FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第372回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ ミニコーナー「龍馬伝紀行」効果音楽 [いちむじん]
    ♪終奏部のギター演奏は実に美しい。

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」テーマ音楽 [佐藤直紀]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「龍馬伝」劇中効果音楽 [佐藤直紀]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Sade“Soldier of Love”

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    aiko「あの子の夢」
    NHK総合・連続テレビ小説「ウェルかめ」主題歌


 先月15日から在京・在阪ラジオ局13社が、IPサイマル放送の実用化試験配信“radiko”を開始しました。

 「サイマル放送」とは、遅延が問題になる時報などを除き「サイマル」つまりラジオ放送が「そのまま」インターネットで配信されるものです。

 従来は著作権法上の問題などから、番組を細切れにストリーミングしていたコミュニティFM局のサイマルラジオも、ミュージックバードなどの再送信時間帯は、やはり同じ様な理由で中断していました。

 今回のIPサイマル放送は、24時間そのまま配信しており事実上のデジタル放送となる画期的なものです。しかし今回は実用化試験という事で、例えばTOKYO FMの“radiko”は 1都3県しか配信してません。

 このIPサイマル放送は、受け手のIPアドレスで接続元クライアントの位置を判断し、1都3県以外からのアクセスならばブロックが かかります。

 試しに私が“radiko”に入ってみたところ、長野県のIPなので「サービス地域外のためラジオを聴くことができません」と見事ブロックされました(笑)。

 実用化試験の段階ですから文句は言いませんが(笑)インターネット放送の世界標準から だいぶかけ離れた硬直的な考え方です。

 今のところIPサイマル放送のメリットが最も高いのは、やはり自社制作率の高いAMラジオ局だと思います。AMラジオがFM以上の音質で しかもステレオですから“radiko”の人気も集中しています。

 この各局ごとに異なるメリットの格差への懸念から“radiko”は、サービスエリア外の聴取にブロックをかけているのが本音かも知れません。

 ラジオ デジタル放送が、今までのアナログラジオと違った形で普及する可能性は「セント ギガ」以来その失敗の歴史からも極めて困難を伴います。となればラジオのデジタル化は、まずアナログ放送のサイマル化が最も妥当な考え方です。

 巨大な設備投資の必要がないインターネットによるIPサイマルラジオは、デジタルラジオ放送の重要な形態になるはずです。

 今日ラジオだけでなく既存メディアが、ネット隆盛の世界で生き残りの模索に苦しんでいます。一部の新聞社が取り組んでいる有料による全記事配信の「電子新聞」も、今までの無料で受けられるニュースと、どう価値が違うのか? いまいち はっきりしません。

 ラジオの将来は、やはりデジタル化などのハード面より、現在 放送している番組内容のソフト面に かかっているのです。


(追記) 2011年10月 3日から、長野県エリアで“radiko”の実用化試験配信が開始。その後 本配信に移行しました。本配信放送は、FM長野・SBCラジオ・ラジオNIKKEI・放送大学です。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2010年04月02日 の週間選曲リストと『 radiko ラジコ 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。