんが、異様さを強く感じさせた地震でした。

 想定震源域において、過去 86年間 最大規模だった今回の地震ですが「東海地震」とは違うそうです。予知しようとしている「東海地震」は、桁外れの大地震なのです。東海地震予知に関する情報は、3種類あります。危険度が低い順に「東海地震観測情報」(対策の必要なし)「東海地震注意情報」(防災対策開始)「東海地震予知情報」(警戒宣言発令)となっています。

 地震が起きた 11日には、気象庁から東海地震予知の第1段階である「東海地震観測情報」が、初めて発表されました。「今回の地震は、想定される東海地震に結びつくものではないと判断した」との内容ですが 初の「観測情報」発表で、その後も大変気になるところです。今回の地震で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。

第341回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Diane Birch“Fools”

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    松谷卓“Inscrutable Battle”
    abn テレ朝・バラエティ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」テーマ曲
    ♪美しい変拍子が貫かれているテーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]


 毎日の様に雨が降る不順な天候から始まった今年の夏は、ここ松本でも お盆あたりから真夏の日差しが戻ってきました。

 一昨年秋から無人化してしまった旧松本測候所(現・松本 特別地域気象観測所)の気温推移によると、本日現在 猛暑日なしですが、真夏日は 33日も記録しており、冷夏傾向から平年並の高原の夏に回復しつつあります。

 今年の夏休みは、デジタル化とブログ、ふたつの作業を淡々と(笑)こなしていました。

 まず昨年夏から始めたアナログ ビデオテープのデジタル化作業ですが、現在 160本のデジタル化を完了しました。残りは約 60本ほどだと思います。

 その作業のさなか遂に事件が発生してしまいました(笑)。酷使されていたビデオ カセットデッキの再生に突然不具合が出たのです。音声がステレオHi-Fiにならなくなってしまいました。

 現在作業は中断しています。古い3倍速テープはトラッキングの合わない事が多く、その強引な再生でデッキに負担をかけた様です。

 古い大河ドラマの全話録画などに使われている、3倍速テープの本数は残り 10本ほどですが、ファイル数に換算すると 70程度になります。

 不具合が生じているデッキを どうにか修理し、出来るだけ早く1話ずつのデジタル化作業を再開したいと思っています。今年中にはオーディオ カセットテープのデジタル化も終了させる予定ですが、果たしてどうなるでしょうか?

 デジタル化の作業が中断してしまったので、このブログの誤字脱字を 総チェックしてみました。やはり あります(笑)。5年近くほったらかし という脱字箇所も発見しました。このブログは、アーカイブされる方が 大変多いので申し訳なく思っています。

 次に このブログ独自の「(追記)」も まめに補充しました。週一(いち)更新という のんびりしたペースの「週間放送視聴日記」では、どうしても日記内容の事実経過を文章として補充する必要があります。その場合 日記の内容は、極力直接修正せず、日記の最後に「(追記)」として、経過の補充文章を入れています。

 さらに全ページの冒頭に掲げてあるブログ紹介文も「私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。」と「週間放送視聴日記」の語彙を加えました。

 Dmozさんは「FM長野の音楽放送リスナーによる、週間放送視聴日記や選曲リストの紹介。」。Yahoo!さんも「独自の週間選曲リストランキングを発表。放送視聴日記等。」とある通り、このブログについては 選曲リストと視聴日記、ふたつを主要ディレクトリでも紹介して頂いております。

 よく ご愛読者の方から「不思議なブログ」とご指摘される(笑)このブログは、週間選曲リストと週間放送視聴日記が、ひと組になってリスト(記事)を構成しています。この「週間放送視聴日記」も、週間選曲リスト同様に 引き続き ご愛読頂ければ幸いです。


(追記) 2010年12月に、総てのアナログ録画テープのデジタル化が完了しました。

第342回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Diane Birch“Fools”

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」劇中効果音楽 [川井憲次]
    ♪今シーズン最終回は 9月10日の予定。

  3. 第 3 位 ( △ )
    松谷卓“Inscrutable Battle”
    abn テレ朝・バラエティ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( △ )
    CS チャンネルNECO・ドラマ王国20「気になる嫁さん」テーマ音楽 [大野雄二]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    SBC TBS・日曜劇場「官僚たちの夏」劇中効果音楽 [佐橋俊彦]
    ♪本放送は 9月20日まで続行。


 やらなくてはなりません。正直やるつもりは なかったのですが(笑)やらねば ならなくなりました。

 私が所有している約200本のテレビ番組録画コレクション。同じく約200本のラジオ番組録音コレクション。全アナログテープのデジタル化を決心しました。

 先月保存しているテレビ番組録画テープのチェックを久々にしてみると「白いカビ」が、相当数のテープ カートリッジ内で発見。こうなるとアナログテープを保存し続けるのは、録画番組の消失に繋がります。

 とにかく計画を立てて やるしかありません。アナログテープに収録された総てのテレビ番組・ラジオ番組を ひとつずつデジタル化し、そのファイルを保存する事としました。

 まずカビちゃん(笑)が出ているVHSテープのデジタル化から優先して行います。特に ドラマなどは1話ずつ、MPEGファイルにしていくつもりです。

 既にデジタル化したテレビ番組のタイトルバック コレクションも加えると、全ファイル数は 1000を超えます。計画を語るだけでも 気が遠くなります(笑)。

 そして ファイルが出来た順からデジタル化したアナログテープは、確認の上で廃棄に回します。動画のデジタル化が終了した後、今度はオーディオテープに録音されたラジオ番組を、やはりひとつずつMP3ファイルとしていきます。

 最終的にデジタル化が完了した時点で、アナログテープはゼロになるという段取りです。

 出来上がったデジタルファイルは、取りあえずDVDで保存。その後でバックアップ システムを加えた3TB(3000GB)程度の保存管理専用サーバを構築。総ての動画・音声ファイルを統合して管理出来れば と考えています。

 それにしても、カビちゃんには かないません(笑)。この1 ~ 2年でやらないと、新しい録画録音だけで精一杯になり、古いテープのデジタル化なんぞは やる気が起きず(笑)結局どんどんアナログテープは、白カビに侵略されてしまいます(笑)。

 1000近くのファイルを ひとつずつ制作するのは、本当に大変な作業です。あまり先の事は考えず(笑)小目標をこまめに設定して、コツコツやっていきたいと思います。

 最近のYouTubeやニコニコ動画の普及により、編集して動画ファイルを作る事が、個人でも当たり前の話となりました。開票速報特番や紅白歌合戦などの長時間録画は、思い切って動画編集し コンパクトなファイルを作っていく予定です。

 テレビ番組録画のデジタル化は 既にスタートしており、約200本の内 72本のデジタル化を終了。占拠していたクロゼットも、少しずつスペースが開いてきました。


(追記) 2010年12月に、総てのアナログ録画テープのデジタル化が完了しました。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2009年8月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。