FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第644回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「コールドケース ~ 迷宮事件簿」テーマ音楽 [E.S.Posthumus]
    ♪タイトルバックの構成 と テーマ音楽が合致している。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    安田芙充央 feat.Akimuse「遥かなるアジアの空」
    NHK BSプレミアム・ドキュメンタリー番組「井浦新 アジアハイウェイを行く」エンディング・テーマ

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]


 昨年のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」を 正月から視ていて、春 4月になった時に ふと気付いた事がありました。大河ドラマが終わった後の夜 8時55分からのローカルニュースが、長野放送局(JONK)から放送されなくなったのです。関東甲信越ブロックのニュースとして、東京の放送センターからオンエアーされる様になりました。

 平日の同じ時間帯は「信州845」として、変わらず長野局からローカルニュースがオンエアーされています。土曜 と 日曜の夜 8時台から 翌朝まで、長野局からのニュースが無くなったのです。昨年 9月の御嶽山噴火直後など例外はあるのですが、現在も土曜・日曜の夜のローカルニュースは、長野局からではなく 関東甲信越ブロックになっています。

 JFN加盟の県域FM局でも、FM岐阜 では、平日は 中日新聞ニュースが放送されていますが、土日は JFNの全国ニュースだけになります。また FM石川 でも、平日は 北陸中日新聞ニュース と 北国新聞ニュースが流れますが、土日は やはりJFNニュースのみです。更にFM山口では、ローカルニュース枠を全廃し、総てのニュースがJFNニュースだけとなりました。

 JFNも この傾向は 充分理解している様で、ここ 10年ほど土曜 と 日曜のJFNニュース配信回数を拡充しており、特に日曜夜は、夕方 4時55分から 10時55分まで計 6回に渡り加盟局へ配信し、FM長野でも 午後5時55分・8時55分・10時55分の3回、JFNニュースをFM長野ニュースとして放送しています。

 そして この土日のローカルニュースを廃止する傾向は、人員やフォーマットの合理化が進んでいる米国のラジオでも、先行して広がっているのです。日本でも傾向を受け継ぎ、NHK総合の土日夜のローカルニュースが、長野局から送出されなくなり、関東甲信越ブロックとは言え、東京の放送センターから広域のローカルニュースへ変わった事にも象徴されています。

 道州制を睨んだラジオ放送番組の同一化が進むと、広域のローカルニュースがJFN加盟局に流れる可能性は、今後あるかも知れません。しかし、本社演奏所のあるスタジオから生放送で送出される、放送局のサービスエリアを取材対象とした純粋なローカルニュースを、狭義のローカルニュースとした場合は、やはり土日の休止傾向が否定できない事実です。

 もちろん音楽放送を主体としたFMラジオ放送局の定時ニュース報道は、幅広くヘッドラインを出来る限りコンパクトに伝える事が大切であり、当然全国規模のニュースの集約が適切な場合も考えられます。それでも必須なニュース報道には、サービスエリア内の気象情報や選挙での当確者速報。そして緊急災害報道も当然含まれます。土日だからといって休んではくれません。

 将来まで続く地方行政区画を見据えたニュース配信社との連携強化は、地上基幹放送事業者である以上、不可欠となってきます。広域のローカルニュースを発信する局は、エリア内で必ず生き残るはずです。土日のローカルニュース廃止傾向こそラジオ局の場合、番組の広域同一化や、強いては経営統合に向かう道筋のマイルポストである事は 間違いありません。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。