FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第554回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    BS Dlife・BBCワールドニュース テーマ音楽 [David Lowe]

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ダイドーブレンド オーケストラ編 テレビCM音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    ビリーバンバン「これが恋というなら」
    三和酒類 iichiko テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Kaho“every hero”
    NBS フジ・ドラマ「ミス・パイロット」主題歌
    ♪ヴォーカル特性が生きている洗練されたアレンジの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    LUHICA「手鎖の月」
    NHK総合・木曜時代劇「あさきゆめみし」主題歌


 中日ドラゴンズが 12年ぶりのBクラス(4位)となり、高木守道 監督は僅か2年で退任してしまいました。後任が注目されていましたが、何と落合博満 ゼネラルマネージャー(GM)谷繁元信 選手兼任監督、森繁和 ヘッドコーチと驚愕の人事が発表されました。私も びっくりしましたが この人事は、中日新聞社内も震撼させたようです(笑)。

 国内スポーツニュースにも係らず、中日新聞プラスから 落合 GM・谷繁 監督 就任決定の号外メールが送られてきたのは、9日 午前3時12分という異例の深夜でした。落合 監督を退任させた勢力は、フロントから一掃されました。2年前の落合 監督退任当時 ブログにも書きましたが、実績を無視して リーグ優勝の年に監督を退任させた人事には、やはり無理があった様です。

 中日新聞には、芸能イベントの案内がよく掲載されますが、今年に入ってから、落合博満 講演会も掲載された事がありました(笑)。その講演会には、ヘッドコーチだった森繁和 氏が スペシャルゲストとして登場します(笑)。監督退任の理由は、ナゴヤドーム観客動員の低下だそうですが、さらに観客が減ってしまい、落合監督の講演会は 全国で大盛況でした(笑)。

 監督時代の落合GMは、あまり球団の広報活動を積極的に行いませんでした。ペナントレース 試合後の監督インタビューを殆ど視た記憶がありません(笑)。そのあたりが従前のフロントには、不満だったのかも知れません。しかしフロントに不満があったとするならば、まず落合 監督と充分話し合うべきだったはずです。

 落合GMの洞察力は凄まじいものがあり、今でも忘れられないのは、2010年の巨人戦で、審判の体調不良をベンチから見抜き、そばにいた谷繁 捕手と共に審判交代をさせた事がありました。あんな凄い洞察力は、プロ野球の監督で随一だと思います。監督に必要な能力とは、広報活動に積極的な人当たりの良さより、この洞察力であるべきです。

 NHK総合のサンデースポーツに 落合 GMは、今シーズン月一のペースで出演していました。先日 クライマックスシリーズへの出場チームを予想する落合 GMの話を聴いて大変驚きました。落合 GMは勝敗予想ではなく、まるで数学者の様な可能性分析をしていたのです。ただ視聴者である一般大衆から見ると、この可能性分析は、理解が難しいかも知れません(笑)。

 中日新聞によるとゼネラルマネージャー(GM)とは、球団から与えられた予算の範囲内で戦力を整えるのが仕事だそうで、監督・コーチの人事権も有しており、いわば球団編成の全権を掌握した事になります。今回は、ビジネス界全体を見回しても珍しい劇的な人事です。落合 GM・谷繁 監督・森 ヘッドの体制になったドラゴンズに期待しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2013年10月18日 の週間選曲リスト と『 中日ドラゴンズ 落合博満 GM 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。