FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第261回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    JONTE「道の先」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・報道番組「NHKニュース おはよう日本」テーマ音楽 [丸山和範]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    V6“way of life”
    NBS フジ・土曜ドラマ「SP 警視庁警備部警護課第四係」主題歌
    ♪1位 2週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング


 長野冬季オリンピックから、早いもので10年になります。

 この10年の間に街から五輪の装いは消え、今では市役所や競技場施設に五輪のエンブレムが垣間見えるだけです。

 私の家から歩いて10分ほどの近さにスピードスケート競技場だった「Mウェーブ」がありました。家から出て 3つ先の信号が五輪会場です(笑)。

 普段生活をしているエリアにオリンピックがやってきました。これは あまりに身近過ぎて意外と現実感が麻痺します。

 長野冬季五輪は全てがテレビ観戦でした。清水宏保 選手が金メダルを獲得した場所は、歩いて10分内の範囲なのに、まるで他国で開催される五輪の様な感覚でした。

 思い起こせば 1998年 2月 7日(土曜)午前11時01分から挙行された長野冬季五輪「開会式」の最中、近くの道路は車が殆ど走らず静まりかえっていました。

 開会式の中継を視た後 土曜の午後ですから、FM長野ではカウントダウン番組を放送しています。当時は まだ手書きで順位記録をしていました。

 “COUNTDOWN JAPAN”の後半で ちょっと興に乗り、静まり返っていた長野市内の様子を書いて、現住所も明記したFAXを スペイン坂スタジオに送りました。

 早かったです。送信後僅か数分で 松本ともこ アナ(当時)が 私のFAXを全国に読み上げました。

 チャート★ドランカーのラジオネームが、北海道から沖縄までJFNフルで流れた この時の録音テープは、私の長野冬季五輪 最大の記念アイテムになっています。ちなみに この日ランキングに初登場したのが、モーニング娘。のデビュー曲でした(笑)。

 五輪開催期間中は至る所に警察官が配置され、近くのスーパーへ行くのにも念のため身分証持参です。しかし、警備の警察官に「ご苦労様です」と挨拶をすると、笑顔で会釈をしてくれる どこか和やかな雰囲気がありました。

 そんな開催期間中のある日の事でした。私が近くのコンビニから買い物袋を下げてプラプラと歩いていた時、突然もの凄い風圧を背中に感じたのです。トラックでも歩道に飛び込んできたのかと思いました。

 「ウァッ!」と叫んた瞬間、大柄のユニフォーム姿の外国人が横から私を追い抜いたのです。私の叫び声に何か“sorry”と言った様でしたが、もの凄いスピードで一気に走り去っていきました。

 長野冬季五輪に出場していた ランニング中のスピードスケート選手だったと思います。あの背中に感じた衝撃的な風圧は 生涯忘れる事が出来ないでしょう。自分の何気ない普段の生活と、世界最高のアスリートが集まるオリンピックがクロスした一瞬でした。

 開催期間中に録画した沢山のテープを放送資料として保存していますが、なぜか この10年間 殆ど視直した事はありません。これもオリンピックが近過ぎた故なのでしょうか?

 しかし、自分の住む街でオリンピックが開催された日々の後には、その住人にしか味わえない感慨が生まれます。間もなく長野市を離れるにあたり 10年目の今日でも、その感慨が長野冬季五輪の佳き思い出となって褪せる事なく残っています。


(追記) 私のFAXが読まれた長野冬季五輪開会式当日の“COUNTDOWN JAPAN”の録音はデジタル化し、MP3ファイルで保存を続けています。

第262回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JONTE「道の先」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・報道番組「NHKニュース おはよう日本」テーマ音楽 [丸山和範]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    BENNIE K「モノクローム」
    TSB 日テレ・火曜ドラマ「貧乏男子 ~ ボンビーメン」主題歌
    ♪上品とは言えないタイトルバックだがラップ色よりも美しいハーモナイズが残る佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「恵みの雨」
    P&G社 テレビCMソング
    ♪1位 3週、登場15週。


 好きな味噌ラーメンに餃子を付けるのは 私の注文パターンなのですが、すっかり遠のいてしまいました。これは どう見ても過失ではなく故意の疑いがあります。

 一連の冷凍餃子などへの農薬混入は、悪質な毒物混入事件の様相を呈しています。食の安全を確保する意味でも、生産コストの安い中国産に頼り切る姿勢から営利企業は、そろそろ脱却したほうが良いと思うのです。

 私は自他共に認める FM長野(79・7MHz)リスナーですが、先日 短波ラジオで久しぶりに近隣国の日本語国際放送を聴いてみました。

 「平壌放送」と言われる北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の朝鮮の声放送(9・650MHz)は、数年前に聴いた頃より さらに反日的なプロパガンダが放送を覆い聴くに堪えません。

 番組予告での放送時間を、日本時間ではなく平壌時間で紹介している点にも、北朝鮮の頑なさが投影されている様でした。日本と北朝鮮は時差がありませんし、日本向けの日本語放送なのですから、リスナーの混乱を避ける意味でも、当然 日本時間と紹介すべきだと思いますが 実に自己中心的です。

 一方の中国(中華人民共和国)「北京放送」(7・190MHz)は、五輪を控え すっかり垢抜けていて、番組紹介のスポットのあたりに国内民放の様なコマーシャリズムを感じてしまいました(笑)。

 私が小学生の頃、亡き父から買ってもらった短波ラジオで初めて北京放送を聴きました。当時は冒頭の放送開始アナウンスから「日本の同志の皆さん こんにちは。こちらは北京放送局です。」と、父が聴くなと怒るくらい(笑)コミュニズムに走った内容でした。

 しかし、既に証券取引所もある この国の政治形態が、なぜ未だコミュニズムに、こだわるのでしょうか? 数千年に及ぶ王朝興亡の歴史から、権力構造崩壊の底知れぬ恐怖が そうさせるのかも知れません。

 以上の2局は受信できましたが、もう1局 聴きたかった短波放送局は聴こえませんでした。北朝鮮で暮らす特定失踪者に向けて毎日放送している短波放送「しおかぜ」です。

 日本の放送史にも残るであろう この短波放送は、開始アナウンスで まず特定失踪者全員の名前を読み上げています。特定失踪者への監視は厳しく、短波ラジオの所有が禁止されているはずです。

 それでも北朝鮮国内で こっそり聴いていた人から、噂となって特定失踪者の耳に救出を念願している肉親の声が届く。そんな藁にもすがる方法論で、毎日朝鮮語・中国語も含み放送を続けています。

 ですが北朝鮮からはジャミングと呼ばれる妨害電波が発信され「しおかぜ」の放送を潰しているのです。私が受信できなかったのも そのせいだと思われます。

 「しおかぜ」も不定期に周波数を変えて放送している様です。インターネットで公開するのは妨害電波発信の資料にされる恐れがあるそうで、このブログでも周波数は紹介しません。

 どうか短波放送「しおかぜ」が 北朝鮮で暮らす特定失踪者の耳に僅かでも届く様、心から祈っています。


(追記) 2010年 3月に、毒入り餃子事件の犯人として、製造元会社の臨時職員が中国公安当局に逮捕されました。 2015年 8月には、北朝鮮は日本との時差を 30分遅れと設定しました。

第263回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JONTE「道の先」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    BENNIE K「モノクローム」
    TSB 日テレ・火曜ドラマ「貧乏男子 ~ ボンビーメン」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    the brilliant green“Ash Like Snow”
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム00」オープニング テーマ
    ♪疾走しながら可変するドライブ感が抜群な佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・報道番組「NHKニュース おはよう日本」テーマ音楽 [丸山和範]


 先日 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の深夜トーク番組「アメトーーク」で「男はつらいよ」の特集をやっていました。

 その中で 寅さんの名言を紹介するコーナーがあり「長い人生の中で問題にぶち当たった時、学問のない者は直感で対応するが、学問のある者は筋道を立てて考える」この寅さんの見事な台詞を聴いて大学進学を考えたと、お笑いコンビ・ペナルティのヒデは話していました。

 寅さんは あの様に見えて(笑)時々 極めて論理的な事を言います。この言葉を最近の倖田來未 さんの騒動で また思い出したのです。

 私は、相当前から倖田來未 さんの音楽性を認めてきました。この週間選曲リストは 2003年開始ですが、それ以前の準備資料として作成していた「試行研究順位」において、倖田來未さんの“Love across the ocean”や“m・a・z・e”をリストインさせています。まだブレイクする前の段階です。

 ただ前々から気になっていた点がありました。ラジオ番組のインタビューなどで、恋愛と音楽だけの狭い興味の中、直感的に踏み込んだ話し方をしていたのです。

 8日 午前1時から5分間オンエアーされた放送法 第4条に基づく訂正放送を、ネットしている地元AMラジオ局で聴きました。

 「35才過ぎると羊水が腐る」という発言自体、放送法上の訂正放送が必要だったのか少し疑問です。同じ放送法上の措置なら、放送番組審議会の勧告または改善見解を出せば済んだ様な気もします。

 実は 私の事なのです(笑)。私の母は 36才の高年初産で、私が胎児の時「羊水混濁」を起こし「妊娠中毒症」も発症。臨月には母子ともに危険な状態だったのだそうです。全く身に覚えがありませんが(笑)。

 その時ちょうど病院に帝王切開の名医が来院しました。緊急の診察の後「明日は祭日ですし、なんなら今 切っちゃいましょうか?」と言われ、その日の夕方、あっという間に帝王切開して生まれてきたのが この私だそうです。ですから 私の出産日時は、4月28日の午後4時43分と保管している母子手帳に記載されています。

 その母子手帳には 羊水混濁や妊娠中毒症発症の特記が並んでいます。そして この出生日時を境として通常の新生児記載に変わります。一応この年まで生きてきました(笑)。

 父は帝王切開した この医師を神様の如く敬服。恩義に報いるため母子手帳を永久保存しろと、小さい頃から私に厳命してきました(笑)。

 倖田來未 さんの今回の騒動は、羊水混濁を起こした張本人として(笑)かなり気になるのです。寅さんの名言ではありませんが、倖田來未さんも もう少し筋道を立ててトークすれば 別に問題なかったと思います。

 あのオールナイトニッポンは、前日録音だと訂正放送で説明していました。甘かった制作サイドのチェックが最大の原因だと断言できます。

 やたら煽ったり中身がない事を膨らませて話すラジオ パーソナリティを まだ散見しますが、ある日 突然今回の様なXデーが やってくるとも限りません。それを事前に回避させる事が、ラジオ局の大切な責務の ひとつなのです。

 既に父母共に他界してますが、この母子手帳は やはり今回の引越しの際に持っていこうと思っています。

第264回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JONTE「道の先」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    the brilliant green“Ash Like Snow”
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム00」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    BENNIE K「モノクローム」
    TSB 日テレ・火曜ドラマ「貧乏男子 ~ ボンビーメン」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    暮部拓哉“HANA”
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲
    ♪フラットな旋律だがヴォーカルの技巧に高い域を感じさせる佳曲。


 今回の米大統領選挙は、予備選の段階から激戦です。

 共和党は、穏健派のマケイン 候補(71才)が ほぼ全国党大会の指名を確実にしました。しかし 一方の民主党は、黒人候補のオバマ 候補(46才)と女性候補のヒラリー・クリントン 候補(60才)が 激しいデットヒートを繰り広げています。

 米大統領選は間接選挙です。一般投票で各州の人口で割り振られた選挙人を選出。その選挙人の投票で大統領を選ぶのが本筋です。

 噛み砕いて音楽チャート的に説明すると(笑)2州ほど例外はあるものの 各州の人口で決められた「持ち点」を、その州での勝者つまり第1位の得票を獲得した候補が総取りで獲得。その総合得点の全米集計で 過半数を獲得した候補が大統領になれるという仕組みです。

 合衆国という連合国家の特性と、一般投票よりも結果の数値差は拡大し最高権力者の選出に紛争が発生しないという理論から、この間接選挙の制度を続けています。

 しかし、ここ2回 間接選挙の制度が危機にさらされました。

 特に8年前 一般投票の総「得票」と選挙人獲得数の総「得点」に異なる結果が出てしまい、世界の放送史上初めて「開票速報番組」がシステム崩壊してしまう大失態を 米マスコミは経験しています。

 されど制度は変わる事なく、共和党の予備選もこの総取り方式を採用。一方 民主党の予備選に関しては、総取りでなく持ち点(党大会代議員)を比例配分にする方式にしています。

 ところが今回の様な激戦ですと やはり差がつきません。当初の間接選挙の制度理論が、また息を吹き返したのですから ややこしい限りです(笑)。

 下馬評で有利だったヒラリー・クリントン 候補は、支持者を前にした集会で思わず涙を見せるなど、オバマ 候補の猛追に劣勢を感じ始めています。

 アメリカ合衆国とロシア連邦共和国の大統領が「核のボタン」を管理している事は周知の通りです。野心的人物より人生経験が豊かで高潔な大統領のほうが、同盟国の一(いち)国民としては安心できます(笑)。

 ファーストレディから自ら大統領を目指した、強い権力指向を持つヒラリー・クリントン 候補の あの涙は、初めて覆ってきた先行きの暗雲を察知して流した様に見えました。

 大統領を目指す者の涙は、もっと志(こころざし)の大きさを示す時に流すべきだと思うのです。英国のサッチャー 元首相や暗殺されたパキスタンのブット 元首相にはない、挫折知らずのエリートが持つ脆さを感じます。

 まあ大統領になってから挫折したブッシュ 大統領も如何なものかと思いますが(笑)賢いエリートは人格高潔なトップを支える地位にあるのが理想的だなと、ヒラリー・クリントン 候補の涙を見て思ってしまいました。


(追記) 6月 4日、オバマ 候補の民主党指名が確実になりました。

 【獲得代議員数:オバマ 候補 2132 ヒラリー・クリントン 候補 1925 】

第265回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    the brilliant green“Ash Like Snow”
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム00」オープニング テーマ
    ♪ブリティッシュロック並みの疾走感に加えてサビ前で転調し変速するのが絶妙。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    JONTE「道の先」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    暮部拓哉“HANA”
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    BENNIE K「モノクローム」
    TSB 日テレ・火曜ドラマ「貧乏男子 ~ ボンビーメン」主題歌


 今日「週間選曲リスト」の日付は 2月29日「うるう日」です。

 このブログは、開始以来 毎週金曜日に更新しています。金曜日以外の日付がありません。すると次の「2月29日」の週間選曲リストは 何年後になるのでしょうか? なんと 28年後の 2036年だそうです。

 つまり閏日の「週間選曲リスト」「週間放送視聴日記」は 週一(いち)金曜更新にこだわる限り めったに回ってきません(笑)。

 音楽チャートマニアは、自分がつけている記録に必ず日付を付記します。電子記録になっても日付を打つ事は不可欠です。

 遠い昔を思い起こせば、HBC北海道放送の人気番組「ベストテンほっかいどう」の記録の時「2月29日」と書いた記憶があります。この番組は 毎日オンエアーしていました。

 数多く存在する個人ブログの中には、毎週自分でヒットチャートを作成発表している方が いらっしゃいます。しかし、その方の居住地をみると東京エリアの方が ほとんどです。私も小学生の頃、音楽チャートは毎週発表するものだと思っていました。

 しかし、中学1年の時 このベストテン ほっかいどう と出会い、音楽チャート番組に対する考え方が革命的に変わりました。家に比較的性能の良いラジオ受信機があったのが幸運だったのだと思います。

 道内のレコード売上げ、有線放送、番組への はがきリクエストを「毎日」集計。さらにオンエアー中 受け付けている電話リクエストの変動する順位も加味した総合ランキングを「毎日」発表するシステムは、日本中の放送局で類例がなく全く独創的なラジオチャート番組でした。

 さらに当時の北海道は、全国に先駆けたヒット曲を多く輩出していたのです。レコード1位、有線1位、はがき4位、テレフォン3位、トータル550ポイント。ふきのとう「白い冬」第1位!とのコールの後 フルコーラスで流れた地元フォークデュオのデビュー曲の美しさは、今でも忘れる事ができません。

 この番組では人気歌手の新曲に媚る事なく、多くの美しい曲が総合1位をマークしていきました。

 松山千春のデビュー曲「旅立ち」ハイファイセット「フィーリング」と全国集計にはない北海道独自の総合1位を打ち続けます。圧巻だったのは洋楽のビリー・ジョエル「ストレンジャー」が 並み居る邦楽を押さえて総合1位になった事です。

 毎日ヒットチャートをリアルタイムで作成・放送していく番組では、リクエストするリスナーの音楽感性も磨かれていく事を証明していました。

 前述の自主チャートを作る行為は、集計の手法で自分の音楽感性と合致した理想的な順位を見つけ出す事に他なりません。私は、この「ベストテンほっかいどう」で美しい楽曲が1位になるヒットチャート番組を経験出来ました。

 リスナーでもラジオの仕事をする方でも、システムナイズされた素晴らしいラジオ番組を聴取した経験の有無は、大きな感性の差となって後々残るのだと思います。

 うるう日の今日、この「ベストテンほっかいどう」という番組を思い出した次第です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2008年2月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。