FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第330回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Hey Monday“Homecoming”

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「夫婦旅日記さらば浪人」劇中効果音楽 [いずみたく]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Linkin Park“New Divide”
    ♪美しい旋律に裏付けされた高い域のオルタナティブ・メタル。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌
    ♪1位 3週、登場 7週。


 FM長野(JFN)で毎週土曜午後放送している“COUNTDOWN JAPAN”ですが、この4月から原則として、ベスト 10を総てオンエアーする様になりました。ワンコーラスだけですが、およそ 15年ぶりです。番組冒頭から いきなり 10位の曲をかけ、例の(笑)ゲストトークが挿入されても、どうにか 1位まで全曲オンエアーしています。

 また その後の「ポップスベストテン」も、今まで非公表だった順位決定の要素を 発表し始めました。JFN全国 38局のオンエアーチャートとリクエスト、CDのセールス、iTunes ウィークリーチャートのポイントを集計しているとの事です。以前は、リクエスト枚数だけで順位を決めており、年間チャートでも、放送直前のリクエストを加味していた事もありました。

 “COUNTDOWN JAPAN”は、一時期シングルCD売上チャートと、極めて類似してきた時期がありました。現在では、リクエストに JFN各局のオンエアーを集計したオンエアーチャート、携帯の着メロ着うたのダウンロードチャート、CDの売上枚数のチャートなど総合的にまとめた、独自のランキングを発表しているそうです。

 私自身、この両番組の「手書きチャート」の記録は約 9年前に止めています。最近のチャートをチェックしてみると、両番組の順位に、今まで あまり無かったポイント集計独特の 揺り戻し がみられます。しかし“COUNTDOWN JAPAN”に関して、すぎもとまさと や 樋口了一など、FM局にプロモーションをかけずヒットした楽曲は、上位 10曲にランクされません。

 民放FMのオンエアー状況は、未だ若年齢層をターゲットに、消費材の如く量産される邦楽新譜を、音楽流行の絶対要素として扱っている感じです。これからのラジオヒットチャートは、選曲のウィングを躊躇わず広げたラジオ局のAIRPLAYデータに主軸を置き、演歌でもクラシックでも旧譜でも新譜でも平等に、その放送回数が集計されるべきです。

 ラジオチャート番組の鉄則は、全ての選曲を聴取者へ委ねる事にあります。その鉄則を満たすため、今最も多数の聴取者が満足する選曲を、統計手法で客観的に行うのが必須です。ここがラジオチャート番組の本質なのです。この本質を理解できないスタッフが制作担当になると、途端に番組構成を自分好みに変えてしまい、ラジオチャート番組は 潰れていくのです。

 ビートルズの楽曲だけで毎週チャートを発表する、RFラジオ日本の“THE BEATLES 10”は、AM局ですが少しずつネットを増やしています。ビートルズの公式発表曲 や 解散後の公開曲、合計 236曲から毎週ベスト 20を選ぶという設定は、実に素晴らしいものです。新譜だけをラジオチャート番組の対象にする時代は、静かに終焉を迎えているのです。


(追記) 2010年 4月から“COUNTDOWN JAPAN”は“COUNTDOWN jp”にマイナーチェンジし、ベスト10の全曲オンエアーも また打ち切られました。

第331回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]
    ♪聴き込むほどに転調の美しさが染みてくる。

  2. 第 2 位 ( △ )
    Linkin Park“New Divide”

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    Hey Monday“Homecoming”

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    NHK総合・NHKスペシャル「シリーズJAPANデビュー」テーマ音楽 [プロジェクトimage]

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「夫婦旅日記さらば浪人」劇中効果音楽 [いずみたく]


 2010FIFAワールドカップ・アジア地区最終予選が 6日行われ、ウズベキスタンに1-0 で勝利。最終予選 2位以上が確定し、世界最速で南アフリカ本大会出場権を獲得しました。日本は、4大会連続となるW杯出場となります。この試合のロスタイム直前に退場処分まで受けた岡田武史 監督は、1998年のフランス本大会以来 2度目の予選突破です。

 日本は、AFCランキング 1位(組合せ当時)となり昨年の第3次予選からシードで出場。4勝 1分 1敗・勝点 13で第3次予選を 1位通過しました。アジア地区の最終予選は、2組に分かれ、各組上位 2チームが本大会出場。3位は アジア地区のプレーオフ と オセアニア地区 1位との「大陸間プレーオフ」を勝ち抜くと本大会出場。4位・5位は予選敗退となっていました。

 FIFA ワールドカップの予選は「欧州」「アジア」「アフリカ」「南米」「北中米カリブ海」「オセアニア」と 6地区に分かれています。今大会からオーストラリアが、アジア地区へ「転籍」しました。オーストラリアだけが、オセアニア地区を飛び越して(笑)アジア地区に入ったのです。そのオーストラリアも、同日世界 2位のスピードで 本大会出場を決めています。

 オセアニア地区のメンバー国は、ニュージーランド・ニューカレドニア・フィジーなどで、どう考えてもオーストラリアをアジアとすれば、オセアニア総てはアジアになります(笑)。地政学上の問題というより、AFC(アジア サッカー連盟)には、オセアニア サッカー連盟と統合して本大会出場枠を増やそうという意図もあり、まずオーストラリアが引き抜かれた様です。

 そう言えば大英帝国の対抗戦が W杯の原点であるが故に、イギリスは 国家代表として統合されず、イングランド・スコットランド・ウエールズ・北アイルランドと分割参加しています。その昔、ソビエト連邦が票数欲しさに(笑)ベラルーシ(当時は白ロシア)やウクライナを、独立国 扱いで国連加盟させていました。この事を なぜか思い出してしまいました(笑)。

 ともあれオセアニア地区予選というのは、最も小規模のW杯予選です。ここで 1位通過しても、アジア地区 3位のプレーオフ勝者と、さらにプレーオフが必要で本大会への道は険しいのです。岡田 監督は、本大会で「世界四強」を目指しているそうですが、その志の高さに期待は高まっています。岡田ジャパン、W杯 南アフリカ 本大会出場おめでとう ございます。


(追記) 2010FIFAワールドカップ・アジア地区最終予選における日本の成績は、4勝 1敗 3分・勝点 15となり、グループAを 2位で通過しました。

第332回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Linkin Park“New Divide”
    ♪通算100曲目の1位楽曲。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    Hey Monday“Homecoming”
    ♪1位 2週、登場 6週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ
    ♪やはりアニソン的旋律構成だが独特な転調がある佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「白昼の死角」劇中効果音楽 [市川秀男]
    ♪主題歌「欲望の街」と双璧をなすほどの秀でた劇伴音楽。


 先日 HTB北海道テレビ「水曜どうでしょう」で現在 放送自粛になっている「東日本縦断 ~ 原付激走72時間」「原付西日本制覇」を視る機会がありました。

 自然公園法違反で問題となった、鳥取砂丘に番組タイトルを砂文字したシーンや、道路交通法で定められた積載重量オーバーのお米を、荷台に積んで走行しているシーンが確認できました。しかし、刑事罰の対象とは言え どう視ても微罪です。

 地元新聞によると、番組ディレクターは、別の自然公園法違反に関して、鳥取砂丘でなく、レストハウス周辺の砂を採取したため、問題はないと判断したとの事です。番組ディレクターとは、あのふたり以外にいませんが(笑)法の不知だったのか? 際どい言い訳なのか? は追求したくありません(笑)。

 「東日本縦断 ~ 原付激走72時間」「原付西日本制覇」は、シーンの一部カットや謝罪テロップの挿入などで、充分放送可能だと思うのです。自粛するには とても忍びない程の素晴らしい映像でした。

 同様の企画である「原付ベトナム縦断 ハノイ → ホーチミン1800Km」も視てみました。こちらは ちゃんとベトナム政府の公安警察の方が同行しておりオールクリアとの事。長期の戦争で疲弊し切った後、経済成長を経て活気ある姿になったベトナム全土が、美しい自然風土と共に追体験出来る様で、視聴後は感動すら覚えました。

 abn長野朝日放送で毎週放送されている「水曜どうでしょう Classic」は、現在ユーコン川160キロを放送しています。既に最も先行していたHTB北海道テレビでは、4月22日を以って全シリーズ放送終了となりました。ところが翌週から、なんと同時間帯で「再放送」に入り、また1996年のサイコロ1へ戻っています。

 “Classic”自体が実質再々放送ですから、遂に再々々放送(笑)へ突入した訳で、14年間に渡ってHTB北海道テレビは「水曜どうでしょう」を繰り返し放送し続けています。日本の放送史的にもエポックメーキングな出来事です。

 またBS朝日でも4月から「水曜どうでしょう Classic」の全国放送を開始しました(現在サイコロ3)。番組のDVDは200万枚を突破。集計対象に復活したオリコンDVDチャートも、新作が 1位を獲得しています。

 ここまで人気は高いのです。どうにか原付企画を放送出来ないものでしょうか? 放送事業会社のコンプライアンスとは、次元の異なる問題だと思うのです。

第333回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Linkin Park“New Divide”

  2. 第 2 位 ( △ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「白昼の死角」劇中効果音楽 [市川秀男]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル「刑事一代 ~ 平塚八兵衛の昭和事件史」劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪優れたドラマに合致した脇を支える劇伴音楽。


 2009年は 上半期が終了し、これから折り返し点を迎えます。そこで『2009 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 昔は音楽ヒットチャート番組の多くが、上半期チャートを作成し、6月最終週に「上半期」12月最終週は「年間」の発表をするのが恒例でした。「下半期」チャートまで発表していたのは、LFニッポン放送の「不二家歌謡ベストテン」以外 記憶がありません。不二家歌謡ベストテンは、12月最終週が下半期ベストテン、翌年1月第1週には年間ベストテンの発表でした。

 FM長野(JFN)のコーセー歌謡ベストテンや、ダイヤトーン ポップス ベスト10でも、長年 上半期と年間ベストテン の発表を続けてきました。しかし“COUNTDOWN JAPAN”と コスモ ポップス ベスト10に変わってから、8年間ほど 上半期の発表がありませんでした。ところが今年から両番組とも、上半期チャートの発表を復活。20日に放送しています。

 今でも音楽ヒットチャート番組にとって、6月そして12月は、大きな節目の時期なのです。そしてラジオ放送の歴史を振り返ってみても、人気が高く安定した音楽ヒットチャート番組は、必ず独自の年間チャートそして上半期チャートの発表を行っており、このブログでも開始以来一貫して「上半期順位」そして「年間ランキング」の作成・公開を続けています。

 【1位 6週 登場10週】① トライアングル 劇伴音楽。 今年の上半期順位は、対象期間内の週間選曲リストにおいて、選曲条件をクリアした楽曲 9曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2009 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 6)
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( 5)
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( 3)
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( 2)
    宮本笑里“Fantasy for Violin and Orchestra”

  5. 第 5 位 ( 2)
    Linkin Park“New Divide”


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。ここは『 2009年6月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。