FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第535回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「確証 ~ 警視庁捜査3課」オープニング テーマ音楽 [市川淳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・金曜ナイトドラマ「お天気お姉さん」劇中効果音楽 [神坂享輔・末廣健一郎]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    LOVE PSYCHEDELICO“Calling You”
    ミスタードーナツ テレビCMソング
    ♪CMで僅かに流れても存在感を示すデリコサウンドの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Rihwa“Last Love”
    NBS フジ・木曜劇場「ラストシンデレラ」挿入歌
    ♪1位 3週、登場 8週。


 2014FIFAワールドカップ・アジア地区 最終予選が 4日行われ、オーストラリアと 1-1 で引き分け、5大会連続となるW杯出場を決めました。日本は、FIFAランキング アジア地区 最上位(組合せ抽選当時 16位)の実績からシード国となり、東日本大震災直後の 2011年 9月に始まった第3次予選から出場。3勝 1分 2敗・勝点 10で 2位通過しました。

 昨年6月から始まった最終予選では、順調に勝点を積み重ねてきました。第7試合となる この日の対オーストラリア戦では、後半35分 オーストラリアが先制すると、後半45分のロスタイムに 本田圭佑 選手がPKを決めて追いつき、1-1 で引き分け 勝点 1を獲得。B組で勝点 14をマークし 2位以上が確定し、世界最速でブラジル 本大会出場権を獲得しました。

 あのロスタイムの失点から、確実だったW杯初出場を逃した「ドーハの悲劇」から もう 20年になります。その 20年の間に そのロスタイムで失点を取り返し、W杯出場を確定させるほど日本代表は成長しました。日本 vs オーストラリア戦の視聴率は、38・6%(関東地区)。瞬間最高は、ロスタイムから出場権獲得が決定した午後9時23分の 46・3%でした。

 ちなみに高視聴率だったサッカー生中継。その裏番組の視聴率は どうなっているか? ちょっと調べてみました(笑)。試合終了予定時に合わせて、わさわざ開始を 20分ずらしたフジテレビのドラマ「鴨、京都へ行く ~ 老舗旅館の女将日記」は、ドラマ開始時が見事に(笑)ロスタイムと重なり、前回から大きく下まわる 6・8%となっています。

 本大会出場が決まった段階で 私が気になるのは、本大会 1次リーグ 日本戦 3試合のラジオ中継です。2大会前の2006年 ドイツ 本大会では、FM・AMそして短波 ほぼ全局が、日本民間放送連盟統一でラジオ中継を行いました。ところが前回の2010年 南アフリカ 本大会では、希望局のみが中継参加となり、101局中 75局が参加。JFN加盟は 44局が中継しました。

 さらに進出した決勝トーナメントでは、JFN加盟の中継が僅か 14局だけとなり、FM長野も1次リーグ 3試合は中継しましたが、決勝トーナメントを中継しませんでした。一見特別番組の編成だけに思えますが、各局の体質や応用力も垣間見えてしまう様です。「AMラジオ局のFM同時放送問題」もあって、民放連のラジオ委員会内部に広がる波紋まで 透けて見えます。

 来年のブラジル 本大会 1次リーグ 日本戦 3試合のラジオ中継は、果してどうなるのか? 民放連 と ラジオ各局の考え方も解る試金石となりそうです。前回は 岡田ジャパンとして、決勝トーナメント ベスト16まで進出しました。さらに今回は「その先」を目指して頑張って欲しいものです。ザッケローニ ジャパン、W杯 ブラジル 本大会出場おめでとう ございます。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2013年06月07日 の週間選曲リスト と『 2014 FIFA ワールドカップ 本大会出場 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。