FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第27回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    元ちとせ「千の夜 と 千の昼」
    コカ・コーラ日本茶飲料 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・連続テレビ小説「こころ」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉俣良]

  3. 第 3 位 ( △ )
    Michelle Branch“Are You Happy Now?”

  4. 第 4 位 ( ★ )
    kazami“I Say A Little Prayer”
    NBS フジ・火曜時代劇「大奥」主題歌
    ♪スーパー時代劇の実験的テーマ曲は洋楽旋律と和声。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    TSB YTV・ドラマ「伝説のマダム」劇中効果音楽 [中村竜哉]
    ♪1位 1週、登場10週。


 FM長野アナウンサーの中で、最も声質が優れている方を挙げるならば、それは 坂井一正 アナウンサーです。FM長野に新卒入社直後から、長年「サタデーときめきステーション」で、声優・日高のり子 さんのお相手役や“J POP CROSSROAD”そして「パストラル・アメニティ」など人気番組を担当し、FM長野の社員アナウンサーとして活躍していました。

 同僚の樋口有紀 アナウンサーと結婚した時を境に、生ワイドの担当パーソナリティーから遠ざかり始め、今年 5月にFM長野 営業部課長(開発チーム兼務)に異動して以降、マイクの前から離れてしまいました。それでもまだ CMや、一部FM長野ニュースのタイトルコールなどに、坂井 アナの声がFM長野から流れて来る事はあります。

 長年のFM長野リスナーの方には、ご理解できると思います。坂井一正 アナは、リスナーに対して常に誠意に溢れ、最も信頼できる社員アナウンサーです。坂井一正 アナが、パーソナリティだった番組や係わった番組は、今まで知り得たFM長野やSBCの番組、さらに在京局の番組などのエッセンスを上手く吸収し、全力で担当・制作していました。

 坂井一正 アナの様な優れたアナウンサーが、マイクの前から離れている状態を続けるのは、FM長野にとって いかがなものでしょうか? 坂井一正 アナが どんどん出世されて、FM長野の指導的立場となられることは、FM長野の将来にとって意義のある事なのかも知れませんが、それ以上にマイクの前へ戻られる事は、適材適所でFM長野の大きな利益となると思います。

 ぜひとも坂井 アナには、FM石川の木村雅幸 アナの様に、FM長野のマイクから離れない様にしてもらいたいものです。確実に到来しつつある少子高齢化社会では、総ての世代が楽しめるFMラジオ放送にこそ、番組編成の未来天気図があります。ラジオに独創性を取り戻す意味でも、心から坂井一正 氏のFM長野アナウンサー復帰を待望しているのです。


(追記) 2012年 9月現在、坂井一正 アナウンサーは、FM長野・長野支社長となられています。

(追記) FM長野に関する週間放送視聴日記のリンクを集めてみました。FM長野リスナーとして気づいた事や気持ちが まとめてあります。
 FM長野について
 FM長野の周波数
 長野エフエム放送 沿革
 FM長野・松本本社の意義
 新しいチャート番組の形
 音楽チャートの真理
 FM長野ニュース考察
 タイムテ―プルについて
 人口動態とリスナー層
 オーディエンス・セグメント編成
 送信解析 FM長野
 他にも週間放送視聴日記には、FM長野に関する内容が数多くあります。機会がありましたら、ご一読頂ければ幸いです。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2003年07月04日 の週間選曲リスト と『 坂井一正アナ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。