FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第643回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    安田芙充央 feat.Akimuse「遥かなるアジアの空」
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「井浦新 アジアハイウェイを行く」エンディング・テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「コールドケース ~ 迷宮事件簿」テーマ音楽 [E.S.Posthumus]
    ♪エスニック性を有する旋律だがストリングスの和声は美しい佳曲。


 暑中お見舞い申し上げます。2015年の盛夏を迎え 暑い日が続いています。ご愛読者の皆様には どうか ご自愛ください。

 夏の高校野球は、長野県大会が始まりました。中日新聞では 開幕前に県大会のトーナメント表が、販売店会から折り込まれてきます。

 そのトーナメント表のヤグラに、赤の色鉛筆で勝利校にラインを引いていくのが、最近の夏の楽しみのひとつです。

 長野県大会は、最多で10試合以上も行われる日があり、その勝利校を確認しながら、一本一本ラインを引いていくのは なかなか大変な作業ですが、大会終了時に総てのラインが引き終わったトーナメント表は美しく毎夏の楽しみにしています。出来上がったトーナメント表は、毎年きちんとファイルして保存しています。

 全国大会でも このライン引きを やってみたいのですが構造上 出来ません。開幕前にトーナメントのヤグラが組み上がっていないからです(笑)。

 「全国高校野球選手権大会」と「選抜高校野球大会」は、その長い歴史の中で一貫して勝ち抜きトーナメント方式により行われてきました。夏の高校野球の場合、総ての県予選の初戦から勝ち続ける限り、それが遥かに遠くでも全国優勝の道がある公平なシステムです。

 その県大会の抽選は、1回ないし2回で総てのヤグラを決定するのに対して、夏の全国大会の抽選は、現在「全試合抽選」という凝った抽選方法を採用しています。

 1950年台から この全試合抽選は採用されていて、1・2回戦から準決勝までヤグラが上がる度に抽選を行っていました。甲子園球場で試合途中に抽選会を行っていたシーンを、テレビ中継で視た方もあるかと思います。

 そして1995年の阪神淡路大震災直後の大会から全試合抽選は廃止され、最初の1・2回戦と3回戦以降の計2回抽選する方式に改められていました。

 ところが一昨年から また全試合抽選が復活しました。しかも1試合が終わった後、勝利校が ひとつずつ抽選していく実にきめ細かい方法となりました。

 2回戦から試合間隔の均衡を極力保つため、大会第1日の勝者は、必ず大会第7日の2回戦に当てはめ、3回戦は、2回戦最終日となる第9日の勝者が 大会第10日に当たらない制限を加えるなど、予め多くの条件をつけた抽選方法になったのです。

 はっきり言って この様な全試合抽選は凝り過ぎです(笑)。スポーツ大会におけるトーナメントの抽選方法は、誰でも理解出来る様に単純明快でなければなりません。

 春の選抜は、総てのヤグラを開幕前1回の抽選で決定しますが、準決勝ゾーンから2分割、4分割、8分割とゾーン分けをし、抽選順を決める予備抽選の段階から細かいルールを設けて条件への当てはめを行います。

 YouTubeで、春の選抜の組み合わせ抽選会を視た事がありますが、出場校の主将が横断歩道の渡り方を習う交通安全教室の様に(笑)細かく整列し、少ない選択肢しか与えられない抽選カードを引かせていました。

 これは もはや抽選ではありません(笑)。説明では 同一都道府県そして同一地区同士の高校が、出来る限り対戦しないように配慮しているのが基本の考え方だそうです。しかし、今年の選抜では、これだけのルールを かいくぐり(笑)長野県の松商学園が山梨県の県岐阜商と隣県同士の初戦になってしまっています(笑)。

 例え隣県同士の対戦でも、高校野球の聖地である甲子園球場で行われるのが全国大会たる所以です。また夏の高校野球の場合、1回戦からの 34チームには、2回戦からの 15チームと比較して、どんなルールを当てはめても厳然たる1試合のハンデが存在するのです。

 完全なトーナメント方式を採用している高校野球において、組み合わせ抽選は 最初の試合結果に匹敵するほど重大です。だからこそ一切の条件なく無作為・公平に行われなければならないのです。魅力的な対戦カードを作りたいとか、高校野球の内情ばかり見つめた凝り過ぎの抽選ルールは、作為以外の何者でもありません。

 1回だけの組み合わせ抽選で、きちんとトーナメントのヤグラを組めば、試合間隔の調整も自然とできます。抽選順を決める予備抽選で 1番を引いた高校主将は 選手宣誓。本抽選は、作為的なルールを一切設けない1回限りで総てのヤグラを決定する、誰でも理解できる抽選方法こそ高校野球の理想に沿うものです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2015年07月17日 の週間選曲リストと『 高校野球の抽選方法 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。