FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第561回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「クロコーチ」劇中効果音楽 [出羽良彰・羽深由理]
    ♪効果音 と 劇伴の狭間には、深い音楽性を感じる。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [ELIAS ARTS]

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Jamie Cullum“Save Your Soul”
    トヨタ自動車 テレビCMソング


 とうとう松本市でも「コミュニティFM局」が開局すると発表がありました。総務省信越総合通信局から、11月 5日に予備免許が与えられており、今月末には開局予定だそうです。安曇野市のあづみ野エフエムに続く中信地区でのコミュニティFM局開局は、昔からのFM長野リスナー、そして広域ラジオを志向する者として、ますます複雑な心境です。

 全国のJFN加盟局で県庁所在地に本社演奏所がない放送局は、郡山市の ふくしまFM、浜松市の K-MIX(静岡FM)、大垣市の 岐阜FM、浦添市の FM沖縄、そして松本市の FM長野の 5局だけです。この4都市の内、浜松市 と 浦添市では、既にコミュニティFMが開局していました。松本市で開局すると、残るは岐阜県 大垣市だけになります。

 浜松市 と 浦添市の例を調べてみましたが特段の問題はなく、県域FM局 と コミュニティFM局は 共存している様です。松本市でのコミュニティFM局開局に関して、気になる点がありました。開局準備室のサイトを覗いてみると、放送局に対する出資者募集の項目があった のです。民間放送局が広くサービスエリアの市民から、出資を求めるのは 悪い事ではありません。

 しかし、全国のコミュニティFM局の厳しい経営状況を見ると、開局時には サービスエリア内の有力企業、そして 地方公共団体から充分な出資を得た上で、開局準備に入るのが常道です。さらに気になったのは、私も加入している地元CATVのテレビ松本が、3月11日の東日本大震災 2年目の日に、臨時災害放送局 開局演習・訓練として FMラジオ放送を行った点です。

 総務省が発表した「3月11日実施の松本市における 臨時災害放送局 開局演習・訓練の報告」によると、松本市と充分な準備を行い、既に災害時放送協定を締結していたFM長野と、役割分担について調整を行った上で実施した正規の実験放送で、松本市内に大災害が発災したときは、即時に臨時災害放送局を開局する構想があるそうです。

 今回コミュニティーFM局が 松本市内に開局すれば、テレビ松本の臨時災害放送局構想は どうなってしまうのか 不透明になってしまいます。しかし、3月 1日に 松本市 と テレビ松本は「災害時におけるケーブルテレビ放送・ラジオ放送の要請に関する協定」を既に締結。松本市 と FM長野との間での「災害時におけるラジオ放送の要請に関する協定」も従前通り有効です。

 以前ブログにも書きましたが、私の考えるコミュニティFM局の理想番組編成は「有線放送電話」の定時放送・臨時放送にあります。有線放送電話の沈黙時にあたる時間帯は、24時間音楽を流し放しにして、随時 消防局の出動情報など、本当に住民が必要とする情報を厳選して放送するのです。しかし、こんな大胆不敵な(笑)番組編成が実現するとは考えていません。

 それでも 最近のコミュニティFMは、朝のワイドを夕方再放送するとか、日中の放送を 深夜そのまま再放送するとか、信じられない(笑)番組編成をする局が現れ始めました。コミュニティFM局の上層部にとって、放送要員の人事権は 最もパワーを見せられる点ですが、それには 人件費という大きな継続した支出が、必ず伴ってきます。

 私の家では、どうも 試験電波(79・1MHz)が聴こえない可能性もあります。サービスエリアが狭く、かつ加入しているテレビ松本のFM再送信周波数(放送大学 78・8MHz)と 僅か 0・3MHzしか離れていないため混信の恐れもあるからです。ここまで言い切って良いのか悩みますが、なにか松本市のコミュニティFM局に調整不足を感じざるを得ません。

 FM長野では、緊急雇用創出 (対応)事業に基づく市町村発信の自社制作番組が急増しましたが、本社演奏所がある松本市からの発信が「ワンポイントガイド」僅か隔週 5分だけだったのは、松本市民として本当に残念でした。私個人としてラジオは、FM長野 と NHK-FMがあれば充分ですが、FM長野には、地域情報の定時発信にも留意してもらいたいものです。

第562回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「クロコーチ」劇中効果音楽 [出羽良彰・羽深由理]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  3. 第 3 位 ( △ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [ELIAS ARTS]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌
    ♪1位 4週、登場 8週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Jamie Cullum“Save Your Soul”
    トヨタ自動車 テレビCMソング


 2014FIFAワールドカップ・ブラジル本大会・1次リーグの組み合わせ抽選が 7日 早朝行なわれ、日本は、コロンビア・ギリシャ・コートジボワールと一緒の「C組」に決まりました。ブラジルのコスタ・ド・サウイペで行われた組み合わせ抽選会を、NHK BSを通じてライブ視聴しましたが、今まで見た事もないような、複雑なシステムによる組み合わせ抽選でした。

 現在のFIFAランキングは、コロンビア・4位、ギリシャ・12位、コートジボワール・17位、日本・48位です。

 その組み合わせ抽選は、まず地区同士 そして 強豪国同士が、同じ組に集中しない様に、周到 かつ 複雑な「ポット」割りがしてありました。ポット 1には、開催国のブラジル と 計 8チームが入り、まず強豪国が最初の抽選で別々の組に割分けられました。次に同じ地区であるポットのチームを、1次リーグで対戦しない様にするため、ひとつずつ別の組に割分けていきます。

 ところが、全ポットを 8チームずつにする都合上、国数の多いヨーロッパ地区のポット 4の 1チームが、ポット 2のアフリカ・南米地区に「移籍」させなければならず、かつ同じヨーロッパ同士は対戦しないので、移籍したチームが ヨーロッパ地区以外の どのシード国の組に割り振るかを決める「ポット X」抽選までありました。

 複雑な抽選の末、アジア地区 と 北中米カリブ海地区のポット 3から、日本は C組に入った次第です。隣の D組には 優勝経験国が 3ヵ国(ウルグアイ・イタリア・イングランド)も入り大激戦となりました。但し複雑な抽選は、あくまでも 1次リーグだけの組み合わせです。決勝トーナメントは、既に対戦相手が組順位で設定されており、ヤグラが組み上がっています。

 ここ 4年の FIFAランキングにおける日本の順位をチェックしてみると、2011年 4月と 6月に 13位まで上昇しています。ところが そこから順位は下降傾向になり、現在 過去 4年で最も低いポジションです。アジア地区の 1位は、イランで 45位。アフリカ地区のトップが、同じC組に入った コートジボワールです。

 コートジボワールは、1960年に独立した西アフリカに位置する共和制国家です。私が、世界地理を習った頃は「象牙海岸」と国名を覚えていました。人口の 3割は イスラム教徒で主に北部に住み、人口の 1割弱のキリスト教徒は 南部に住んでいます。さらに全体が約 60部族に分かれている、複雑な宗教関係や民族関係を有した国家です。

 1999年にクーデター さらに 2010年に大きな内戦がありました。現在でも 反政府組織・旧政府軍が、局地的な戦闘を繰り返しており 治安は 良くありません。国自体が分裂含みのコートジボワールですが、サッカーは 大変盛んで、最近急速に力をつけてきたナショナルチームへ、国際試合の時は 国中の応援が集まります。

 日本チームの選手は、サッカーゲームというプロスポーツの到達点としてのみ、このワールドカップを理解している様にも見えます。ところがコートジボワールの様なチームは、国家 と 国民の力を、そのサッカーボールひとつに表現しようと総力で戦います。ぜひともザッケローニ ジャパンには、相手国のサッカーに対する深い意味を充分理解して、頑張って欲しいと思います。

第563回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  2. 第 2 位 ( △ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [ELIAS ARTS]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・金曜ドラマ「クロコーチ」劇中効果音楽 [出羽良彰・羽深由理]
    ♪1位 2週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・ドキュメンタリー番組「ドキュメンタリー同期生」テーマ音楽 及び 演出効果音楽 [東谷尚]
    ♪NHKに問合せたところ、音楽制作は 音響担当者との指定があった。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Jamie Cullum“Save Your Soul”
    トヨタ自動車 テレビCMソング


 このブログも 11年目に入り、休まず続けた毎週の更新の間に、コツコツとブログの改善作業を続けてきました。今年は、私個人的にもブログの整備に費やした 1年だったと感じています。まず 昨年11月から、約半年をかけて 500週以上ある「週間放送視聴日記」のテキストについて、総て手作業で段落分けなどのレイアウトを改善し、ブログの可読性を高めました。

 同時にさくらインターネットに引っ越す以前のリスト 374週分についての“GUID”を、エクスポートされた古いURLから現行のIDへ総て変更しています。ブログの元番地である “GUID” を正規なものにしました。また7月には、モバイルご訪問者が 5割超えた事を機に、モバイル ブログの「トップページ」で最新リスト 1週分の全文掲載を開始しています。

 さらに11月には、PC と モバイル総てのHTML と CSSを全面的に改め、ソースを圧縮しブログ表示の高速化を実施しました。加えてナビリンクにカーソルがふれると、リンクしているリストのタイトルが表示される機能など、この他にも実に細かい改善を数多く加えています。この様な細かい改善に気づくのは、もしかすると 1万人に おひとり程度かも知れません(笑)。

 「初めての方へ ご案内」にも書いてありますが、自分基準の感情から 日記を書きなぐり公開するのではなく、ラジオ・テレビ放送からの「選曲」と「レビュー」を通じて社会を観察し記録する行為を、このブログでは最も大切にしています。以前 作詞家・阿久悠 さんの日記をご紹介しました。私は、作詞家としての業績よりも、日記著述者としての阿久悠 さんを尊敬しています。

 阿久悠 さんは、百科事典並みの外国製大型日記にテレビを視聴しながら、日々の あらゆる社会現象を克明に記録していたのです。そして就寝前に その日 記録した中から、数項目の重要事項を選抜。日記のページにインデックスとして書き込みます。1981年から お亡くなりになる 2週間前まで、阿久悠 さんは、この様な日記を 毎日書き続けていました。

 日記をブログで公開するブロガーでは ありませんでしたが、阿久悠 さんは、日本で最も先進的な日記著述者でした。私は、ブロガーとしての感情を、記録する音楽や 社会現象の選択だけで、まず表現しようと思いました。そして阿久悠 さんが使っていた、素晴らしい百科事典並みの外国製大型日記を、ブログに置き換えて独創していこうと考えたのです。

 それが「週間選曲リスト」と「週間放送視聴日記」のコンセプトです。私のラジオ・テレビ放送視聴の中から、毎週 選曲発表を繰り返している「週間選曲リスト」のシステムは、他の個人ブログや音楽ブログにはない独創であり「週間放送視聴日記」は、社会を観察し記録する行為を最も大切にしている、このブログのポリシーを具現しています。

 個人ブログの価値は、自分の私生活を切り売りするだけではなく、充分なコンテンツ と システムの独創に尽きると考え、小さいながらも出来る限り工夫を凝らしたブログを運営しようと、開始時に強く思いました。その気持ちが 1万人におひとりしか気づかない様な、改善を続けてきた原動力だったのです。2013年こそ私にとっては、コツコツとブログの整備に費やした年でした。

 このブログのカウンター(ページビュー) が、18日に 25万 を突破しました。ご愛読頂き ありがとう ございます。

Year‐End Ranking

   
  1. 第 1 位 ( 5)
    GLAY“DARK RIVER”
    NHK総合・ドラマ10「激流 ~ 私を憶えていますか?」主題歌
    ♪ミドル・ヴォイスを生かした旋律と、ストリングスの美しさが映えるシンフォニック アレンジは 上手く溶け合い、スピード感のある和声が幻想的に響いているバラードロックの傑作。

  2. 第 2 位 ( 4)
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [ELIAS ARTS]

  3. 第 3 位 ( 3)
    Sissel“Weightless”
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「追跡者 ザ・プロファイラー」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( 4)
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌

  5. 第 5 位 ( 3)
    NHK総合・大河ドラマ「八重の桜」テーマ音楽 [坂本龍一]


 2013年も 歳末を迎えて、このブログの更新は、今年最後となります。そこで 今週の週間選曲リストは『2013 年間ランキング』を公開しました。

 この年間ランキングは、2013 1 4日 第513回ランキングから、20131220日 第563回ランキングまでの週間選曲リストを対象に作成した「年間選曲リスト」です。期間内のリストイン総曲数は 36曲。その中から選曲条件をクリアした楽曲として 20曲が データベースに登録されています。確定・決定した年間ランキングの累積資料は、次の通りです。

 【1位 5週 登場 9週】① DARK RIVER GLAY。 【1位 4週 登場16週】② ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽。 【1位 3週 登場12週】③ Weightless Sissel。 【1位 4週 登場 8週】④ every hero Kaho。 【1位 3週 登場26週】⑤ 八重の桜 テーマ音楽。

 以上の累積資料 と 参照先の選曲理由に基づき、今年の年間ランキング( Year-End Ranking )を作成しています。今年は、リストイン総曲数が 過去最少なのに対し、選曲条件をクリアした曲数が 過去最多で、全リストイン曲の 55・5%も占めています。そのため累積資料は、抜き出た数値の楽曲が無く、年間ランキングの 1位週数欄の数字に、殆ど差はありませんでした。

 年間 1位は、ルールに従って、1位週数 5で自動確定。次に 1位週数のデータを軸に、過去最多の選曲条件をクリアした楽曲から、年間ランキング楽曲 4曲を改めて慎重に選曲しました。そして 年間 2位は、僅差だった累積資料を参考に決定。さらに 年間 3位から 5位までは、累積資料である 1位週数・登場週数 のデータを参考しながらも、独自性の高い順位決定を行いました。

 今年 最も美しい 5曲の内訳は、ドラマ主題歌 2曲、ドキュメンタリー テーマ曲 1曲、インストゥルメンタルのドラマ・テーマ音楽 1曲、インストゥルメンタルのCM音楽 1曲 となっています。

 今年は、ヴォーカル系の楽曲が 3曲を占め、その内に洋楽も 1曲入っています。また 年間ランキングに初めて、音楽制作者 不詳の楽曲が入りました。今後 音楽制作者が判明した場合は、その時点で追記致します(2019年の調査で追記しました)。例年と同じ様に、今年も個性的な 年間選曲リスト が作成出来ましたが、毎週の 週間選曲リスト作成には、やはり苦労した年でした。

 記録的な猛暑で、国内最高気温 極値が6年ぶりに更新された 2013年。年間ランキング 公開をもって今年の更新が終了し、このブログは 年越しとなります。ご愛読者の皆様には、どうぞ良いお年を お迎えください。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。