FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第645回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    The VLA“When I Am Through With You”
    BS Dlife・外国テレビドラマ「ダメージ」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「コールドケース ~ 迷宮事件簿」テーマ音楽 [E.S.Posthumus]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「花燃ゆ」テーマ音楽 [川井憲次]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ストレイテナー“The Place Has No Name”
    SBC テレビ東京・ドラマ24「不便な便利屋」オープニング テーマ

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」テーマ音楽 及び 劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪強調した和音の繰り返しが際立ってるが美しい旋律も有する劇伴群。


 以前 ブログで「冥王星を惑星から除外」と国際天文学連合が決定したニュースについて書いた事がありました。珍しいタイプのニュース速報だったと言う点と、国際天文学連合が下した決定の妙に政治的なプロセスを やんわりと指摘しています。今から 9年前です。その時は既に探査機「ニューホライズンズ」が、地球から冥王星へ旅立っていました。

 そして遂に 14日 ニューホライズンズは、冥王星に最接近(フライバイ)し、鮮明な映像を 遥か 50億キロ離れた地球の人類に届けてくれました。ハップル宇宙望遠鏡を使っても、ぼんやりとしか見えなかった冥王星の素顔が、100メートルの大きさも判別出来る、解像度を有した望遠撮像装置が搭載されたニューホライズンズによって、見事に明らかになりました。

 その冥王星の映像で やはり目を引いたのは、ハート型をした大氷原です。しかも地球の氷河の様に変動しており、回りには 大気の存在も確認されています。殆ど知られていなかった元・第 9 惑星である冥王星の全貌を、探査機「ニューホライズンズ」は、一気に明らかにしてくれました。その ニューホライズンズ の飛行計画にも、私は 強い興味を持ちました。

 ニューホライズンズは、時速換算で 5万6000キロという猛スピードで冥王星へ向かいました。その猛スピードで進む外側の動力部とは裏腹に、9年間の内 約 3分の2もの長い期間を、ニューホライズンズの内部は眠っていたのです。つまり機能を停止した状態を維持し、週 1回 無事の便り(笑)や数ヶ月に 1度のシステムチェックを地球の管制ルームへ送信していました。

 ニューホライズンズの猛スピードは、たとえ冥王星へ接近しても落とす事ができません。そこで冥王星最接近時の約 12時間ほどは、地球との交信を断ってまで撮影と観測に集中させます。そして冥王星を通過した後に ニューホライズンズは、何百項目もの調査データを、なんと 16ヵ月もかけて少しずつ地球へ送信していくのだそうです。

 今回の最接近で、撮影・観測の集中作業が無事終了したとの電波信号(エンジニアリング・シグナル)は無事送られてきており、その直後 速報として高解像度撮影された冥王星の全景写真が地球に届きました。ニューホライズンズによって、大氷原と大気の存在が確認された冥王星の素顔は、もしかすると惑星として原始の地球の姿を残しているのかも知れません。

 その冥王星の素顔を知った今、なおさら 9年前のブログで書いた通り、地球上の生命体には不都合はないのですから(笑)冥王星が太陽系の第 9 惑星でも構わないと、私は思い続けています。ニューホライズンズからの観測データを詳細に分析して、学術的見地から冥王星を第 9 惑星に復活させる粋な計らい(笑)を、国際天文学連合には 期待しています。


(追記) 週間放送視聴日記(2017年 9月22日)に、はやぶさ大地 冥王星 を掲載しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2015年07月31日 の週間選曲リスト と『 冥王星の素顔 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。