FM長野・NHK-FM リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第916回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    米津玄師「迷える羊」
    大塚製薬 テレビCMソング
    ♪ 編曲は 坂東祐大・米津玄師。
  2. 第 2 位 ( △ )
    和楽器バンド「月下美人」
    NHK総合・ミニ音楽番組「みんなのうた」10 ~ 11月 オンエアー曲
  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Aimer「悲しみの向こう側」
    三和酒類iichiko テレビCMソング
  4. 第 4 位 ( ▽ )
    藤川千愛「ありのままで」
    abn テレ朝・木曜ミステリー「科捜研の女 20」主題歌
  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・土曜時代ドラマ「子連れ信兵衛」劇中効果音楽 [栗山和樹]

 昨年方針が定まった「民放AMラジオ放送の廃止」ですが、総務省からAM停波「実証実験」の具体案が発表になりました。2028年の全国的な制度整備に向けて、まず 2023年に、第1次 実証実験として、希望局のAM放送を先行停波させ、FM放送への転換を行います。そして 2025年にも追加参加の機会を与える、第2次 実証実験を予定しています。

 この実証実験の期間は、概ね 3ヵ月から 1年を想定していますが、大きな問題が継続して起きなければ、実証実験後もそのままAM放送を停波したままでもよいとの重大な示唆も、具体案に含まれていました。特に中波中継局を持たない在京広域AM局に関しての実証実験は、時間帯停波からだと考えていたのですが、いきなり本番となる全面停波の実証実験となりそうです。

 またこの具体案は、AMラジオ局にとって、非常に厳しい内容を含んでいました。全面FM化しても世帯カバー率は、既存民放FM局の約 90%を概ね満たすことが要件だと明記。その割合に CATVのラジオ再送信区域をカウントするが、radikoは、輻輳・遅延が避けられず放送品質の確保が認められないネットサービスであり、対象外だと断じられてしまったのです。

 さらに決定的なのは、国土強靱化を命題とした、FM補完放送のための送信設備建設事業と異なり、AMラジオ局のFM化に関しては、放送事業者の経営判断に帰するため、国による財政支援を想定していないと、早くも釘を刺されてしまったのです。これらの具体案を読み解いていくと、自然地理が厳しい広域AM局のFM化に対して、より厳しい条件が浮かび上がってきます。

 私は、SBCラジオの高ボッチFM補完中継局が、真っ先に頭に浮かんでしまいましたが(笑)とにもかくにも この具体案は、総務省の原案であって、現在募集中のパブリック コメントをふまえて修正し、最終案を公表する予定です。ただ今までパブリック コメントにより、総務省原案が大きく変更になった例は 殆どなく、やはり この具体案が基準となりそうです。

 また当然FM化の際の親局は、現行のFM補完中継局になるわけですが、ワイドFM対応ラジオの普及が高くないと言及しながら、90Mhz以下への周波数変更は、原則として容認しておらず、AMとのダブル免許制度や、FM代替局の新設はもとより、新たなAM代替局の新設まで考察しているなど、AM放送の廃止というより、一部維持に苦心している印象を受けました。

 AM放送を廃止しFM化を容認するからには、放送法令を相当変更するつもりだと、私は考えていました。しかし、一発勝負的な実証実験といい、総務省は、民放ラジオ放送に関して、放送法令の根幹を一切変える事なく、AMラジオ放送の廃止に関して、厳しい条件をつけて認めていくようです。募集中のパブリック コメントによって、どの程度修正になるのか注目しています。


(追記) 週間放送視聴日記(2021年 4月23日)に、AM停波 パブリックコメントへの回答 を掲載しました。

(追記) 週間放送視聴日記(2021年 8月27日)に、民放AMラジオ44社が停波してFMに を掲載しました。

(追記) 週間放送視聴日記(2023年 6月 9日)に、AM停波 第1次実証実験に不参加続出 を掲載しました。

(追記) 週間放送視聴日記(2023年11月10日)に、KRY山口放送から始まるAM局のFM転換 を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 ご愛読者(拍手)ボタンがあります。