FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第47回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Do As Infinity「柊」
    SBC TBS・ドラマ「恋文 ~ 私たちが愛した男」主題歌

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    浜崎あゆみ“No way to say”
    パナソニック テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    LOVE PSYCHEDELICO“My last fight”
    NBS KTV・ドラマ「ハコイリムスメ!」主題歌

  5. 第 5 位 ( ★ )
    TSB 日テレ・ドラマ「共犯者」劇中効果音楽 [吉川慶・AUDIO HIGHS]
    ♪全体的に若干甘い和声と調性だがサントラの価値は有り。


 FM長野の松本本社スタジオ設備が更新し、10日に新スタジオからの送出を開始しました。

 FMラジオ単営の放送局は、およそ10年経過したあたりから放送施設が減価償却され、設備更新しなければならない様です。

 現在 全国JFN加盟局で、県庁所在地に本社演奏所がない放送局は、K-MIX ⇒ 静岡FM(浜松市)岐阜FM(大垣市)FM沖縄(浦添市)そして FM長野の4局だけです。

 米国施政下の極東放送(KSDX)からの特殊な経緯があるFM沖縄を除き、その選択に開局事情や民力・地理的問題を背負っています。私見ですがFM長野の本社演奏所は、現在も将来も音楽芸術都市で県央の 松本市に置くべきだと思っています。

 松本本社は、正式な自社ビルでありませんが(日本興亜 松本ビル)ストリートを生かした落ち着きのある局舎です。オープンスタジオは、通常のスタジオの一面を窓辺りにして、街頭から覗けるような設計です。

 今後の県域単営ラジオ局の存在価値は、FM・AM問わず県民全体の公益に どう立脚するかで決まります。その存在価値を維持するため営利活動をし、安定経営に努める放送事業会社であるべきです。

 それ故 普段から緊急ニュースの素早い放送送出や、ニュース配信報道機関との連携強化が、ニュース番組そしてラジオ局自体の価値を維持するため、なによりも不可欠となります。

 ニュース配信報道機関との連携は、常にチェックされてしかるべきで、その目的を達するためFM長野(長野エフエム放送)はタブーなく最高の選択をすべきです

 ですからニュースの自主取材をしないFM長野にとって、配信を受けニュースを送出する松本本社からの生放送・送出の割合を低下させない事は、本社・演奏所の存在理由に係わるほど重要です。

 そのため地域・年代に こだわらない多くの県民リスナーの聴取習慣を維持すべく、松本本社から音楽中心の愛される自社制作番組の制作・送出が大切になってくるのです。

 ニュース報道の信頼性を損なわず文化・芸術の面からも、レベルの高い音楽放送を基幹とするラジオ局だからこそ、本社演奏所を音楽芸術都市・松本に置く必然性は産まれるのだと、私は考えています。


(追記) 今までの「週間放送視聴日記」から、FM長野に関する記載を集めてみました。FM長野リスナーとして、気づいた事や気持ちが まとめてあります。
  長野エフエム放送沿革
  FM長野 開局時の基本理念
  FM長野ニュース考察
  新しいチャート番組の形
  タイムテ―プルについて
  人口動態とリスナー層
  オーディエンス・セグメント編成
  送信解析 FM長野
他にも「週間放送視聴日記」には、FM長野に関する記載が たくさんあります。機会がありましたら、ご一読頂ければ幸いです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2003年11月21日 の週間選曲リストと『 FM長野 本社は松本市に在する意義 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。