FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第814回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    UA「黄金の緑」
    BS朝日・ミニ番組「緑のコトノハ」テーマ曲

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・土曜ドラマ「不惑のスクラム」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    番匠谷紗衣「ここにある光」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [Josh Kramon]
    ♪器楽和音の刻み方がユニークで繊細な劇伴があり、特にテーマ音楽は 佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「ぬけまいる ~ 女三人伊勢参り」劇中効果音楽 [吉俣良]


 2020年 3月31日までと期限が定められていた、民放AMラジオのFM補完中継局の置局でしたが、民放ラジオ難聴解消支援事業の補助金制度もあって、あっと言う間に普及が進みました。周波数割当てがありながら免許未交付なのは、RKC高知放送、RNC西日本放送(香川)そして RFラジオ日本(神奈川)だけとなりました。

 ここ信州でも、FM補完の中継放送網が構築されつつあります。残り 3県の内、元 社会の木鐸(笑)のほうは、現在 NTV日本テレビと関係が深く、経費調達よりも、東京を含む中継局エリア と 置局位置のほうにネックがありそうな気がします。四国 2県は、別の方向からFM補完放送が整備されつつあります。NHKラジオ第1のFM補完放送です。

 当初 NHKラジオ第1のFM補完は、認めない原則を貫いていました。既存のNHK-FMがあり、その放送網を使えば 災害時の緊急報道は 可能であるとの考えです。しかし、鹿児島県や 沖縄県の島部では、既にNHKラジオ第1のFM中継が始まっていました。そして総務省は、NHKに離島でのみ認めていたFM中継局の設置を、本土でも認める様になったのです。

 許可が受けられるNHKラジオ第1のFM補完は、置局の目的が 難聴対策 もしくは 災害対策の2点に限定されています。そして、災害対策は 南海トラフ巨大地震関連が現在認められています。しかし、南海トラフ巨大地震の災害対策は、西日本全域がほぼ対象になります。そして難聴対策ならは、ここ長野県を含む全国に必要性が生じています。

 2年前に、長野県にも 南木曽 と 木祖楢川に、NHKラジオ第1のFM補完中継局が置局されました。目的は、地形的影響による難聴対策です。まだFM補完の許可をとっていない、RKC高知放送 と RNC西日本放送のサービスエリアにも、NHKラジオ第1のFM補完中継局が 3ヶ所置局されました。理由は 災害対策。南海トラフ巨大地震を想定しています。

 これからの焦点は「親局」つまり都道府県のセンター・放送局に、NHKラジオ第1のFM補完を認めるか否かになります。総務省では、現在でも当初の原則を貫き 親局のFM補完を認めていません。全都道府県の親局に、NHKラジオ第1のFM補完を認めたとなると、やはり 90 ~ 95MHzへの拡大程度では足りなくなる恐れもあります。

 それでも国民の生命・財産の安全確保に必要な情報が、今後とも適切に提供していく国策が大前提となるならば、親局・中継局といった規模の大小に関わらず、NHKラジオ第1のFM補完が全国に普及していく事は、充分にあり得ると思われます。それがきっかけとなって、日本のFMラジオメディアが峻烈な時代に入るのは 間違いありません。

 AMラジオ局にしか恩恵がなかった、民放ラジオ難聴解消支援事業の補助金も、今年になって FM沖縄 宮古島中継局 と FM秋田 東成瀬村の中継局に交付される事となりました。特にFM沖縄は、高い聴取率をマークしながら、本局送信所 と 本島北部の今帰仁 中継局しか送信施設のない状態が続いていましたが、遂に 宮古島から島部の中継局整備が始まります。

 FM長野と共に NHK―FMを愛聴している私としては、NHKラジオ第1の補完へ、NHK―FMが変質してしまう事を心配していましたが、杞憂に終わりそうです。NHK―FMには、クラシック音楽放送を中心とした現状の編成を維持しながらも、緊急報道を弾力的に放送するアイデンティティーを、これからも守って欲しいものです。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。