FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第 9回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    宇多田ヒカル“COLORS”
    トヨタ自動車 テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はみだし刑事情熱系」テーマ音楽 [中村幸代]

  3. 第 3 位 ( △ )
    ABN テレ朝・月曜時代劇「八丁堀の七人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [栗山和樹]
    ♪劇伴音楽も完成度が高く秀逸。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Shania Twain“I’m Gonna Getcha Good!”
    ♪ヴォーカルに和声感がある切れの良い洋楽ヒット曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    中島みゆき「地上の星」
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「プロジェクトX ~ 挑戦者たち」主題歌


 まだ開始まもないブログですが、長野県内だけでなく全国からアクセス・ご訪問があります。感謝申し上げます。

 私が愛聴しているFM長野(長野エフエム放送)は、長野県の県域民放FMラジオ局として 1988年10月 1日 開局しました。全く同じ日に東京の民放FM局J-WAVEが開局しています。

 民放FM多局化の真っ只中にFM長野は誕生しました。コールサインは JOZU-FM。アナウンスでは Zをゼットと言わずジーと発音しており独特な呼称をしています。本社演奏所は 長野県 松本市 本庄1-13-5。日本興亜 松本ビルに在しています。

 FM長野の大きな特色は、県庁所在地の長野市でなく松本市に「本社演奏所」がある点です。また本局送信所(79・7MHz 1Kw)も長野市ではなく県央の美ヶ原高原(標高2030m)にあります。長野市内は「善光寺平 中継所」(83・3MHz 100w)がカバーしています。

 当然 本社演奏所がある松本市は、美ヶ原の麓に位置する事から本局演奏所のエリアになりますが、山麓の陰になってしまい受信状態が悪く別に「松本 中継所」(86・4MHz 10w)を置局しています。

 旧郵政省による県域民放FM局の電波割り当て(長野地区:79・7MHz)があったのは 1982年10月27日。175件の免許申請調整は月日を要しましたが、1987年 8月25日 申請一本化に合意。長野エフエム放送株式会社が同年11月12日に創立しています。

 地元・長野県の有力企業である松本電鉄(アルピコ)・信濃毎日新聞・北野建設 各グループが、合計49%の発行済株式を分け合う株主構成が基点です。

 開局当初の主要株主は、1位・ながのアド・ビューロー(10・51%) 2位・北野建設(10・28%) 3位・松本電鉄(8・60%) 3位・川中島観光サービス(8・60%) 5位・北野合同建物(6・91%)と公表されています。

 一部株主の会社商号など変更されていますが、株式譲渡制限に関する規定も商業登記されており、現在も基本的構成に変化がありません。

 FM長野の番組編成方針は、役員構成の変化にスライドしています。開局(1988年)から担ってきた北島秋宏 取締役放送部長の時代は、FM長野は極めて高い人気を維持し、収益も抜群のパフォーマンスをみせていました。最も番組編成が安定していた時代です。

 1993年からの小林敬二 常務取締役放送部長の頃は、長野市にスタジオを設置し松本・長野の二元放送体制へ移行。中継所増設による難聴取地域の解消にも尽力されました。しかし安定した編成から、少しずつ番組のスクラップ・アンド・ビルドが目立ってくる様になってきます。

 1997年にTOKYO FM(エフエム サウンズ)より招聘された熊谷正 常務取締役放送部長は、ご周知の通り さらに このスクラップ・アンド・ビルド傾向を強めました。東京からタレントDJを積極的に登用していく、独自の編成方針を採り現在に至っています。

 本社演奏所・本局 送信所の地理的位置や独特のコールサイン呼称など、全国のJFN加盟局の中でもFM長野はユニークな存在です。


(追記) 開局10年目にあたる 1998年 3月 現在の長野エフエム放送の株主構成は、1位・ながのアド・ビューロー(10・51%) 2位・川中嶋土地開発(10・28%) 3位・アルビコ自工(8・60%) 4位・アルビコ観光サービス(8・60%) 5位・北野合同建物(6・91%)と公表されています。

(追記) 開局15年目にあたる 2003年 3月 現在の長野エフエム放送の株主構成は、1位・ながのアド・ビューロー(10・51%) 2位・川中嶋土地開発(10・28%) 3位・アルビコ自工(8・60%) 3位・アルビコ観光サービス(8・60%) 5位・信越放送(7・14%)と公表されています。

(追記) 2007年10月に、熊谷正 常務取締役放送部長は FM長野を退社されました。

(追記) 開局20年目にあたる 2008年 3月 現在の長野エフエム放送の株主構成は、1位・アルピコ自工(23・13%) 2位・川中嶋土地開発(7・00%) 4位・信越放送(6・25%) 4位・信濃毎日新聞社(6・25%)と公表されています。

(追記) 開局25年目にあたる 2013年 3月 現在の長野エフエム放送の株主構成は、1位・アルピコホールディングス(42・70%) 2位・ジャパンエフエムネットワーク(9・00%) 3位・信越放送(6・25%) 3位・信濃毎日新聞社(6・25%) 5位・中日新聞社(3・50%) 5位・ニッポン放送(3・50%) 5位・日本経済新聞社(3・50%) 5位・読売新聞社(3・50%)と公表されています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2003年02月28日 の週間選曲リストと『 長野エフエム放送沿革 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。