FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第755回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    BS Dlife・外国テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  2. 第 2 位 ( △ )
    Liam Gallagher“Wall Of Glass”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「おんな城主直虎」第32回における歌唱観音経[柴咲コウ]
    ♪1位 1週、登場 3週。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽[吉川清之]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    JUJU「いいわけ」
    NHK総合・ドラマ10「この声をきみに」主題歌
    ♪ヴォーカルの高音部とベース・ホーンが和声になっている佳曲。

 国際天文学連合は 7日に、ニューホライズンズの探査で判明した冥王星にある大陸地形を、サンプル回収に成功した日本の小惑星探査機「はやぶさ」にちなんで「はやぶさ大地」(Hayabusa Terra)と命名すると発表しました。

 ニューホライズンズが撮影して判明した、冥王星にある 14の代表的な山地・谷・クレーターを、今回正式に命名した内のひとつが、はやぶさ大地です。あの特徴的なハート形の大氷原は、旧ソ連が打ち上げ成功した人類初の人工衛星「スプートニク1号」にちなんで「スプートニク平原」と命名されました。

 どうも新聞報道での写真と矢印の位置関係が判りにくいので、国際天文学連合発表の地形図を確認したのですが、はやぶさ大地は、やはり大地の名にふさわしい面積を有していました。

 はやぶさ大地は、ハート形をしたスプートニク平原の向かって右側の心房(笑)上近くにある広大な土地で、左側の心房の上は、ボイジャー大地と今回命名されています。

 はやぶさ大地の命名は、日本の宇宙開発にとって、さらに日本の国家にとって大変名誉な事だと思います。一番大きなスプートニク平原命名の源になった、ロシアの喜びは いかばかりかと推察します。

 11年前のこのブログで 冥王星を惑星から除外と題し、冥王星が惑星から準惑星に降格(笑)した顛末を書いた事がありました。また2年前には、冥王星に最接近したニューホライズンズについて書いています。

 2015年 7月の冥王星最接近時の撮影と観測結果は、少しずつ少しずつ地球へ送信されました。そして約15ヶ月経過した昨年10月、送られた何百項目もの全調査データは、1ビットも残さず(笑)地球で受信に成功しました。全調査データは約50GB程度ですから、ちょっとした動画ファイル数枚程度です(笑)。それを約15ヶ月かけて送受信したのです。

 役目を終えたニューホライズンズは、現在太陽系を離脱する旅に向かっていますが、その通り道の海王星軌道外側の天体密集地帯 エッジワース・カイパーベルト内に位置する、2014MU69という星へ最接近して観測を行う予定もあります。2019年の1月だそうです。

 やはり はやぶさ にしろ、ニューホライズンズにしろ、時間をかけた宇宙無人探査は得るものが大きいです。

 「はやぶさ大地」と命名された地形を持つ冥王星。第9でも第10でも構いませんので(笑)やはり太陽系の惑星に復帰させるべきだと思ってしまいます。ブログで何度も言っていますが(笑)冥王星が太陽系の惑星であっても、地球上の生命体には不都合はないのです。

 冥王星の地形に「はやぶさ大地」と命名して頂き感謝していますが、どうか冥王星を、新たな学術的見地から惑星に復活させる粋な計らい(笑)を、 国際天文学連合には、さらに期待しています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年09月22日 の週間選曲リストと『 はやぶさ大地 冥王星 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。