FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第536回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「確証 ~ 警視庁捜査3課」オープニング テーマ音楽 [市川淳]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( △ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Calling You”
    ミスタードーナツ テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    絢香「ツヨク想う」
    TSB 日テレ・ニュース番組“NEWS ZERO”エンディング テーマ
    ♪転調に不安定さが聴き取れるのは気になるが、長期のオンエアーに耐え得る佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    畠山美由紀「夜と雨のワルツ」
    ♪本来の原調から度が遊離している感じも受けるが、全体の調性はとれている佳曲。


 昨年秋に退会したmixiですが、最近 創業者である社長が退き、新しい社長が就任したそうです。しかし、mixiに もはやSNS事業としての伸びはなく、経営上の苦戦が続いています。mixiから垣間見えるのは、新しい企画を提案して実行すれば、それが既存システムの変更に繋がり、会員・顧客にとって、不満が残る結果となってしまう 負のスパイラルです。

 ラジオのリスナー投稿にも、別の意味で採否で不満が増幅する、負のスパイラルが顕在化しつつあります。例えば、NHK総合の平日深夜に“NHK NEWS WEB”という番組があります。ニュース と twitterが連動しており、画面の下部に番組専用のハッシュタグを付けたツィートが、そのままオンエアーされています。

 新しい視聴者参加のニュース番組の形態ですが、実際のtwitterを視てみると、総てのツィートが そのままオンエアーされる訳ではないようです。まず“NHK NEWS WEB”に無関係なNHKへの批判ツィートはオンエアーされません(笑)。逆にラジオでもありがちな(笑)キャスターを上手くヨイショする投稿がオンエアーされやすい傾向です。

 約 6年前ですが、このブログで常連リスナーの脚色という話を書きました。私が長いラジオリスナー歴の中で経験した、ラジオ投稿における採用・没のカラクリについてです(笑)。“NHK NEWS WEB”の場合、オンエアーに際しての採用・没はありますが、ハッシュタグのついた twitterを見ると、こちらは 総てが採用された状態です。

 “NHK NEWS WEB”が何を没にしたのか一目瞭然であり、この点は、ラジオ投稿の採用・没と全く違う次元です。これからのラジオメディアは、twitterなどとの連動による、採用・没の中間判断がないリスナー参加の形態こそ生き残りの道なのかも知れません。中傷に近い批判のツィートがあっても、削除する様な没にせず、それを受け止めるのも肝要です。

 逆に他のリスナーのツィートで、それらもフォローしてもらうような姿こそ、メディアとしての前進があると思います。インターネット時代のリスナーによるラジオ参加の形態は、どうも放送局から分離した形で成立していく様な未来像が見えてきます。そこは、ラジオの放送内容だけでなく、投稿内容もリスナーからチェックされる世界なのです。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。