FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第896回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「雲霧仁左衛門」テーマ音楽 [遠藤浩二]

  2. 第 2 位 ( △ )
    吉川晃司「焚き火」
    NBS フジ・特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」エンディングテーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス ~ 行動心理捜査官・楯岡絵麻」劇中効果音楽 [鈴木ヤスヨシ]

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「犯罪症候群」テーマ音楽[やまだ豊]
    ♪トラックタイトルは「復讐と正義」。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング


 2020年は 上半期が終了し、早くも折り返し点です。そこで『2020 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に 付記しました。この上半期順位は、12月 最終週に作成・公開する 年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。

 このブログでは、過去 18回に渡って上半期順位を公開しています。その 18回を振り返ると、選曲に大変苦労した上半期が 2度ありました。1度目は、2011年 東日本大震災があった上半期。2度目は、2020年「新型肺炎」(COVID-19)パンデミックがあった上半期です。そして今回が、週間選曲リストで最も選曲に苦労した上半期と言えるかも知れません。

 大河ドラマを始め 地上波テレビ局の新作ドラマが、緊急事態宣言による撮影未了で、次から次へと放送中断となっていく数ヵ月間は、東日本大震災の時でもあり得なかった前代未聞の事態でした。その穴を埋めるために、プライムタイム帯にドラマの再放送が、傑作選と称して一斉に編成されたのも初めてでした。週間選曲リストでは、最も再登場楽曲の多い上半期となりました。

 6月最終週の段階でも、多くの 4月クールのドラマが最終回を迎えていません。中には、最近スタートしたばかりの4月クールドラマさえあります。テレビドラマのテーマ曲や劇伴音楽を高く評価してきた週間選曲リストとしては、まさにイレギュラーな 2020年上半期でした。その中から 18年間変わらないルールの選曲基準に従って、毎週の選曲を休まず継続しています。

 このブログの「解除の後に来る事態」に書きましたが、今週の段階で「新型肺炎」(COVID-19)への警戒モードは、完全に緩んでおり、自粛への飽きが全国で広がっています。第2波は 音も無く近づいているのです。今年後半のテレビ・ラジオは果たしてどうなるのか? 全く予断が許さない状況です。そんな異常事態の中で、週間選曲リストの上半期順位が作成されました。

 【1位 5週 登場22週】① 麒麟がくる テーマ音楽。 今年の上半期順位は、ルールの年間ランキング要項に基づき、対象期間(6ヵ月)内の週間選曲リストにおいて、選曲条件をクリアした楽曲 9曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2020 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 5)
    NHK総合・大河ドラマ「麒麟がくる」テーマ音楽[ジョン・グラム]

  2. 第 2 位 ( 5)
    Creepy Nuts「オトナ」
    テレビ東京・ドラマ24「コタキ兄弟と四苦八苦」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( 4)
    福原希己江“Pretty girl milking her cow”
    Netflix・オリジナルドラマ「深夜食堂 ~ Tokyo Stories Season 2」挿入歌

  4. 第 4 位 ( 2)
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  5. 第 5 位 ( 3)
    テレビ東京・金曜8時のドラマ「サイレント・ヴォイス ~ 行動心理捜査官・楯岡絵麻」劇中効果音楽 [鈴木ヤスヨシ]


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。