FM長野・NHK-FM リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第1076回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Alicia Keys “Golden Child”
  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Fleetwood Mac “Little Lies”
    YouTube Official Music Video
  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    10-FEET「第ゼロ感」
  4. 第 4 位 ( ★ )
    Taylor Swift “Back To December”
    ♪ ポップなストリングスが映えるモダンカントリーミュージックの佳曲。
  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    英国 ITVテレビ・itv NEWS AT TEN テーマ音楽 [Johnny Pearson]
    ♪ 1位 1週、登場15週。

 明けまして おめでとう ございます。 2024年(令和6年)の新春を迎えました。

 今年最初の週間放送視聴日記は、まず年末・年始のテレビ・ラジオ番組を振り返ります。12月28日 発表の FM長野“COUNTDOWN JAPAN”年間第1位は、YOASOBI「アイドル」(推定得点:501)。登場 31週で高得点をマークしました。続く年間 2位は、3年前にリリースの曲で登場 36週と、時系列の混同が ここでも起きています。

 30日の「第65回 日本レコード大賞」は、Mrs. GREEN APPLE「ケセラセラ」が受賞しました。この曲は、ビルボード年間23位。オリコン年間になるとTOP100に入っていません。レコ大こそ聴き放題(笑)サブスクではなく、CDセールスに立脚すべきではないでしょうか? 視聴率(第2部)は、9・6%とヒトケタ。選考手法からの再考が必要です。

 このブログの名物記事(笑)大晦日は何曜日? でも指摘したアニメ「ちびまる子ちゃん」と「サザエさん」の大晦日 本放送。なんと10数年ぶりに実現しました。各局が特番だらけなのに、午後 6時台に変わらない提供CMを交えて、大晦日のエピソードを放映しています。現実の大晦日と、ちびまる子ちゃん・サザエさん一家の大晦日風景が見事にシンクロしました。

 大晦日 放送「第74回 NHK紅白歌合戦」は、紅組が優勝。視聴率(関東地区・世帯)は、第1部 29・0%、第2部は 31・9%と、下げ止まらず過去最低を更新しました。個人視聴率は、1部 22・0%、2部 23・5%を記録。もはや全面的な企画の見直しが必要な状況です。まず出場歌手の選考は、その過程をオープンにし、放送総時間の短縮も検討すべきです。

 【最終審査結果:紅組 394万4642(3ポイント) 白組 245万8161(0ポイント)】

 得票数は、全投票加算した独自集計です。ゲスト審査員は、7ー1で紅。会場は 1453ー883で紅。連続視聴の長さで最大 5票となる、姑息な累積投票制度をまた採用。中間投票もなく、ジェンダーフリーを教条的に考え、NHKは 紅白の勝敗を決める事を嫌がっています。ズルをしたけん玉(笑)とか、ドミノ倒しとか、歌唱に無関係な企画に まだ酔っている感じでした。

 但し(笑)午後 11時45分ジャストに発生する紅白エンディングから、京都・知恩院へのギャップ(映像落差)は 見事でした。紅白が浮つけば浮つくほど(笑)落差の高さ と 加速度が上昇します。同じく大晦日放送「第29回 東急ジルベスターコンサート」(テレビ東京) は、チャイコフスキー作曲「交響曲第5番・第4楽章」少し足が出た様です。指揮は 小林研一郎でした。

 我が国の歴史を何度紐解いても類例がない元日大地震に見舞われた「令和6年 能登半島地震」は、来週以降のブログ記事で詳報します。元日夜のNHK・民放テレビ特番は、多くが中止になっています。また2日に羽田空港で起きた日航機衝突炎上事故にも大変驚きました。一方ラジオのNHK-FMでは、元日朝に変わりなく英語講座番組が流れていたのが大変印象的でした。

 正月 2日・3日の「第100回 箱根駅伝」は、青山学院大学 が「完全優勝」しました。世帯視聴率は、往路 26・1%、復路 28・3%を記録。大会前の下馬評では、駒澤大が有力との声が多かったのですが、トップを走っていた駒澤大を、青山学院大は 3区で一気に逆転。雨天となった 5区山登りも難なくこなし、復路も独走でした。往路・総合新記録をマークしています。

 今大会は 第100回記念で、全国の大学が予選会に出場しました。しかし 13校通過ラインで、関東以外の大学の最高は 京都産業大学の27位と、予選会突破が実に狭き門でした。はっきりいって箱根駅伝は、青山・駒澤のレベルが高過ぎて、大会が大味になってきています。予選会の全国参加は、何らかの形で継続し、箱根駅伝に新風を吹き込んでもらいたいものです。

 【経済星取表:(2003年 大納会)『 ● ● ● ● ● ● ● ● ● 』(2023年 大納会)】

 昨年大納会の日経平均株価終値は、3万3464円17銭と、1年間で 7369円67銭「上昇」しました。年頭日記恒例の経済星取表は、大衆心理がアフターコロナだと動いた時勢に乗り勝星となっています。地政学リスクが少ないとされる日本への証券投資が活発になったのも、値上がりの主因と考えられ、この先行する勢いに実需経済が追従できるのかが注目されています。

 ここ長野県松本市では、地震があったものの、強い寒波も到来せず、市街地に積雪がない状態が続き、大晦日の降雨以降 毎日晴れ間が見える穏やかな三が日を迎えました。ご愛読者の皆様、今年も『チャート★ドランカー BLOG』を、何卒よろしく お願い申し上げます。

第1077回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Alicia Keys “Golden Child”
  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    Fleetwood Mac “Little Lies”
    YouTube Official Music Video
  3. 第 3 位 ( △ )
    Taylor Swift “Back To December”
  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「光る君へ」テーマ音楽 [冬野ユミ]
    ♪ 僅かにジャジーなpf和音と織り上げていく主旋律の美しさが高い域にある佳曲。
  5. 第 5 位 ( ▽ )
    10-FEET「第ゼロ感」

 元日に石川県で、震度 7(羽咋郡 志賀町)の激しい地震が発生。沿岸に大津波が襲来しました。輪島市では、大規模火災 と 多くの建物が倒れ壊滅状態。羽咋市でも被害が広範囲に渡り、発災から 12日を経過した現在でも石川県全体で 20名以上の消息が不明と、被害の全貌は まだ把握できていません。気象庁は、今回の地震を『令和6年 能登半島地震』と、即日命名しました。

 【犠牲者 222名 安否不明者 22名 負傷者 977名】

 先週の年頭日記に書きましたが、我が国の歴史を何度紐解いてみても、元日大地震など類例がありません。NHKは、その元日に 旧BSプレミアムを含む全波で、緊急地震速報・チャイム入り地震速報 そして 大津波警報を全国へ送出しました。もちろん放送史的にも初めての事です。テレビ東京を含む民放キー局も、正月特番がカットインされ報道特番となっています。

 このブログでも、16時32分から大地震 と 津波警報に関する「臨時のお知らせ」を、翌 2日 2時18分まで全ページに掲示しています。NHKは、東日本大震災から開発してきた命令口調で絶叫する大津波警報アナウンスを、山内泉 アナが全国放送で初めて決行しました。女性アナが担当したためか、視聴者の中には、冷静さを欠くヒステリックな印象を受けた方もいた様です。

 前震とも言える震度 5強の緊急地震速報の直後から、私は NHK総合を視聴していました。本震の緊急地震速報前に、長野県松本市では、今まで経験した事がない、長時間続く大きな横揺れが到達しました(震度 4)。その時に緊急地震速報は、当初の石川県から長野・富山・新潟・岐阜・群馬県を含み、関東・東海全域や東北・近畿へと、一気に警報範囲が拡大しています。

 緊急地震速報時にNHKでは、石川県羽咋市のライブカメラを画面で生中継しており、その時に巻き起こった見たこともない広範囲の土ぼこりや、輪島市の津波観測が 1m20cm以上と、具体的な数値で計測出なかった、この 2点だけからも輪島・羽咋両市が重大局面に達していると示唆していました。しかし元日だからなのか、政府の初動対応は、緩慢だった様に思えました。

 FM長野では、発災時が生ワイドの放送時間で、元日から小林新 アナが担当していました。松本市の本社スタジオからは、本庄 1丁目の様子が見る事ができます。オンエアーしていた音楽を絞り、本社スタジオから信号機が激しく動いている様子など、大きな揺れが到達している様子を実況しました。途中 伊織智佳子 アナによる緊急地震速報アナウンスも送出されています。

 ラジオメディアで最難関な生放送による地震来襲時実況は、1988年のFM長野開局以来初めてのケースです。小林新アナは 冷静にこなしていました。ただ難を言えば、来襲数分ですぐ通常番組に復帰しようとメニュー紹介を始めたのには 疑問が残りました。18時55分のFM長野ニュース(JFN)では、今回の元日大地震 1項目に絞るストレートな報道を放送しています。

 FM石川では、1989年の開局以来在籍している木村雅幸 アナが、16時30分からの生ワイドを担当しています。radikoで聴いてみましたが、MRO北陸放送ラジオより的確で迅速な緊急報道を実践していました。22時からのJFN報道特別番組でも、生リポートを送っています。木村 アナは、JFN系で稀有な緊急報道に即応出来るベテランアナウンサーです。

 ただ久しぶりに HELLO FIVE・FM石川のタイムテーブルを確認して驚いたのですが、月-木の自社制作生ワイドが、木村 アナの僅か 2時間30分しかありません。かつては独自チャートを毎週 100位まで発表し、長時間生ワイドも制作して、JFNの中で先行していたFM石川が、今や僅か 2時間30分。この縮減も将来のJFNで先行しているのかも知れません。

 ラジオは、非常時の情報伝達メディアと言われています。ところが重大な点になかなか気付きません。サービスエリア内で大地震が起きれば、そのラジオ局も被災者になる可能性があるのです。今回の大地震では、FM石川・MROラジオ共に輪島中継局が被災し、送信障害を起こしました。また七尾市のコミュニティ局は、局内が被災した凄惨な写真を公開しています。

 確かに 365分の1の確率かも知れません。されど新年を寿ぐ元日に大地震とは、未来から警鐘を鳴らしている様に感じてしまいます。これからの日本は、災害可能性を忘れて生活をエンジョイするのでなく、防災減災のために日々生きていく覚悟が必要なのかも知れません。『令和6年 能登半島地震』で被害に遭われた被災地の皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。

第1078回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Alicia Keys “Golden Child”
  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「光る君へ」テーマ音楽 [冬野ユミ]
  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Fleetwood Mac “Little Lies”
    YouTube Official Music Video
  4. 第 4 位 ( ★ )
    Dua Lipa “Houdini”
    ♪ ブリティッシュロックの素養が裏打ちされたアルバニア国籍SSLの佳曲。
  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Taylor Swift “Back To December”

 NHKで最も古い時代を描いたドラマと言えば、2001年「聖徳太子」2005年「大化改新」あたりになると思います。もはや時代劇の範疇外です(笑)。いずれも前後編の 2回放送で、大阪放送局(BK)制作でした。藤原氏全盛の摂関政治は、1976年の「風と雲と虹と」に次ぐ古い時代背景で、数多く描かれた戦国時代から約 600年前の物語になります。

 2024年の大河ドラマは「光る君へ」。藤原道長(柄本佑)により佳境を迎える平安朝 摂関政治の時代を生きた、女流作家の祖・紫式部(吉高由里子)の物語です。大河ドラマの歴史の中で、類例なき中世を、大石静のオリジナル脚本で描きます。世帯視聴率(関東地区)は、12・7% ➝ 12・0% 。馴染みがない時代背景からか、大河史上最低の数字をマークしています。

 ところがNHKにも 大河ドラマファンにも 妙に危機感がありません(笑)。連続テレビ小説「ブギウギ」が最新で 15・8%、TBS日曜劇場「さよならマエストロ」初回が 11・4% 。地上波テレビ離れが浸透してしまった現代では、総合視聴率などで肉付け(笑)すれば、旧式の世帯視聴率では、フタケタ超えただけで、高視聴率番組と遇されてしまうのでしょうか?

 ただ 2話通じた感想としては、面白かったに遇されます(笑)。全配役の台詞回しが、現代語で徹底しており、音声だけ聴いていると、まるで普通のドラマの様です。さらに初回での藤原道兼(玉置玲央)が、紫式部の実母(国仲涼子)を誅するシーンは、どう見てもサスペンスドラマ的な演出でした。ところが爛熟した平安朝では、この現代要素に不思議と違和感がないのです。

 音楽は、冬野ユミが担当。久しぶりに豊かな和声感を得られるテーマ音楽です。特にそのテーマ音楽の大転調と共に、配役クレジットの直後で、公式のタイトル表示を展開させるアイデアは、その後のスタッフクレジットの連結も強くなり、大変斬新です。また個々の劇伴トラックも、ジャズあり バロック そして アシガール(笑)ありと、多岐に渡る旋律の抽出が含まれています。

 有名女優と同姓同名である制作統括・内田ゆき Pは、主題歌がこのブログで 2014年の年間 1位となった土曜ドラマ「芙蓉の人」を制作しており、NHKでは 数少ない いや稀有(笑)な、和声感を有した職員プロデューサーです。トップスタッフからも、久しぶりに音楽的な技量が表現された大河ドラマが楽しめそうです。「光る君へ」の今後の展開に期待しています。

 2024年 NHK大河ドラマ「光る君へ」14日 放送・第2回「めぐりあい」
【タイトルバック・クレジット順序(配役発表序列): ◯ 吉高由里子 ➝ △ 柄本佑 ➝ 井浦新 ➝ 吉田羊 ➝ 玉置玲央 ➝ 高杉真宙 ➝ 秋山竜次 / △ 本郷奏多 ➝ 板東巳之助 ➝ 毎熊克哉 ➝ 三遊亭小遊三 ➝ 橋爪淳 ➝ △ 益岡徹 / ◯ 佐々木蔵之介 ➝ △ 岸谷五朗 ➝ ◎ 段田安則 】

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に 1人だけ配役が紹介される)俳優を、ブログでの格付け対象としています。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや 区切り方にも意味があり、それらを分析しました。 / や ➝ は、表示間隔の強弱を表し、無印  △  ◯ の順でランクが上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは 独自な格付けを打っています。

第1079回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「光る君へ」テーマ音楽 [冬野ユミ]
  2. 第 2 位 ( ▽ )
    Alicia Keys “Golden Child”
  3. 第 3 位 ( △ )
    Dua Lipa “Houdini”
  4. 第 4 位 ( ★ )
    クボタカイ “gear5”
    テレビ東京・ドラマ25「ハコビヤ」オープニングテーマ
    ♪ 抜群のポップサウンドに裏打ちされたクリアなラップ佳曲。
  5. 第 5 位 ( ▽ )
    Fleetwood Mac “Little Lies”
    YouTube Official Music Video
    ♪ 1位 2週、登場 9週。

 昨年末の話です。松本から国道 19号を南下し、仕事で木曽町役場を訪ねました。その日は、ポータブルラジオの Panasonic RF-P155を持参しており、余裕があるスケジュールだったので、長野県 木曽方面のFMラジオ受信状態を、軽く調べようと思っていたのです。木曽郡木祖村に位置する きそむら道の駅に休憩のため立ち寄り、そこでFM波をスキャンしてみました。

 驚きました。86・0MHzに忽然と超強力なFMラジオ放送が出現したのです。しかも私が好きではない(笑)竹内陶子 アナウンサーがしゃべっています。私は、地元CATVの再送信でNHKラジオ第1放送を聴く事がありますが、AMをFMで再送信しており、あくまでも音質は中波です。それが 86・0MHzのラジオ第1放送は、クリアなFM音質になっていました。

 この放送こそ「NHKラジオ第1放送 木祖楢川 FM補完中継」だったのです。受信地の きそむら道の駅から 中継局からの距離は 僅か数キロ程度。サービスエリアど真ん中です。完全にFM音質になったNHKラジオ第1放送を、初めて聴きましたが、民放の補完FMよりも、カルチャーショックを受けました。高音質にする価値に疑問がある民放とは 比較的にならないほどでした。

 あまりにもNHKラジオ第1のFM補完が強力だったのですが、他局の受信状況も調べてみました。NHK-FMは 入感しましたが、強力とは言えません。実は ラジオ第1FM補完と同一地点に中継局があるのですが、出力が 10分の1の 1Wに抑えられています。FM長野は 微かに木曽 中継局が入感する程度です。とてもポータブルラジオでは 実用に達しませんでした。

 あくまでも木曽郡 木祖村 薮原にある きそむら道の駅の駐車場で、付属ロッドアンテナを使った受信結果ですが、NHKラジオ第1 木祖楢川 FM補完中継局は、強烈な印象を残しました。NHKラジオ第1のFM補完は、置局条件が厳しく、長野県内でもまた 2局だけです。しかし、開局されれば新サービスエリア内のNHKラジオ第1放送は、劇的に受信状態が改善します。

 2025年にNHKは減波し、AM 1波・FM 1波になります。将来NHKラジオ第1のFM補完が普及していけば、AMは都道府県の親局程度を維持するだけで充分なはずです。特に全国をフルカバーしているNHK-FMの親局・中継局に、FM補完の送信施設を併設し、かつ民放にも共同利用の便宜を図れば、全国のラジオ受信状況も、劇的に改善するはずです。

 今回聴いたラジオ第1放送 木祖楢川 FM補完中継局は、NHK-FM中継局との併設です。使用周波数がひっ迫して、同期放送など解決しなければならない問題点もあります。しかしラジオ第1のFM補完は、淘汰された後に、我が国のラジオメディアが進む道かもしれません。初めてNHKラジオ第1のFM補完を この耳で聴き、考え方に間違いはないと確信した次第です。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 ご愛読者(拍手)ボタンがあります。