FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第641回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「まれ」劇中効果音楽 [澤野弘之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    安田芙充央 feat.Akimuse「遥かなるアジアの空」
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「井浦新 アジアハイウェイを行く」エンディング・テーマ
    ♪オリエンタルな旋律に貫かれているが終奏部は見事な和声で美しい。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ


 殆どの放送事業会社と全国のJFN加盟局で、先月末まで一斉に決算発表・株主総会がありました。即発含みの厳しい結果が多い中で、私が特に心配していたのは、お隣りFM岐阜の決算報告でした。

 2001年 4月に開局した岐阜エフエム放送株式会社(Radio 80)は、どうしても開局時から累積していた債務超過を解消する目処が立たず、昨年 2月28日で会社としての放送事業を打ち切り、翌日の 3月 1日より株式会社エフエム岐阜(FM GIFU)として新たなスタートを切りました。

 旧会社には、岐阜県や大垣市などから血税に基づく出資もあり、それらも債務の清算に総て充当し、既存の放送設備などを新会社に承継させて会社経営をスリムにする、一度しか切れないカードを切ってしまったのですが、株式会社エフエム岐阜の初の通年となる昨年度決算は、749万円の黒字(純利益)と、まずは無難なスタートとなりました。

 また新会社の株主構成は、当初 FM愛知とTOKYO FM・JFNグループが独占していましたが、FM岐阜の本社演奏所が在する大垣市の有力上場企業である、大光の名誉会長の金森勤 氏が代表取締役社長に就任し、地元資本からの出資も再び集まってきつつあるようです。

 FM岐阜は、社員アナウンサーが わすが1名。管理する送信所・中継局も多く、その経費削減たるや血の滲む努力だったと思います。

 FM岐阜の最新タイムテーブルを私は読んでみましたが、なんとか新規スポンサーを開拓して、提供のついた自社制作番組を、週7日24時間の中に少しでも散りばめていこうといった懸命の努力が解ります。

 そして前会社時代の大きな問題点だった、ニュース配信に関する中日新聞・岐阜新聞の たすき掛けも、平日は「中日新聞ニュース」とJFNニュース、土日は JFNニュースに統一された様です。

 さらに開局以来 30位まで発表していたFM岐阜のオリジナルチャートは、今年 4月から10位までとなりました。私は、岐阜県の音楽シーンをラジオ局としてリードしていく責務を、客観的なチャート発表を通じてシンボリックに果たしていくのでしたら 10位まで、なんなら 5位まででも(笑)可能だと思っています。

 FM岐阜の今後の収益見通しには、まだまだ相当不透明な点がありますが、単営ラジオ局の大きなネックである設備の減価償却などの課題を正面から捕え、背水の陣で経営の舵を切ったFM岐阜の勇気は称賛に値します。

 その姿勢の先には、ラジオ局の経営基盤の強靱化に資する新たな制度やラジオ放送番組の同一化など、これから待ちうける困難な問題にも、きっと地方をリードする立場が与えられる可能性も あり得ると考えます。

 単営ラジオ局の経営は、いっそう困難な道程だと思いますが、FM岐阜の問題を先送りしない決断と、きちんと危機感を共有する努力に隣県のラジオリスナーとして、心からのエールを送りたいと思います。

第642回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ
    ♪SBCでは 今週が最終回。ドラマ24は テレビ東京の本放送終了直後から、BS JAPANでオンエアーを開始する。

  2. 第 2 位 ( △ )
    安田芙充央 feat.Akimuse「遥かなるアジアの空」
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「井浦新 アジアハイウェイを行く」エンディング・テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( △ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「まれ」劇中効果音楽 [澤野弘之]


 2015FIFA女子ワールドカップ・カナダ大会の決勝が 6日朝に行われ、日本は 2-5で敗れて準優勝という結果でした。

 今大会の日本戦は平日午前の試合が多く、NHK-FMでラジオの中継を聴いていました。ただ決勝戦の中継は、NHKラジオ第1放送だったためテレビ観戦となりました。その日はテレビ観戦の後、自宅のベランダで植木の水やりをし、かめクン のご機嫌を伺って(笑)まるで休日の午前中の様でした。

 NHK BSプレミアムで放送中の「植物男子ベランダー」。会員であるNHKオンデマンドで好きな時間に視たいのですが配信はなく、木曜の23時15分からの本放送を録画しながら視ています。

 本来ならば Season2だけの放送ですが、なぜか合間に Season1の再放送を交えて、隔週ごとに本放送と再放送をする(笑)あまり前例のない不可思議な編成をしています。

 オンデマンドの配信がなくDVDも未だ発売されず、Season1とSeason2のごった煮放送(笑)。理由を考えてみると、この「植物男子ベランダー」に挿入される植物SONGSのコーナーが原因だと気づいてきました。

 植物の名を冠する歌を味わうという趣旨で、その楽曲をツーコーラスほど毎回流していますが、このコーナーを含んでオンデマンド配信したりDVDとして販売するのは、音楽著作権上のクリアが相当難しいと思われます。

 植物SONGSのコーナーは、本編のドラマと特に関係はなく(笑)このコーナーの他にもテーマ曲を始め音楽著作権が明確な既存楽曲をBG音楽として多用しています。

 それが原因で、オンデマンドやDVDへの副次的利用が出来ないとは、読みが浅かったというか(笑)企画当初から相当思い付きで構成・演出している感じです。そのお詫びの意味で、Season1も平行して放送し、視聴者側の個人的録画の便宜を図っているのかも知れません(笑)。

 それでも「植物男子ベランダー」の本編ドラマは面白く、松尾スズキ 演じる筋金入りの盆栽愛好家を描いたSeason2 第6話「その男、茂木梅吉」は、大変身に積まされるほど(笑)興味深かったです。

 私もマンション3階のベランダに、白梅と山紅葉の盆栽を育てているベランダーですが、茂木梅吉の最大のウィークポイント「温泉など長期の観光旅行に行けない」のは全く同じなのです。

 特に私の場合 満 24年飼っている かめクン の日々の世話もあるので、この間 長期の旅行には行けませんでした。但し茂木梅吉と異なる点は、住んでいるところが観光地しかも温泉街のマンションですので、即帰宅できる(笑)一晩泊まりや日帰りなら好きなだけ温泉を堪能できます(笑)。

 昨年のブログに「かめクン と アシナガバチ」という話を書きました。ひと夏の間、1匹のアシナガバチが我が家の青々と繁る山紅葉の盆栽を休憩所に使ってくれた話ですが、なんと今年も1匹のアシナガバチがやってきて、定時的に山紅葉の葉陰で休憩してくれてます。

 この光景は 3年連続です。寿命の関係から同じアシナガバチでは決してないと思うのですが、まるで古巣に戻ったかの様に、どこからともなく飛んできて紅葉の葉陰で、静かに休み また飛び去っていくアシナガバチを見てると、なぜか3年連続 我が家の山紅葉を気に入って通って来ている様に思えてきます。

 長期の旅行は出来ませんが、25年間元気な かめクン の飼い主でもあるベランダーとしては、3年連続やってきた 1匹のアシナガバチに、何物にも代え難い嬉しさを感じます。

第643回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    安田芙充央 feat.Akimuse「遥かなるアジアの空」
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「井浦新 アジアハイウェイを行く」エンディング・テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「コールドケース ~ 迷宮事件簿」テーマ音楽 [E.S.Posthumus]
    ♪エスニック性を有する旋律だがストリングスの和声は美しい佳曲。


 暑中お見舞い申し上げます。2015年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 夏の高校野球は、長野県大会が始まりました。中日新聞では 開幕前に県大会のトーナメント表が、販売店会から折り込まれてきます。

 そのトーナメント表のヤグラに、赤の色鉛筆で勝利校にラインを引いていくのが、最近の夏の楽しみのひとつです。

 長野県大会は、最多で10試合以上も行われる日があり、その勝利校を確認しながら、一本一本ラインを引いていくのは なかなか大変な作業ですが、大会終了時に総てのラインが引き終わったトーナメント表は美しく毎夏の楽しみにしています。出来上がったトーナメント表は、毎年きちんとファイルして保存しています。

 全国大会でも このライン引きを やってみたいのですが構造上 出来ません。開幕前にトーナメントのヤグラが組み上がっていないからです(笑)。

 「全国高校野球選手権大会」と「選抜高校野球大会」は、その長い歴史の中で一貫して勝ち抜きトーナメント方式により行われてきました。夏の高校野球の場合、総ての県予選の初戦から勝ち続ける限り、それが遥かに遠くでも全国優勝の道がある公平なシステムです。

 その県大会の抽選は、1回ないし2回で総てのヤグラを決定するのに対して、夏の全国大会の抽選は、現在「全試合抽選」という凝った抽選方法を採用しています。

 1950年台から この全試合抽選は採用されていて、1・2回戦から準決勝までヤグラが上がる度に抽選を行っていました。甲子園球場で試合途中に抽選会を行っていたシーンを、テレビ中継で視た方もあるかと思います。

 そして1995年の阪神淡路大震災直後の大会から全試合抽選は廃止され、最初の1・2回戦と3回戦以降の計2回抽選する方式に改められていました。

 ところが一昨年から また全試合抽選が復活しました。しかも1試合が終わった後、勝利校が ひとつずつ抽選していく実にきめ細かい方法となりました。

 2回戦から試合間隔の均衡を極力保つため、大会第1日の勝者は、必ず大会第7日の2回戦に当てはめ、3回戦は、2回戦最終日となる第9日の勝者が 大会第10日に当たらない制限を加えるなど、予め多くの条件をつけた抽選方法になったのです。

 はっきり言って この様な全試合抽選は凝り過ぎです(笑)。スポーツ大会におけるトーナメントの抽選方法は、誰でも理解出来る様に単純明快でなければなりません。

 春の選抜は、総てのヤグラを開幕前1回の抽選で決定しますが、準決勝ゾーンから2分割、4分割、8分割とゾーン分けをし、抽選順を決める予備抽選の段階から細かいルールを設けて条件への当てはめを行います。

 YouTubeで、春の選抜の組み合わせ抽選会を視た事がありますが、出場校の主将が横断歩道の渡り方を習う交通安全教室の様に(笑)細かく整列し、少ない選択肢しか与えられない抽選カードを引かせていました。

 これは もはや抽選ではありません(笑)。説明では 同一都道府県そして同一地区同士の高校が、出来る限り対戦しないように配慮しているのが基本の考え方だそうです。しかし、今年の選抜では、これだけのルールを かいくぐり(笑)長野県の松商学園が山梨県の県岐阜商と隣県同士の初戦になってしまっています(笑)。

 例え隣県同士の対戦でも、高校野球の聖地である甲子園球場で行われるのが全国大会たる所以です。また夏の高校野球の場合、1回戦からの 34チームには、2回戦からの 15チームと比較して、どんなルールを当てはめても厳然たる1試合のハンデが存在するのです。

 完全なトーナメント方式を採用している高校野球において、組み合わせ抽選は 最初の試合結果に匹敵するほど重大です。だからこそ一切の条件なく無作為・公平に行われなければならないのです。魅力的な対戦カードを作りたいとか、高校野球の内情ばかり見つめた凝り過ぎの抽選ルールは、作為以外の何者でもありません。

 1回だけの組み合わせ抽選で、きちんとトーナメントのヤグラを組めば、試合間隔の調整も自然とできます。抽選順を決める予備抽選で 1番を引いた高校主将は 選手宣誓。本抽選は、作為的なルールを一切設けない1回限りで総てのヤグラを決定する、誰でも理解できる抽選方法こそ高校野球の理想に沿うものです。

第644回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「コールドケース ~ 迷宮事件簿」テーマ音楽 [E.S.Posthumus]
    ♪タイトルバックの構成とテーマ音楽が合致している。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    安田芙充央 feat.Akimuse「遥かなるアジアの空」
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「井浦新 アジアハイウェイを行く」エンディング・テーマ

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]


 今年の大河ドラマ「花燃ゆ」。やはり視聴率的に苦戦傾向だそうです。同じ花でも 1994年の大河ドラマ「花の乱」を紹介する際に書きましたが、やはり戦国時代などシリーズの描写に誰でも理解出来得る歴史上の大転換点がないと、人気は盛り上がらない様です。

 昨年の大河「軍師官兵衛」を正月から視ていて、春 4月になった時に ふと気付いた事がありました。大河ドラマが終わった後の夜8時55分からのローカルニュースが、長野放送局(JONK)から放送されなくなったのです。関東甲信越ブロックのニュースとして、東京の放送センターからオンエアーされる様になりました。

 平日の同じ時間帯は「信州845」として、変わらず長野局からローカルニュースがオンエアーされています。土曜と日曜の夜8時台から翌朝まで、長野局からのニュースが無くなったのです。

 但し昨年 9月の御嶽山噴火直後は、日曜夜8時55分のニュースを長野局から放送していました。例外はあるのですが、現在も土曜・日曜の夜のローカルニュースは、長野局からではなく関東甲信越ブロックになっています。

 JFN加盟の県域FM局でも、先日紹介したFM岐阜では、平日は 中日新聞ニュースが放送されていますが、土日は JFNの全国ニュースだけになります。またFM石川でも、平日は 北陸中日新聞ニュースと北国新聞ニュースが流れますが、土日は やはりJFNニュースのみです。

 FM岐阜は 今年 4月から、そしてFM石川は 2009年から、土日のローカルニュースを止めています。更にFM山口では、ローカルニュース枠を全廃し、総てのニュースがJFNニュースだけとなりました。ローカルニュース廃止の方向性は、全国のJFN県域FM局へ徐々に広がっているのです。

 JFNも この傾向は充分理解している様で、ここ10年ほど土曜と日曜のJFNニュース配信回数を拡充しており、特に日曜夜は、夕方4時55分から10時55分まで計6回に渡り加盟局へ配信し、FM長野でも 午後5時55分・8時55分・10時55分の3回、JFNニュースをFM長野ニュースとして放送しています。

 そして この土日のローカルニュースを廃止する傾向は、人員やフォーマットの合理化が進んでいる米国のラジオでも先行して広がっているのです。

 NHK総合の場合、長野局から送出されなくても、関東甲信越ブロックとは言え広域のローカルニュースへ変わった事でも象徴される様に、道州制を睨んだラジオ放送番組の同一化が進むと、広域のローカルニュースがJ FN加盟局に流れる可能性は 今後あるかも知れません。

 しかし、本社演奏所のあるスタジオから生放送で送出される、放送局のサービスエリアを取材対象とした純粋なローカルニュースを、狭義のローカルニュースとした場合は、やはり土日の休止傾向が否定できない事実です。

 もちろん音楽放送を主体としたFMラジオ放送局の定時ニュース報道は、幅広くヘッドラインを出来る限りコンパクトに伝える事が大切であり、当然全国規模のニュースの集約が適切な場合も考えられます。

 それでも必須なニュース報道には、サービスエリア内の気象情報や選挙での当確者速報。そして緊急災害報道も当然含まれます。土日だからといって休んではくれません(笑)。それらの素早い送出を可能にするためにも、将来まで続く地方行政区画を見据えたニュース配信社との連携強化は、地上基幹放送事業者である以上 不可欠となってきます。

 広域のローカルニュースを発信する局は、エリア内で必ず生き残るはずです。土日のローカルニュース廃止傾向こそラジオ局の場合、番組の広域同一化や強いては経営統合に向かう道筋のマイルポストである事は間違いありません。

第645回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「コールドケース ~ 迷宮事件簿」テーマ音楽 [E.S.Posthumus]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪強調した和音の繰り返しが際立ってるが美しい旋律も有する劇伴群。


 以前 ブログで「冥王星を惑星から除外」と国際天文学連合が決定したニュースについて書いた事がありました。珍しいタイプのニュース速報だったと言う点と、国際天文学連合が下した決定の妙に政治的なプロセスを やんわりと指摘しています。今から 9年前です。

 その時は既に探査機「ニューホライズンズ」が、地球から冥王星へ旅立っていました。そして遂に14日 ニューホライズンズは、冥王星に最接近(フライバイ)し、鮮明な映像を 遥か50億キロ離れた地球の人類に届けてくれました。

 ハップル宇宙望遠鏡を使っても ぼんやりとしか見えなかった冥王星の素顔が、100メートルの大きさも判別出来る解像度の望遠撮像装置を搭載したニューホライズンズによって、見事に明らかになりました。

 その冥王星の映像で やはり目を引いたのは、ハート型をした大氷原です。しかも地球の氷河の様に変動しており、回りには大気の存在も確認されています。

 殆ど知られていなかった元・第9惑星である冥王星の全貌を、一気に明らかにしてくれた探査機「ニューホライズンズ」ですが、その飛行計画に私は強い興味を持ちました。

 ニューホライズンズは、今までの探査機を超える推力で打ち上げ、秒速15キロ 時速換算で5万6000キロという猛スピードで冥王星へ向かいました。その猛スピードで進む外側の動力部とは裏腹に、9年間の内 約3分の2もの長い期間を、ニューホライズンズの内部は眠っていたのです。

 つまり機能を停止した状態を維持し、週1回 無事の便り(笑)をニューホライズンズからメッセージとして地球の管制ルームへ送信。数ヶ月に1度のシステムチェックや木星・海王星への接近などイベント時(笑)に撮影などのお仕事(笑)をしていました。

 ニューホライズンズの猛スピードは、たとえ冥王星へ接近しても落とす事ができません。そこで最接近時の約12時間ほどは、地球との交信を断ってまで撮影と観測に集中させ、冥王星を通過した後ニューホライズンズは 何百項目もの調査データを、なんと16ヵ月もかけて少しずつ地球へ送信していくのだそうです。

 今回の最接近で、撮影・観測の集中作業が無事終了したとの電波信号(エンジニアリング・シグナル)は無事送られてきており、その直後 速報として高解像度撮影された冥王星の全景写真が地球に届きました。ニューホライズンズの飛行計画は、なんとメリハリの効いた味のあるものなのでしょうか(笑)。

 大氷原と大気の存在が確認された冥王星の素顔は、もしかすると惑星として原始の地球の姿を残しているのかも知れません。その素顔を知った今、なおさら 9年前のブログで書いた通り、地球上の生命体には不都合はないのですから(笑)冥王星が太陽系の第9惑星でも構わないと、私は思い続けています。

 国際天文学連合が定めた冥王星の地位は、現在「準惑星」(笑)だそうですが、その様な政治的な決定ではなく、ニューホライズンズからの観測データを詳細に分析して、学術的見地から冥王星を第9惑星に復活させる粋な計らい(笑)を 国際天文学連合には期待しています。


(追記) 週間放送視聴日記(2017年 9月22日)に、はやぶさ大地 冥王星 を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2015年7月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。