FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第893回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス ~ 行動心理捜査官・楯岡絵麻」劇中効果音楽 [鈴木ヤスヨシ]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]
    ♪リストインは 2017年 2月。

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング
    ♪リストインは 2017年 1月。

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    上白石萌音「夜明けをくちずさめたら」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」4 ~ 5月 オンエアー曲


 新潟県の独立系県域FM局である FM PORT(新潟県民エフエム放送)が、経営不振により 30日で閉局・停波します。県域FM局の閉局・停波は、戦後の放送法施行後、全国で初めててす。また中京圏広域の外国語FMラジオ局 Radio NEO も、同日 閉局・停波します。理由は 同じ経営不振です。しかも 中京圏の外国語FM局は、2度目の閉局となります。

 FM PORT は、2000年12月に開局しましたが、累積赤字は 約 11億円と、債務超過状態が続いていました。Radio NEO は、2016年12月から既に約 6000万円の累積赤字を計上。全国には恒常的な累積赤字で苦しむ県域以上のFM局が一定数あり、相当無理をして頑張っていますが、FM PORT の閉局で堰を切る可能性があります。

 長野県は、北信・東信・中信・南信と地域割ができ、モンロー主義と言いませんが(笑)個性的な色合いが地域ごとに存在します。FM長野は、中信の松本市に本社演奏所があり、アルピコグループ(旧 松本電鉄)が、一定水準で経営を掌握。但し JFN加盟で唯一の県域FM局なのです。1988年の開局時から、中信に本拠を置く県域民間放送局として異彩を放っていました。

 新潟県も、上越・中越・下越・佐渡と地域割がされ、長野県の様な個性的色合いが鮮明です。FM PORT は、下越重点の放送局群に対抗しようと、中越有力企業の亀田製菓・中越運送などが開局しました。但し なぜか本社演奏所は、下越の県庁所在地である新潟市のまま。そして JFN未加盟で 2局目の県域FM放送局として、ポートから出港してしまったのです。

 FM PORT の開局は、東京を始め大都市圏に2局目の広域FM局がスタートした直後でした。2局目もいけるとの機運に満ちていたのです。噂では、FM PORT も開局当時に、J-WAVE から番組ネットを受けたいと打診したそうですが、J-WAVE こそ、モンロー主義のラジオ局(笑)で 断られてしまい、殆どの番組を自社制作する事になってしまいました。

 新潟県内だけでスポンサーを開拓して、24時間自社制作を続けていくのは、相当無理があります。さらに 小谷野 FM横浜元常務が独創した、FMは若者のメディアというコンセプトに最後まで固執してしまっては、限られたターゲットで得られるパイは僅かです。閉局前にオールリセットな第2の開局的編成改革が出来たはずなのに、躊躇したまま終焉を迎えてしまいました。

 FM PORT は、社員を全員解雇し、タレントの契約も打ち切る、最悪のオールリセットを選択。図らずも Radio NEO と同時閉局なのは「新型肺炎」(COVID-19)のパンデミックで、先行きに見切りをつけたとも言えます。ラジオ局の経営統合、ラジオ放送番組の同一化以前に、FM PORT が、ひとつ目のドミノになる可能性は 否めないのです。

第894回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス ~ 行動心理捜査官・楯岡絵麻」劇中効果音楽 [鈴木ヤスヨシ]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    テレビ東京・月曜プレミア8「新・信濃のコロンボ ~ 追分殺人事件」劇中効果音楽 [音楽制作者 不詳]
    ♪21時08分頃とラストに流れた、洗練されている劇伴トラック。選曲・効果は 田中稔。


 株式市場には「往って来い(いってこい)」という用語があります。好景気の到来を反映して株価が急上昇したにもかかわらず、突然の悪材料発生で株価が急落。結局上昇前のスタートラインへ戻ってしまう現象を指します。トランプ政権下のNYダウ工業株30種平均株価、安倍政権下の日経平均株価が、コロナ禍によって、まさしく 往って来い の状況になってしまいました。

 今週にかけて日米の平均株価は、乱高下 甚だしく、週内で往って来い(笑)の状況が見えています。平均株価は、実態経済に先行して動くものです。まだ予断は許しませんし、MMT経済理論の話をする気などありませんが(笑)国債を大量発行し未曾有の緊急経済対策をしている我が国にとって、同じく先行指標の外国為替市場は比較的安定しており、不思議な兆しも出ています。

 トランプ 大統領得意のプロレス外交は、ミクロンサイズの新型コロナウイルスに技が効きません。通常の政治家ならば憔悴の方向に向かうのですが、トランプ 大統領は 逆に吼えまくります(笑)。特に大統領が利用しているtwitterでは、ウケねらいで雑言を垂れる若者の様なツィートを連発し(笑)とうとうtwitter本社から、警告文を付けられてしまいました。

 しかし、警告文を付けられたのは、思慮浅いティーンでなく、米国現職の大統領です。怒った大統領は、SNS企業に対して、訴訟免責を弱める大統領令を発布してしまい、twitterは、多量の訴訟に直面する、経済的な危機に晒されています。恐れをなした facebook は、CEOが「SNSは真実の裁定者になるべきでない」と、問題発言までしてしまったのです。

 いいね!ボタンに、ハッカー的仕掛けを組み込んだ前科のある facebook ですから、元々 社会正義など欠落しています。twitter と facebookは、別の方向を向きながらも、両方共に凋落傾向が鮮明になってきているのです。やはり私企業であり営利目的が優先されるSNSに、自らのネット発信を依存していく姿勢は、リスキーだと言わざるを得ません。

 私には このブログがありますし、SNSは アカウントを有するだけですが、LINE や INSTAGRAMも含めて、SNSで発信したコンテンツは、バックアップを残しておく事を強くお勧めします。過去弱小ブログサービスが突然に閉鎖したように、世界的有力SNSでも権力機構と対峙すれば、私企業である以上は、あっと言う間に霧散してしまう事が充分あり得るのです。

第895回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス ~ 行動心理捜査官・楯岡絵麻」劇中効果音楽 [鈴木ヤスヨシ]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    吉川晃司「焚き火」
    NBS フジ・特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」エンディングテーマ
    ♪殆どスキャットで構成され、クラシカルな転調も感じさせる斬新な佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]
    ♪1位 5週、登場22週。


 東京夏季五輪組織委員会は、来年の延期開催に向けて準備スケジュールを発表しました。華美に走らず、簡素なものにするそうです。それでも数ヶ月間の国内聖火リレーなど相当な規模を計画しています。無観客開催がまず現実的だと思われますが、IOCは否定的なスタンスです。さらに水面下では、これ以上の延期はなく中止もあり得ると、陰に陽に ほのめかし始めているのです。

 だいたい新型肺炎(COVID-19)のパンデミック真っ只中に、延期日程を決めるとは、どう考えても無理があります。「新型コロナウイルスによる前例のない危機を克服した人類の祝祭になる。」と言い切ったバッハ IOC会長は、危機管理能力が欠如しています。人類の危機を克服した確認できるためには、間違いなく数年間の経過観察期間は、地球上で必要なはずです。

 IOCは、ロイズなどの国際保険機構に、五輪中止の損害保険を掛けているとの報道があります。そして その損害保険には、開催延期の損害が対象外なのだと伝わっています。それ故に 再延期はなく次は中止だと、水面下で根回しをしている形跡が見られるのです。そんな報道が真実ならば、IOC内部でオリンピック精神は霧散し、拝金主義のみ蔓延している証拠となります。

 緊急事態宣言下でも行われた中央競馬のライブ中継を視ても、やはり開閉会式を思い切り簡素化して、競技は原則無観客とし、その代わりネットを含めた全世界への徹底した生中継を行う事が、東京夏季五輪を来年開催出来る現実的な方法論だと考えます。しかし、この方法論はいずれも、権威に固まり拝金主義に侵されたIOCには、どれも承服できないものばかりなはずです。

 センバツを中止した高野連は、決定していた出場校を甲子園球場に招いて、1試合だけの交流試合を開くそうです。もちろん無観客試合で、組合せ抽選も開会式もオンラインだそうです。また他の競技には、最終的な順位を投票で決めるシステムを導入する動きも出てきています。そう言えば、全米の大学フットボールは、昔からAP通信の記者投票で順位を決めていました。

 今の段階で東京夏季五輪中止を唱えている識者達を視ていると、一種アナーキストの匂いがする事に気付きます。IOCがしっかりしていれば、アナーキズムがつけ込んでくる余地は無かったはずです。このブログでは夏冬の五輪開会式の視聴日記を書いていますが、読み返してみると華美に走る開会式に批判めいた内容が多くなっていました。もっと早く簡素化すべきだったのです。

 アフターコロナの時代を見据えて簡素な夏季五輪が開催出来れば、東京夏季五輪の意義は 限りなく高まり、オリンピック運動 第2の幕開けになる記念大会となれるはずです。中止決定は、最後の手段であるべきで、新型肺炎(COVID-19)の流行状況を冷静に分析予測して、考え得る知恵を全て振り絞って、東京夏季五輪を来年開催出来る様に努力すべきだと考えます。

第896回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( △ )
    吉川晃司「焚き火」
    NBS フジ・特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」エンディングテーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス ~ 行動心理捜査官・楯岡絵麻」劇中効果音楽 [鈴木ヤスヨシ]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「犯罪症候群」テーマ音楽[やまだ豊]
    ♪トラックタイトルは「復讐と正義」。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング


 2020年は 上半期が終了し、早くも折り返し点です。そこで『2020 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に 付記しました。この上半期順位は、12月 最終週に作成・公開する 年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。

 このブログでは、過去 18回に渡って上半期順位を公開しています。その 18回を振り返ると、選曲に大変苦労した上半期が 2度ありました。1度目は、2011年 東日本大震災があった上半期。2度目は、2020年「新型肺炎」(COVID-19)パンデミックがあった上半期です。そして今回が、週間選曲リストで最も選曲に苦労した上半期と言えるかも知れません。

 大河ドラマを始め 地上波テレビ局の新作ドラマが、緊急事態宣言による撮影未了で、次から次へと放送中断となっていく数ヵ月間は、東日本大震災の時でもあり得なかった前代未聞の事態でした。その穴を埋めるために、プライムタイム帯にドラマの再放送が、傑作選と称して一斉に編成されたのも初めてでした。週間選曲リストでは、最も再登場楽曲の多い上半期となりました。

 6月最終週の段階でも、多くの 4月クールのドラマが最終回を迎えていません。中には、最近スタートしたばかりの4月クールドラマさえあります。テレビドラマのテーマ曲や劇伴音楽を高く評価してきた週間選曲リストとしては、まさにイレギュラーな 2020年上半期でした。その中から 18年間変わらないルールの選曲基準に従って、毎週の選曲を休まず継続しています。

 このブログの「解除の後に来る事態」に書きましたが、今週の段階で「新型肺炎」(COVID-19)への警戒モードは、完全に緩んでおり、自粛への飽きが全国で広がっています。第2波は 音も無く近づいているのです。今年後半のテレビ・ラジオは果たしてどうなるのか? 全く予断が許さない状況です。そんな異常事態の中で、週間選曲リストの上半期順位が作成されました。

 【1位 5週 登場22週】① 麒麟がくる テーマ音楽。 今年の上半期順位は、ルールの年間ランキング要項に基づき、対象期間(6ヵ月)内の週間選曲リストにおいて、選曲条件をクリアした楽曲 9曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2020 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 5)
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]

  2. 第 2 位 ( 5)
    Creepy Nuts「オトナ」
    テレビ東京・ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( 4)
    福原希己江“Pretty girl milking her cow”
    Netflix・オリジナルドラマ「深夜食堂 ~ Tokyo Stories Season 2」挿入歌

  4. 第 4 位 ( 2)
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( 3)
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス ~ 行動心理捜査官・楯岡絵麻」劇中効果音楽 [鈴木ヤスヨシ]


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。