FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第264回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    JONTE「道の先」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「新・京都迷宮案内」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    the brilliant green“Ash Like Snow”
    SBC MBS・アニメ「機動戦士ガンダム00」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    BENNIE K「モノクローム」
    TSB 日テレ・火曜ドラマ「貧乏男子 ~ ボンビーメン」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「篤姫」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    暮部拓哉“HANA”
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲
    ♪フラットな旋律だがヴォーカルの技巧に高い域を感じさせる佳曲。


 今回の米大統領選挙は、予備選の段階から激戦です。

 共和党は、穏健派のマケイン 候補(71才)が ほぼ全国党大会の指名を確実にしました。しかし 一方の民主党は、黒人候補のオバマ 候補(46才)と女性候補のヒラリー・クリントン 候補(60才)が 激しいデットヒートを繰り広げています。

 米大統領選は間接選挙です。一般投票で各州の人口で割り振られた選挙人を選出。その選挙人の投票で大統領を選ぶのが本筋です。

 噛み砕いて音楽チャート的に説明すると(笑)2州ほど例外はあるものの 各州の人口で決められた「持ち点」を、その州での勝者つまり第1位の得票を獲得した候補が総取りで獲得。その総合得点の全米集計で 過半数を獲得した候補が大統領になれるという仕組みです。

 合衆国という連合国家の特性と、一般投票よりも結果の数値差は拡大し最高権力者の選出に紛争が発生しないという理論から、この間接選挙の制度を続けています。

 しかし、ここ2回 間接選挙の制度が危機にさらされました。

 特に8年前 一般投票の総「得票」と選挙人獲得数の総「得点」に異なる結果が出てしまい、世界の放送史上初めて「開票速報番組」がシステム崩壊してしまう大失態を 米マスコミは経験しています。

 されど制度は変わる事なく、共和党の予備選もこの総取り方式を採用。一方 民主党の予備選に関しては、総取りでなく持ち点(党大会代議員)を比例配分にする方式にしています。

 ところが今回の様な激戦ですと やはり差がつきません。当初の間接選挙の制度理論が、また息を吹き返したのですから ややこしい限りです(笑)。

 下馬評で有利だったヒラリー・クリントン 候補は、支持者を前にした集会で思わず涙を見せるなど、オバマ 候補の猛追に劣勢を感じ始めています。

 アメリカ合衆国とロシア連邦共和国の大統領が「核のボタン」を管理している事は周知の通りです。野心的人物より人生経験が豊かで高潔な大統領のほうが、同盟国の一(いち)国民としては安心できます(笑)。

 ファーストレディから自ら大統領を目指した、強い権力指向を持つヒラリー・クリントン 候補の あの涙は、初めて覆ってきた先行きの暗雲を察知して流した様に見えました。

 大統領を目指す者の涙は、もっと志(こころざし)の大きさを示す時に流すべきだと思うのです。英国のサッチャー 元首相や暗殺されたパキスタンのブット 元首相にはない、挫折知らずのエリートが持つ脆さを感じます。

 まあ大統領になってから挫折したブッシュ 大統領も如何なものかと思いますが(笑)賢いエリートは人格高潔なトップを支える地位にあるのが理想的だなと、ヒラリー・クリントン 候補の涙を見て思ってしまいました。


(追記) 6月 4日、オバマ 候補の民主党指名が確実になりました。

 【獲得代議員数:オバマ 候補 2132 ヒラリー・クリントン 候補 1925 】


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年02月22日 の週間選曲リストと『 2008年 米大統領予備選挙 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。