FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第27回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Michelle Branch“Are You Happy Now?”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌
    ♪スーパー時代劇の実験的テーマ曲は洋楽旋律と和声。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    TSB YTV・ドラマ「伝説のマダム」劇中効果音楽 [中村竜哉]
    ♪1位 1週、登場10週。


 FM長野アナウンサーの中で、最も声質が優れている方を挙げるならば、それは 坂井一正 アナウンサーです。FM長野に新卒入社直後から、長年「サタデーときめきステーション」で、声優・日高のり子 さんのお相手役や“J POP CROSSROAD”そして「パストラル・アメニティ」など人気番組を担当し、FM長野の社員アナウンサーとして活躍していました。

 同僚の樋口有紀 アナウンサーと結婚した時を境に、生ワイドから遠ざかり始め、今年 5月にFM長野 営業部課長(開発チーム兼務)に異動して以降、マイクの前から離れてしまいました。それでもまだ CMや、一部FM長野ニュースのタイトルコールなどに、坂井 アナの声がFM長野から流れて来る事はあります。

 長年のFM長野リスナーの方には、ご理解できると思います。坂井一正 アナは、リスナーに対して常に誠意に溢れ、最も信頼できる社員アナウンサーです。坂井一正 アナが、パーソナリティだった番組や係わった番組は、今まで知り得たFM長野やSBCの番組、さらに在京局の番組などのエッセンスを上手く吸収し、全力で担当・制作していました。

 坂井一正 アナの様な優れたアナウンサーが、マイクの前から離れている状態を続けるのは、FM長野にとって いかがなものでしょうか? 坂井一正 アナが どんどん出世されて、FM長野の指導的立場となられることは、FM長野の将来にとって意義のある事なのかも知れませんが、それ以上にマイクの前へ戻られる事は、適材適所でFM長野の大きな利益となると思います。

 ぜひとも坂井 アナには、FM石川の木村雅幸 アナの様に、FM長野のマイクから離れない様にしてもらいたいものです。確実に到来しつつある少子高齢化社会では、総ての世代が楽しめるFMラジオ放送にこそ、番組編成の未来天気図があります。ラジオに独創性を取り戻す意味でも、心から坂井一正 氏のFM長野アナウンサー復帰を待望しているのです。


(追記) 2012年 9月現在、坂井一正 アナウンサーは、FM長野・長野支社長となられています。

(追記) FM長野に関する週間放送視聴日記のリンクを集めてみました。FM長野リスナーとして気づいた事や気持ちが まとめてあります。
 長野エフエム放送 沿革
 FM長野・松本本社の意義
 新しいチャート番組の形
 音楽チャートの真理
 FM長野ニュース考察
 タイムテ―プルについて
 人口動態とリスナー層
 オーディエンス・セグメント編成
 送信解析 FM長野
 他にも週間放送視聴日記には、FM長野に関する内容が数多くあります。機会がありましたら、ご一読頂ければ幸いです。

第28回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪懐古的で優しい旋律 と 和声を有したインストゥルメンタルの劇伴。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Michelle Branch“Are You Happy Now?”

  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪懐古的で優しい旋律と和声を有したインストゥルメンタルの劇伴。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Michelle Branch“Are You Happy Now?”


 過去 FM長野でも最も人気が集まり、スポンサーも集まったのは、帯のリクエスト番組でした。やはりリクエスト番組は、FMラジオ放送における人気番組の王道です。開局から 10年程度は、私も自分が気に入ったFM長野の番組に、積極的にリクエストで参加していました。他局へは決して手を出しません(笑)。それだけ優れた自社制作番組が、FM長野にありました。

 最近でもFM長野の応援している番組に、リクエストする事はありますが、以前ほどの積極さは 薄らいできています。リクエストの原則とは、音楽ラジオ放送として優れた番組へ、今 オンエアーされ易い曲ではなく、純粋に今 聴きたい曲を選曲してリクエストしていました。その考え方は「週間選曲リスト」の選曲と共通するものがあります。

 私の長いラジオリスナー歴から言い切れますが、気持ちの醒めた番組のほとんどは、その後 短命な傾向です(笑)。元々ラジオ投稿は、本名使用が筋だと思います。しかし今では、個人情報保護の観点からも、ラジオネームの使用は 仕方のない事です。私は、ラジオネームを複数使用せず、本名投稿と同程度 ラジオネームへ人格を持たせています。

 しかし、この様な従来の投稿参加・受付のシステムが、変わらず続いていくとは 考えていません。あくまでも旧態なリスナー参加の手法です。ラジオ番組へメール や 葉書で投稿する従来の方法ではなく、リスナー自身が インターネットを通じて発信していく形態が、将来のリスナー参加の主流となる可能性があります。

 一気に普及したインターネットを始めとする通信の双方向とは、発信すれば必ず着信する、採用や没の中間判断がない完全な双方向なのです。リスナー参加も、本来この様な完全な双方向こそ理想です。インターネットでリスナー自ら発信する新しい形態が、FM長野を始め 全国のラジオ局へ徐々に普及していく事を、一(いち)リスナーとして見守れればと願っています。

 FM長野 自社制作番組のレビューは、これからも「週間放送視聴日記」として紹介する機会があると思いますので、お読み頂ければ幸いです。


(追記) 新しいリスナー参加の形について、週間放送視聴日記(2005年10月14日)“ALPICO Chao×Chao Cafe”で考察しています。

第29回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・金曜時代劇「茂七の事件簿3 ふしぎ草紙」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]
    ♪心底に染みていく和声を感じさせる時代劇テーマ音楽。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・木曜ドラマ「菊次郎 と さき」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]


 約 300本保管しているテレビ録画テープの整理は、まだ続いています(笑)。ラベルを貼っていないテープは、再生しないと解りません。そして再生すると、往年のテレビ番組に見入ってしまいます(笑)。これでは なかなか進みません。そんな整理作業のさなか「連続テレビ小説」のナイトバージョン「ドラマ新銀河」の録画テープが出てきました。

 NHK大阪(BK)制作のドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」(1994年10月 ~ 11月 全 16回 本放送)を覚えている方は少ないはずです。バブル崩壊で就職難になった女子大 4年生の吉野桃子(裕木奈江)と、桃子が夏休みのゼミの合宿中に知り合った、父が海難で行方不明の漁師・海野浩(榊原利彦)の、和歌山県 串本・那智勝浦を舞台とした恋愛ストーリーです。

 この連続ドラマは、堀井勝美が制作した劇伴音楽が 本当に素晴らしい です。実に素晴らしい和声な美しいテーマ音楽が流れる、串本・那智勝浦のタイトルバックも秀逸です。また ひとつ ひとつの劇伴も、ドラマストーリーや背景に見事マッチしています。視聴していて、かつてのNHK少年ドラマシリーズ「つぶやき岩の秘密」の劇伴音楽を想起してしまうほどでした。

 脇の配役も実に凝っています。優柔不断で兄の いいなり となり、ゼミ生である桃子にプロポーズまでしてしまう鳥山 助教授に、まだ新進俳優だった阿部寛。那智の神官でありながら弟の出世だけを生き甲斐にし、弟の隠し子まで育てている鳥山 助教授の兄は、あのイッセー尾形、海難事故で失踪した浩の父には、藤山寛美の愛弟子・松竹新喜劇の小島慶四郎 が配役されています。

 さらに鳥山 助教授の元恋人で隠し子の母だった美香には、日活女優の永島暎子。吉本新喜劇から岡八郎・桑原和男。時代劇俳優の栗塚旭など、芸達者達が脇を固めています。松竹新喜劇 と 吉本新喜劇の俳優が、テレビドラマで共演するのは、珍しいケースです。また京都太秦の時代劇俳優が、現代劇に出演するのも珍しく、BKのキャスティングに創意工夫がみられます。

 本放送開始時ノーマークで、テーマ音楽のあまりの素晴らしさに、第5回放送から録画を開始したのを、再視聴しながら思い出しました。この素晴らしいテーマ音楽 と 劇伴音楽を放送記録しておく意味でも、このドラマの録画は、全て保存の価値があります。このドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」の録画テープは、今回 デジタル化してDVDに焼きました。


(追記) ドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」は、全話NHKアーカイブスに保存されている事が確認されており、私は 第5回から最終回までエンコードし、MPEGファイルで保存しています。

(追記) ドラマ新銀河「くろしおの恋人たち」は、さらにMPEGファイルからMP4ファイルに変換して、USBメモリーで保存しています。

第30回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・金曜時代劇「茂七の事件簿3 ふしぎ草紙」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [坂田晃一]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング
    ♪1位 4週、登場 9週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    GABALL ~ feat.Joanne「幸せの表現」
    TSB YTV・ドラマ「14ケ月」主題歌
    ♪ドラムを B.音的打ち込みにしたのがポイントとなる典型的ガール・ポップ。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]


 暑中お見舞い申し上げます。2003年の盛夏を迎えましたが、今年は冷夏傾向です。少しずつ増えてきました ご愛読者の皆さまには、ご体調を崩さぬ様 どうか ご自愛ください。

 最近の音楽チャートを見てみると、中島みゆきのオリコン 1位や B’zの11作上位独占。そしてSASのデビュー曲も 1位をマークするなど、従来にない順位動向になっています。テレビ視聴率のドラマ部門を見ても、常勝の「月9」は いつのまにか姿を消し「こちら本池上署」や「大奥」さらに2時間サスペンスが、安定した数字で上位を独占する週が見られます。

 音楽チャートと視聴率調査は、その統計学的 手法が やや異なります。視聴率調査は、選挙の世論調査と ほぼ類似しています。サンプリングから、全体の比率を推定していきます。一方 音楽チャートは、販売したCDが選挙の投票用紙とすると、開票する事なく抽出した一部の投票用紙だけで、全体の開票結果を推定し速報する様な独特の手法です。

 オリコンのメインチャートであるHOT100は、シングルCDセールスのみをデータとしています。そのシングルCDが、これからも流行音楽の指標に値するか否かは実に微妙です。新作のシングルCD収録楽曲に、旋律の出尽くし感や、アレンジのパターン化傾向もあり、新譜作品のフレッシュさが失われつつあるのは 間違いない事実です。

 そこには携帯電話への手軽な音楽配信が普及し、新譜の音楽を 使い捨てる 時代に突入してしまっている背景もあります。その使い捨てる新譜音楽を、データ対象に音楽チャートを作成しても、指標性と共に資料性も稀薄になって、シングルCDに基づく従来の音楽チャートは、衰退していくかも知れません。

 楽チャートや視聴率を支えていた、F1を中心とする若年齢層の数が「少子化」の影響で減少し、このブログで指摘してきた人口動態の重大な変化が真因にあると思われます。音楽・テレビ・ラジオの世界にしても、今まで ずっと消費性向が強かった、10代から 30代までの世代にターゲットを絞った企業戦略は、そのターゲット層自体が、ゆっくりと着実に減少しています。

 気付いていないのか? 気付いているのに 気付かないふりをしているのか?(笑)今という時に追われている企業群は、この重大な先触れの波に関心がないのでしょうか? それとも少子高齢化という変化に対応する事を、心底で侮蔑しているのかも知れません。どちらにしても近い将来、少子高齢化社会から企業淘汰の津波が押し寄せてくるのは、確実だと思わざるを得ません。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2003年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。