FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第80回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    一青窈「あこるでぃおん」
    NHK教育・福祉情報番組「福祉ネットワーク」オープニング テーマ曲
    ♪情緒性に溢れるヴォーカルと旋律。

  2. 第 2 位 ( △ )
    day after tomorrow“lost angel”
    NBS 東海テレビ・ドラマ「女医・優 ~ 青空クリニック」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    NBS フジ・木曜劇場「人間の証明」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    普天間かおり「祈り prayer」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」6 ~ 7月 オンエアー曲

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    一青窈「ハナミズキ」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲


 11日 投開票の『第20回 参議院議員通常選挙』は、民主が大きく伸びましたが、自民・公明の与党は非改選合わせて安定多数を確保する結果となりました。

 【獲得議席数:民主 50 自民 49 公明 11 共産 4 社民 2 無所属 5】

 長野県選挙区の当選者は、3回連続 民主1 自民1 でした。

 テレビ各局の開票速報特番は、今回も投票締切の午後8時ジャスト「出口調査」の議席予測を一斉に放送。民主が大きく伸びた選挙の大勢は一発で判明してしまいました。

 また無風区を中心に同じく午後8時から「当確」を雪崩の如く打ち始め、開票率0%での当選確実が常態化しています。これでは投票箱を開ける必要性さえ薄くなってきます(笑)。

 さらに民放テレビ各局は、やはり8時ジャストに比例代表の議員当確を打ち始めました。NHKも8時25分過ぎに「比例代表」全国開票率0%の段階で 70%以上の「議席当確」判定。さらに非拘束式名簿から約半数の「議員当確」を打ちました。

 民放テレビの比例代表当確の早さに引きずられている感もあります。あまり好ましい事ではありません。なおFM長野は、大岩堅一 アナが計 4回「臨時のFM長野ニュース」として選挙速報を放送しています。

 出口調査による議席予測と最終結果の数字は、まだまだ乖離があります。ABN長野朝日放送(テレ朝系)の「選挙ステーション 2004」もオープニングで自民惨敗を発表した割には、実際開票が進むと自民の議席が底堅く伸び、微妙にニュアンスを変えて放送していました(笑)。

 選管の最終発表だけを報道しても、出口調査発表の午後8時から、開票速報に数時間のズレしか生じません。この数時間を早める事を、国民にいち早く選挙結果を報道する義務を果たすためだと言い切るのには無理があります。

 出口調査は、あくまでも選挙報道における 最終の「世論調査」です。議席予測には、報道機関として過重な責任が伴います。開票速報特番は、あくまでも選挙「結果」を報道する事が本義なのです。

 また「比例代表」という選挙制度自体にも、もう少し改良の余地があると思います。衆議院に小選挙区制が導入された時、ブロックごとの比例代表制も導入され、参議院と選挙制度は類似してしまいました。二院制を維持するなら、衆参それぞれの独自性確保のため全く別種の選挙制度とすべきです。

 なにか今回の開票速報での8時ジャスト当確乱発に、参議院比例代表選出議員の軽さも見えている気がしてなりません。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2004年07月16日 の週間選曲リストと『 2004年 参議院議員通常選挙 開票速報 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。