FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第333回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Linkin Park“New Divide”

  2. 第 2 位 ( △ )
    YUI“again”
    SBC MBS・アニメ「鋼の錬金術師 ~ FULLMETAL ALCHEMIST」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS ファミリー劇場・ドラマ「白昼の死角」劇中効果音楽 [市川秀男]

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn テレ朝・テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル「刑事一代 ~ 平塚八兵衛の昭和事件史」劇中効果音楽 [吉川清之]
    ♪優れたドラマに合致した脇を支える劇伴音楽。


 2009年は 上半期が終了し、これから折り返し点を迎えます。そこで『2009 上半期順位』を、今週の週間放送視聴日記に付記しました。年末に作成する年間ランキング( Year-End Ranking )の中間速報として お知らせするものです。週間選曲リスト・ルールの年間ランキング要項に基づき、上半期順位を確定・決定しました。

 昔は音楽ヒットチャート番組の多くが、上半期チャートを作成し、6月最終週に「上半期」12月最終週は「年間」の発表をするのが恒例でした。「下半期」チャートまで発表していたのは、LFニッポン放送の「不二家歌謡ベストテン」以外 記憶がありません。不二家歌謡ベストテンは、12月最終週が下半期ベストテン、翌年1月第1週には年間ベストテンの発表でした。

 FM長野(JFN)のコーセー歌謡ベストテンや、ダイヤトーン ポップス ベスト10でも、長年 上半期と年間ベストテン の発表を続けてきました。しかし“COUNTDOWN JAPAN”と コスモ ポップス ベスト10に変わってから、8年間ほど 上半期の発表がありませんでした。ところが今年から両番組とも、上半期チャートの発表を復活。20日に放送しています。

 今でも音楽ヒットチャート番組にとって、6月そして12月は、大きな節目の時期なのです。そしてラジオ放送の歴史を振り返ってみても、人気が高く安定した音楽ヒットチャート番組は、必ず独自の年間チャートそして上半期チャートの発表を行っており、このブログでも開始以来一貫して「上半期順位」そして「年間ランキング」の作成・公開を続けています。

 【1位 6週 登場10週】① トライアングル 劇伴音楽。 今年の上半期順位は、対象期間内の週間選曲リストにおいて、選曲条件をクリアした楽曲 9曲の中から、以下の通りに確定・決定しています。


 2009 上半期順位


  1. 第 1 位 ( 6)
    NBS KTV・ドラマ「トライアングル」劇中効果音楽 [澤野弘之・林ゆうき]

  2. 第 2 位 ( 5)
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( 3)
    DREAMS COME TRUE「連れてって 連れてって」
    ダンロップ テレビCMソング

  4. 第 4 位 ( 2)
    宮本笑里“Fantasy for Violin and Orchestra”

  5. 第 5 位 ( 2)
    Linkin Park“New Divide”


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2009年06月26日 の週間選曲リスト と『 2009 上半期順位 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。