FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第537回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  2. 第 2 位 ( △ )
    絢香「ツヨク想う」
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”エンディング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「確証 ~ 警視庁捜査3課」オープニング テーマ音楽 [市川淳]
    ♪1位 3週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Calling You”
    ミスタードーナツ テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    畠山美由紀「夜と雨のワルツ」


 クラシック音楽の世界において、天才音楽家は、早逝だと言われる事があります。このまま生涯を全うし多くの作品を書き残していけば、もっと名声が高くなったのにと思いますが、それは叶わぬ事です。クラシックの世界だけでなく、戦後発達した邦楽(歌謡曲・J-POP)の世界にも、早逝してしまった天才音楽家は存在します。

 大村雅朗(おおむら まさあき)さんも、早逝してしまった天才音楽家のひとりです。大村雅朗 さんは、和声と調性を深淵から理解し、国内のポピュラー音楽を高い極みまで昇華させていった、我が国で ただひとりのアレンジャーといっても過言ではありません。我が国において、私が最も尊敬するアレンジャー(編曲者)でしたが、46才の若さで早逝してしまいました。

 邦楽(歌謡曲・J-POP)に関しては、まず歌詞があり、次に歌詞を表現する曲の旋律が重要視され、大衆も その範囲で音楽を理解します。しかし、その先があるのです。レコードからCD、そしてダウンロードと媒体は変わっていきましたが、ひとつひとつの楽器の和音を結び付ける和声と調性こそが、ポピュラー音楽作品の根幹を成しています。

 大村雅朗 さんの音楽創作の出発点は、ヤマハ音楽振興会の本部研究室でした。ですから大村雅朗 さんは、当時のラジオ・テレビ番組「コッキーポップ」や ヤマハ・ポピュラーソング・コンテストから派生した「ニュー ミュージック」を手始めに、全盛期だったアイドルの新譜作品をも拒まず、1970年から 90年代にかけて、数多くの優れたアレンジを送り出しました。

 当時のヤマハ系ニューミュージックは、歌詞・旋律で創作が停止してしまっているものが多く、またアイドル歌手の新譜作品に至っては、創作以前の段階(笑)つまり歌唱や表現力に未成熟さを感じさせてしまうのが殆どでした。大村雅朗 さんは、それらの欠点をカバーして余りある、素晴らしい編曲を提供していきます。

 ブロガー プロフィールにも詳しく書いていますが、私は 音楽チャートマニアとして、30年近く洋邦問わず 10万回を超える新譜の強制的(笑)な反復聴取を続けてきました。その流行歌の反復聴取の果てに、アレンジで使用した楽器のモード(旋法)や音律に やたら鋭敏となり、楽器の和音を相当細かく聞き分けられる和声感と音楽調性感が身に付いてしまったのです。。

 その私の和声感と音楽調性感に基づき、大村雅朗 さんの最高傑作を選んでみると、人気のある松田聖子“SWEET MEMORIES” や 山口百恵「謝肉祭」とは違う楽曲になってしまいます。多楽器による和音構成から選曲すると、大村雅朗 さんの最高傑作は、八神純子「想い出のスクリーン」(1979年)のアレンジだと感じています。

 メジャー・デビュー作「思い出は美しすぎて」は、編曲者が大村雅朗 さんでありません。また大村雅朗 さんをアレンジャーとして大成させた「みずいろの雨」でもないのです。八神純子「想い出のスクリーン」のオリジナル盤をぜひ聴き込んでみてください。何度も聴きこんでいくと、大村雅朗 さんの情感を和音構成に反映させる、独特な編曲のスタイルが理解できます。

 「想い出のスクリーン」は、特に終奏部が圧巻です。ヴォーカルの畳み掛けるような伸びから、E.Gt(エレキギター)Str(ストリングス)さらにScat(スキャット)や 単音のサンバ ホイッスル と 手拍子に至るまで、総ての楽器和音が和声となって、一分の隙もなく完璧に調性されており、奇跡を突き抜けて もはや神域に達している作品です。

 さらに私の音楽和声感・調性感から、大村雅朗 さんの傑作を全作品より さらに3曲取り上げてみます。まず 松永夏代子「メランコリーの軌跡」です。玉置浩二作曲によるアニソンですが、哀感を帯びた旋律全体を見事に生かした抜群のアレンジです。Syn(シンセサイザー)が主楽器ですが、その電子楽器の 1和音まで和声と調性が整っており、この楽曲も神域に達しています。

 次は、REIMY(麗美)「恋する時間」です。筒美京平の計算された旋律と、コケティッシュなヴォーカルを生かすため相当難度の高いアレンジですが、打楽器の和音構成を加えて一気に調性を取っています。まるでヴォーカルを補正していくかの様な、楽器和声を感じるのです。特に その打楽器とストリングスの合致した和音で終奏する大胆さは 秀逸です。

 最後は、芳本美代子「横顔のフィナーレ」です。イントロ・間奏 そして アウトロが、完全に元の旋律と遊離している作品ですが(笑)そのイントロ群のアレンジは、大村雅朗 さんの和声感と調性感を理解する上で 教科書的な作品です。今どんなアレンジャーでも、この様な編曲は出来ないと思います。3曲共に、図らずも全て 1986年 発表の作品になりました。

 大村雅朗 さんのアレンジ、特に和声に貫かれているのは、音楽的技巧ではなく、人間が感じる事が出来る 豊かな情感に彩られた深遠な美しさです。大村雅朗 さんは、ヴォーカルを含めた演奏楽器の和音構成によって、その美しさが表現出来るアレンジャーなのです。ここで挙げた作品群は、総てが その美しさに彩られています。

 もう既にポピュラー音楽は、洋邦問わず旋律の組合せにおいて出尽くし感が蔓延しており、ラップ音楽を なぞっただけの単旋律なアレンジが横行し、シンコペーション や オブリガードなどの旋律技巧だけで、音楽的価値を得ようとしています。これは和声感 や 調性感以前の問題です。だからこそ大村雅朗 さんが、この時代に健在だったらと思うと、誠に惜しく残念でなりません。

 大村雅朗 さん。あなたが去って 16年が経った今、あなたの足元までたどり着いたアレンジャーは、まだ ひとりも現れません。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search