FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第754回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「おんな城主直虎」第32回における歌唱観音経[柴咲コウ]

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    BS Dlife・海外テレビドラマ「NCIS ~ ネイビー犯罪捜査班」テーマ音楽 [Maurice Jackson]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    abn テレ朝・木曜ミステリー「遺留捜査」テーマ音楽[吉川清之]

  4. 第 4 位 ( ⇒ )
    Choco「曲目不詳 劇伴トラック」
    abn テレ朝・ドラマ「刑事7人」挿入歌
    ♪最終話では対象トラックがオンエアーされている。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Liam Gallagher“Wall Of Glass”


 1990年代にとある地方紙に、新聞の未来と題して、20年後には購読者の家庭にあるファックスの様な端末に、毎朝新聞が送信される電子新聞となっていく予測イメージが掲載されていました。

 それを読んだ私は、この様な電子新聞になると、宅配は無くなるのだから、全国に散らばる専売所や新聞店は不要になると宣言しているものではないか? よくこんな未来予測を載せたなと、思ったものでした(笑)。

 その20年後は、既に到来していますが、国内いや全世界を見回しても、その様なファックス形式の電子新聞なんぞはどこにも出現しません(笑)。ただ新聞の紙面は、ネットのディスプレイに簡単に表示される時代になりました。紙にプリントするのではなく、ディスプレイでの表示を読む事で完結しています。

 10年ほど前から、これからは電子書籍の時代が到来し、紙で出来た本は消滅すると、声高に叫ばれてきました。しかし、この数年で電子書籍に頭打ちの傾向が、国内そして世界で出てきてるそうです。

 最近私は、紙の書籍(笑)を購入しました。鎌倉幕府の公式日記である吾妻鏡の口語版「現代語訳 吾妻鏡」です。また大河ドラマ「草燃える」をオンデマンドで視聴してしまい 興味止みがたく、遂に吾妻鏡を購入してしまったのです。

 もちろん吾妻鏡の現代語訳は、ネットにも流通していますが、躊躇なく紙の書籍を購入しました。それにはコレクション的意図も含まれています。

 このブログも書籍化を検討した事があります。書籍化と言っても1冊だけ(笑)記念に書籍にしてみようかな? といった程度です。ブログのテキストデータから比較的簡単に書籍に出来ますが、検討した結果 見送りました。このブログのリンクが書籍で表現出来ないし、各リストで(追記)が発生した場合、書籍に反映出来ないと言った理由からです。

 前述したファックス形式の電子新聞は、紙での送信に拘り、記事のプリントアウトを前提にしていました。そして電子書籍は、ページ送りとか栞機能とか、紙の書籍をどうにかスムーズに再現しようと躍起になっています。

 しかし、新聞の記事にしても、書籍の内容にしても、ネットから得ようとするならば、ディスプレイの表示を、読み終えれば事足ります。記事や内容を必要とする受け手に、伝達手法の拘りはありません。

 新聞や書籍の内容をコンテンツとしてバラバラにする事が、既にインターネットの世界で可能になってしまいました。そんな簡便な世界となった今、電子書籍が普及度を加速し続けるのは限界があります。

 これだけネット社会が浸透しても、まだ紙の新聞や紙の書籍は、衰退傾向を見せても、まだ完全に姿を消しません。紙の書籍にコレクション的意味を与えたり、紙の新聞を丁寧に切り取って、スクラップブックを作る事に面白みを感じる人々は まだ多く残っています。それは最終の受け手がデジタル媒体でなく、複雑な感情を有する生身の人間だからなのです。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2017年09月15日 の週間選曲リストと『 電子書籍の限界点 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。