FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第718回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  2. 第 2 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]

  3. 第 3 位 ( △ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「山女日記 ~ 女たちは頂を目指して」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [窪田ミナ]
    ♪1位 1週、登場 5週。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    Nicolette Larson“Lotta Love”
    ♪和声感抜群な1978年の全米ヒット曲。ネット経由によりBBC RADIO2で聴く。


 明けまして おめでとう ございます。2017年(平成29年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。

 12月29日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、RADWIMPS「前前前世」(推定得点:273) 。「コスモ ポップス ベスト10」年間第1位は、Bruno Mars“24K MAGIC” (推定得点:107) が それぞれ獲得しました。

 30日の「第58回 日本レコード大賞」は、西野カナ「あなたの好きなところ」が受賞。ビデオリサーチ社集計の関東地区世帯視聴率(リアルタイム)は 14・5%でした。

 “COUNTDOWN JAPAN”年間チャートの20位までに、3年連続でレコ大受賞作品が入っていません。とにかくレコード大賞には昨年買収疑惑の週刊誌報道があり、いつもの(笑)下馬評通りにはならず、次の下馬評だった(笑)第49回 日本有線大賞歌手がスライドして受賞しています。

 大晦日 放送「第67回 NHK紅白歌合戦」(1部 35・1%・2部 40・2%)は、2年連続 紅組が優勝しました。

 【最終審査結果:紅組 9 白組 6】

 なんと視聴者審査は、歌手の対戦毎に投票を受け付け、総計で673万を超える投票を集めたにも係わらず、またもやボール投げと麻布大学野鳥研究部が復活(笑)。全く均衡のとれない審査となりました。

 視聴者審査は 紅組 252万7724(37・5%)白組 420万3679(62・5%)。会場審査は 紅組 870(40・5%)白組 1274(59・5%)と白組優勢でしたが、視聴者審査と会場審査にはボール 2個(笑)ずつしか与えられず、11名の審査員からボール 9個を集めた紅組の勝ちとなりました。

 視聴者と会場審査結果で敗けている事を悟っていた紅組司会の有村架純 は、ボール投げで決まった優勝を理解できない様子でした。全体的に懲り過ぎの企画が連発し、私が楽しみにしていた11時45分ジャストの「映像落差」もタモリらの過剰演出のせいで 落差が発生しませんでした(笑)。

 ただ凝り過ぎの企画の中で強く興味を引いたのは、意外にも(笑)AKB48の紅白選抜 16名の発表シーンでした。総合司会の武田真一 アナは、21世紀のミスターNHKと言っても過言ではない技量抜群の職員アナウンサーです。その武田 アナがピコ太郎の物真似をしたのには絶句しましたが(笑)意外にも音感がありました。

 その武田 アナによるランキング発表直前のシャウト アナウンスが、まさか紅白で聴けるとは思ってみませんでした。何十年に渡りチャート番組を視聴してきた経験からも、武田真一 アナのシャウト アナウンスは、かつてのザ・ベストテン・久米宏 アナを凌駕するほど鮮やかなものでした。

 例えそれがAKB48にしろ(笑)紅白歌合戦でランキング発表の劇的効果シーンが視聴出来た事には、音楽チャートマニアとして強く興味を引かれました。

 正月2日・3日の「第93回 箱根駅伝」は、青山学院大が総合3連覇で完全優勝しました。視聴率は 往路 27・2%、復路 28・4%をマークしています。

 さて年頭日記恒例の経済「星取表」。昨年大納会の日経平均株価終値は 1万9114円37銭と、1年間で 80円66銭「上昇」しました。

 【日本経済星取表:(2003年 大納会)『 ○ ○ ○ ● ● ○ ● ● ○ ○ ○ ○ ○ 』(2016年 大納会)】

 直近12年間の計算による、2017年 年頭のサイコロジカル ラインは、66・6% (8勝4敗)。星取表も 5連勝となっています。

 28日に私が以前住んでいた茨城県北部で震度6弱の激しい地震がありましたが、特に大きな被害はありませんでした。大晦日から三が日にかけて松本市では、積雪もなく晴れ渡り穏やかな新年を迎えています。

 トランプ 米国大統領の就任やワールド・ベースボール・クラシック(WBC)がある 2017年。今年は果たして どの様な1年になるのでしょうか?

 ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー【FM長野リスナー】BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。

第719回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  3. 第 3 位 ( △ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング
    ♪E.Pf. から醸し出す和声が群を抜いている佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    手嶌葵「赤い糸」
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「女の中にいる他人」主題歌
    ♪音程を探る様なヴォーカルだが調性は静的に整っている佳曲。


 地元のCATVに加入して9年目になります。CATVの普及率は 一定レベルに達していると思うのですが、近所を見回してもパラボラアンテナを出して、BS・CSの直接受信をする家屋が少なくありません。

 我が家がCATVを選択している理由として、まず豪雨や大雪の時のBS・CS放送の受信状態が極力キープされる事が挙げられます。そしてテレビ東京が視られるのも大きな理由のひとつです。CATVのネットサービスを利用すれば、月々の費用もリーズナブルになります。

 CATVが断線する様な大災害も考えられますが、今では携帯端末でワンセグを直接受信出来ますので大きな障害にはなりません。但し地元のCATVではラジオ放送の再送信も行っていますが、FMしか聴かず音質を求める私としては、ご承知の通りベランダにFM屋外アンテナを出して直接受信をしています。

 CATVにはホームターミナルがあり、リモコンも付属しています。リモコンは どこのテレビでも同じく、昔から変わらない12キーが付いており、地上波・BS・CS毎に1チャンネルから12チャンネルまでお好みで設定出来ます。

 地上波の場合 デジタル放送移行後に、物理チャンネルナンバーと連動したリモコンキーIDが付いています。テレビ東京の場合は 7チャンネルですが、どうしても馴染めません(笑)。茨城で住んでいた子供の頃からテレビ東京は、東京12チャンネル(笑)つまりリモコンナンバーは 12なのです。

 そこで我が家のテレビリモコンは、未だにアナログ時代のチャンネル設定のままにしてあります。地上波はNHK総合がもちろん 1。NHK Eテレ(教育テレビ)は 3、日テレ系のTSBテレビ信州は 4、TBS系のSBC信越放送は 6、フジ系のNBS長野放送は 8、テレ朝系のabn長野朝日放送は 10。そしてテレビ東京が 12です。

 地上波は デジタルになってからマルチ編成が可能になりました。各局ともサブチャンネルが存在しますが、レギュラーで実際放送してるのはNHKの2局だけです。

 この現状から追加としてNHK総合のサブチャンネル(012ch)を 2。NHK Eテレのサブチャンネル(022ch)は 5に設定。残りの空きチャンネルは、ひとつ手前のチャンネルと同じにしてあります。これで子供の頃から刷り込まれたチャンネルナンバーの通り、直感的にリモコンが操作出来ます。

 BSの場合も地上波に準拠しています。1がNHK BS1、3はNHK BSプレミアム。4から6、8、10と地上波と同系列のBS局を設定してあります。

 但し 12にはBS12 トゥエルビがありますので、BS JAPANは 7のまま。Dlifeは 9。そして意外に視る機会があり松本市ピンポイントに地域設定が出来て役に立つ、NHK BSデータ放送の気象情報チャンネルは 2、同じくニュースチャンネルは 5に設定。残りの局はチャンネルスキップにしてあります。

 CSのチャンネルスキップとなると半分以上に及び、ラジオは Tivoli Audio Model Oneによる、FM長野・NHK―FMのダイヤル往復運動だけで事足ります(笑)。子供の頃から刷り込まれたテレビチャンネル設定を維持していると 妙に落ち着くのです。

 多チャンネルのCATVと言っても、日常視聴している局は自然に限られてきます。視たいチャンネルをすぐ選択出来るリモコン設定は、多局化が進めば進むほど極めて大切な事なのです。

第720回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]
    ♪14日放送ではテーマ音楽にヴォーカルが付いている。

  2. 第 2 位 ( △ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    手嶌葵「赤い糸」
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「女の中にいる他人」主題歌


 昨年夏、NHKによる空前のスクープから始まった天皇陛下の生前退位の流れですが、安倍 首相の私的諮問機関である「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の論点整理 発表を前に、政府筋から方針が漏れ始めています。

 11日の中日新聞朝刊には1面で「2019年元日で改元」との大見出し。また13日には秋篠宮 殿下を皇太子待遇とするとの驚く様な見出しが打たれています。

 国権の最高機関である国会が、天皇陛下の退位を可能にする特別法を制定し、社会に混乱を来さない様に、新年元日を以て新天皇が即位・改元とする考えの様です。この政府筋からの情報通りだとすると、平成は30年で終わりと言う事になります。

 但しこの元日 即位・改元案には、17日の宮内庁次長の記者会見で、元日に集中する宮中祭祀の関係から難色を示されており、次策として平成30年の天皇誕生日(2018年12月23日)に即位・改元する案も浮上しています。

 このブログでも平成の玉音放送の際に、天皇陛下の生前退位は、現行憲法に抵触する可能性があると書きました。その後、多数の学者・研究者から同様の指摘がされ、天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議のヒアリングでは、約半数にのぼる反対・慎重意見が述べられています。

 私は生前退位を特別立法で定める事自体「皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。」との憲法 第2条に抵触すると すぐ思ったのですが、特別立法の存在理由を皇室典範の附則に加えてリンクしてしまう、いかにも内閣法制局サイドのアイデアらしい便法で切り抜けるのだそうです。

 退位した天皇陛下は「上皇」と称し、秋篠宮 殿下は「皇太弟」とする案も出てきてる様ですが、上皇といえば 中世院政が罷り通った歴史、そして皇太弟と言う語彙には、壬申の乱や保元の乱をどうしても思い浮かべてしまいます。

 今回の生前退位の流れから元号制度の存否や天皇制の議論を見聞きすると、その論者が自分が生まれ育ったこの国の伝統や文化に対して、どの様な軽重を心底に有しているのか露呈している事に気付きます。

 私は天皇制に関して、時代の要請だけで軽々にそのシステムに手を加えてはならないと考えています。しかし、今上天皇陛下の純粋なお気持ちは何よりも尊重すべきです。

 そして私の心底には(笑)もし元日が退位・即位の瞬間となれば、2019年大晦日の「ゆく年くる年」は どの様な番組になるのか? と、沸々と興味が湧いてきてしまいます(笑)。

 大晦日から元旦にかけての特番で例外中の例外だったのは、1999年から2000年にかけての ゆく年くる年で、世界中のコンピュータが誤作動する懸念があった2000年問題と1000年に1度のミレミアムが重なり合い、ゆく年くる年が まるで報道特別番組の様だった事を覚えています。

 雅子 妃殿下のご病状や 悠仁 親王殿下の皇位継承順位にも注視しながら、天皇制への根幹の考えと、皇位継承の瞬間に 日本のラジオ・テレビ放送は どうなるのかという興味が混じり合い、具体的に進んできた天皇陛下の生前退位の流れの中で、私は思いを巡らしています。


 このブログのカウンター(ページビュー)が、15日に 36万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとうございます。


(追記) 週間放送視聴日記(2017年 6月 2日)に、退位特例法を読み解くを掲載しました。

第721回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NBS 東海テレビ・オトナの土ドラ「リテイク ~ 時をかける想い」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [末廣健一郎・Brian Shore]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    松任谷由実“AVALON”
    JRA 日本中央競馬会 テレビCMソング
    ♪アルバム「宇宙図書館」に収録されている。

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・外国テレビドラマ「ダウントン・アビー ~ 華麗なる英国貴族の館」テーマ音楽 [John Lunn]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    BS JAPAN・火曜スペシャル「人形佐七捕物帳」劇中効果音楽 [ROSE MATRIX]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    手嶌葵「赤い糸」
    NHK BSプレミアム・プレミアムドラマ「女の中にいる他人」主題歌


 8年前と同じでした。年末あたりからコンコン乾いた咳をする様になり、正月から咳込む事が多くなってきました。前回と同じく平熱で寒気などの流感の症状は全くなし。咳だけが出ます。

 また気管支炎か? と思い病院を受診しました。今回はお世話になった歯科センターのある病院にしようと予約の電話をかけると、内科関係の新患は予約無しで 朝から夕方まで随時受け付けるとの事。歯科の時もこれで助かりました(笑)。

 受付を済ませ内科フロアに行くと、いかにも風邪という人が沢山います。そこで検温と血圧を測定すると、やはり平熱で正常でした。ところが診察を受けると、まず胸部レントゲンを撮ってください と担当医の先生に指示されたのです。

 これは大変だと思いながらレントゲン撮影をしました。30分ほど待って診察再開です。そこで開口一番レントゲンには異常なしと言われました。ホッとしながら問診を受けた結果、寒冷がきっかけの「咳喘息」との診断でした。

 今までの受診歴を説明して、内服薬が余り効かなかった事と 昼間眠くなるのは困ると訴えた結果、処方されたのは アドエア250ディスカス60 という吸入薬でした。

 処方箋を出した薬局で薬を受け取ると、なにか巻尺スケールの様な(笑)不思議な形状です。吸入の仕方について詳しく説明を受け、帰宅後さっそく 1回目の吸入をしてみました。

 なんとケースにはカウンターが付いており、残り回数がカウントダウンされます(笑)。思い切り吸った後は数秒息を止め、呼吸のリズムを戻した後 口内に残った薬を うがいで吐き出します。案の定 ステロイド剤でした。

 1日2回 約12時間起きに吸入します。ステロイドと言っても吸入で直接患部へ届くから微量なのだそうです。使用して約 10日経過し、カウンターは 20ほど減りました。当初は今までの内服薬同様に全く効いた感じがありませんでしたが、10日ほど経過して 咳を忘れている時間が少しずつ長くなってきた事に気付きました。

 前回の気管支炎の時も、春めいてきたあたりから、一気に咳が遠のき楽になりました。そんな春が人為的に(笑)少しずつやってきた感じです。

 寒冷による咳喘息とは気管支炎より軽いのかな? と、色々と考えたりするのですが、薬剤師さんの説明によると、咳が軽くなっても薬の吸入は続けたほうがいいとの事でした。初めて処方してもらった このカウンター付きの吸入薬。カウンターがゼロになるまで、1日2回の吸入を続けてみたいと思っています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2017年1月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。