FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第292回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽

  3. 第 3 位 ( △ )
    星村麻衣「ひかり」
    SBC TBS・日曜劇場「tomorrow ~ 陽はまたのぼる」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    Mr.Children“HANABI”
    NBS フジ・木曜劇場「コード・ブルー ~ ドクターヘリ 緊急救命」主題歌
    ♪1位 4週、登場10週。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    Oasis“The Shock of the Lightning”


 まだ足の痺れがとれません。確かに痺れは軽減したのですが、2度目の通院で処方されたお薬が なんと60日分(笑)。腰の骨が ねじれているのですから仕方がありません(笑)。

 今週は遅めの夏休みを1週間とり、出来るだけ 足付きマットレスの上でゴロゴロしていました。そこで古いテレビドラマを全話通しで視る事にしたのです。

 視聴したのは NHK少年ドラマシリーズ「つぶやき岩の秘密」(1973年 7月 9日 ~ 19日・全6回本放送)という作品です。

 新田次郎の原作をドラマ化。ストーリーでは両親を海難事故で亡くした少年が、その真相から旧日本軍が隠した地下要塞備蓄金塊の秘密へ迫っていきます。

 NHK少年ドラマシリーズは、1970年代の総合テレビで夕方6時台に放送された人気ドラマ枠で、あの「タイムトラベラー」を始め「悲しみは海の色」「霧の湖」「なぞの転校生」「家族天気図」「七瀬ふたたび」など 数多くのヒット作品が生まれました。

 今や放送文化財としての価値を有する作品群ですが、当時の業務用2インチVTRテープは高価だったため、制作時に重ね録りをしてしまい 現存する映像が極めて少数なのです。

 この「つぶやき岩の秘密」は、海外での放送を意図し 全編オールロケかつフィルムで撮影。そのため幸いにも全話完全な形で残っていました。

 このドラマの圧巻は、なんといってもテーマ曲です。

 作・編曲は 樋口康雄。石川セリ(井上陽水夫人)が唄った「遠い海の記憶」は、日本のテレビドラマ主題歌史上でも十指に入る名曲中の名曲です。

 樋口康雄 氏の絶対音感のなせる技か、イントロでストリングスとアコースティックギターが始まるタイミングは、まさに神域にさえ達しています。

 主人公の少年が漕ぐ船と海の映像だけのラストで フルコーラス流れたテーマ曲に、当時 全国から絶賛と楽譜希望の投書が殺到しました。

 舞台となったのは神奈川県 三浦半島の三戸浜ですが、私の住んでいた茨城県 北茨城市大津町の海岸線と妙にオーバーラップします。私が小学生の頃、大津町の海岸にも旧帝国陸軍の風船爆弾 放球基地跡が点在していました。

 今 改めて全話 視返してみると 情景は 35年近く前なのに、テーマソングを始め音楽効果が極めて斬新。非常に大人びたサスペンス的な筋書きです。

 NHK少年ドラマシリーズは、当時 特段の番組宣伝もなく、さりげなく夕方の時間帯に放送していました。ですが そのたった1回の本放送だけで、全国のジュニア視聴者に強烈な印象を焼き付けた不思議なドラマシリーズでした。

 テレビを通して各ドラマの登場人物に、ファン意識や憧れを超越した擬似恋愛感情(笑)を抱く少年・少女達が続出していました。

 俳優の柳葉敏郎 氏は このドラマシリーズの作品「ぼくがぼくであること」の夏代 役である奈良岡江里さんに、その擬似恋愛感情を長年抱き続けていました。そしてTBSテレビ「テレビ探偵団」で遂にご対面をし、その時まさに卒倒寸前(笑)だったのを覚えています。

 私は「タイムトラベラー」の全話録画が 現存していると信じ、30年近く色々なビデオコレクタークラブに出入りし、その行方を追跡し続けてきました。それは擬似恋愛というより、まるで迷宮入り事件を追う刑事の様な感情です(笑)。

 そして2001年 全国のチェイサー達の祈りが通じ、遂に「最終回」だけ発掘。NHKアーカイブスで放送されました。

 もし「タイムトラベラー」の全話録画テープ所有者の方が、奇跡的に このブログをお読みになりましたら、著作権切れを お待ちになる事なく(笑)速やかにNHKまで ご出頭(笑)して頂きたいと、心から念願しています。

第293回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    星村麻衣「ひかり」
    SBC TBS・日曜劇場「tomorrow ~ 陽はまたのぼる」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    岡野宏典「世界で誰より愛してる」
    SBC TBS・ひるドラ「キッパリ!!」主題歌
    ♪サビ部への移り方が力技だがサビ部から間奏へは緩やかに移る佳曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    abn HTB・北海道テレビ開局40周年記念スペシャルドラマ「歓喜の歌」劇中効果音楽 [本間昭光]
    ♪コーラスも含めて卓越した音楽効果を彩る劇伴群。


 オリンピック放送等の週間放送視聴日記のため前後しますが、先月17日に FM長野で シリーズ特別番組「筒美京平 ~ 孤高のメロディメーカー」を放送しました。

 30年近く音楽チャートを追い続けた者にとって、音楽家・筒美京平 氏は そのチャートが織り成した巨大な楽曲群の母体と言える存在です。

 しかし、同じく双璧をなしていた作曲家の都倉俊一 氏が、週単位でメディアへ露出していたのと対照的に、筒美京平 氏は、一切姿を現しません。既に亡くなっているとか、複数作家による共同ペンネーム説まで噂されたほどです。

 今回の番組で、久しぶりに筒美京平 氏の肉声を聴く事が出来ました。私にとっては 20数年ぶり2度目になります。

 よく文学の素養は、法学・哲学・宗教学などの研鑽で広がりが生まれると言われます。音楽の世界も 限られた和音や旋律との組み合わせだけでは、類似例ばかりになってしまう現状なのは紛れもない事実です。

 その閉塞から脱却するためにも、経済学や物理学から生まれた卓越したデータ分析能力が、作曲・編曲に独創性を生み出すと思う事さえあります。

 例えば 私が尊敬する音楽家・山下穀雄 先生は、慶應義塾大学経済学部の卒業です。また先週ご紹介した樋口康雄 氏は、物理学に大変造詣が深い音楽家です。

 筒美京平 氏の作曲手法は、洋楽ヒット曲の旋律を独自にデータ分析していくもので、そこから新しい邦楽作品が量産されました。

 私が長年 音楽チャートを追い続けてきて、衝撃を受けた筒美サウンドの1曲に、太田裕美の「九月の雨」(1977年)があります。

 後日談によると、ABBAの作品をデータ分析して作り上げた曲だそうです。よく聴いてみると、主旋律のコード進行やテンポなどにABBA的な要素は感じますが、それを遥かに超える情緒性の高い和声と旋律です。

 アレンジも筒美京平 氏が担当した この「九月の雨」は、P.ソロのつま弾きから いきなりサビ部のスキャット、そして そのキーの高まりをホーンセクションで落としていく そのイントロの和音構成だけで、既にひとつの作品として完成されています。

 さらに音域が広くないベルベットボイスの太田裕美に挑戦するかの様な後半の大転調は、量産の中の1曲と とても思えない練り上げられた作品だと 今でも思っています。

 あくまでも私個人の感想ですが、阿久悠・都倉俊一コンビの作品には 非常に商業的な生産ラインを感じとってしまいます。しかし、松本隆・筒美京平コンビは、量産されたヒット曲の中にも音楽芸術的な創作姿勢に気付く事があります。

 筒美京平 氏は、このラジオ番組で自らを商業作家と語っていましたが、世界中のポピュラーサウンドから独自のデータ分析により、日本人が根差している旋律と和声感に沿った作品を独創していく姿勢は、とても商業的ではありません。筒美京平 氏の肉声が入った この番組の録音ファイルは、永久保存するつもりです。

第294回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽
    ♪この予告使用音楽は著作権の都合により今後の新作・DVDから使われなくなる。

  2. 第 2 位 ( △ )
    岡野宏典「世界で誰より愛してる」
    SBC TBS・ひるドラ「キッパリ!!」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    星村麻衣「ひかり」
    SBC TBS・日曜劇場「tomorrow ~ 陽はまたのぼる」主題歌

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    abn HTB・北海道テレビ開局40周年記念スペシャルドラマ「歓喜の歌」劇中効果音楽 [本間昭光]


 父の実家は、ここ信州(北佐久郡 立科町)。私は、年少から長い間、母の実家の隣町にあたる茨城県 北茨城市で暮らしてきました。信州に引っ越してから もう17年になりますが、先日 北茨城市の最近の様子を 友人達から詳しく聞く機会がありました。

 最も活況を呈していいはずの大津町にある石井製菓。昔は学校給食のパンも製造していましたが、あっけなく廃業しています。

 私が一番驚いたのは、北茨城市が 福島県 いわき市に吸収合併を持ち掛けたとの話でした。

 もし合併が実現すれば 北茨城市は、茨城県から福島県になり、さらに関東地方から東北地方となってしまうところでしたが(笑)茨城県庁筋の強烈なプレッシャーでつぶれ 市長交代。収賄で実刑判決を受け服役した実力者 元市長が、なんと返り咲いたと言うのです。通常の政治常識では推し量れないほど、北茨城市の財政危機は深刻です。

 いわき市との合併話も 少し解らない訳ではありません。県北に中継所のないIBS茨城放送より、はるかに良く聴こえるRFCラジオ福島。それは隣りの いわき市に中継所があるからです。

 茨城県に県域民放FMはなく、北茨城市では TFMやJ-WAVEも なかなか聴こえません。しかし、同じ理由から ふくしまFMや いわき市のコミュニティFMが良好に受信可能。北茨城市向けのCMまで流すほどなのです(笑)。まるで岐阜県 中津川市周辺の南信町村にタイプが良く似ています。

 かく言う私も、行政書士試験は いわき市で受験。合格証書は、福島県庁経由で頂きました(笑)。

 石井製菓は、ご存知 米米CLUBの石井竜也、SUE CREAM SUEの石井美奈子 兄妹の生家で、後者の方と私は 小中学の同級。さらに返り咲いた現市長の祖母は、私が2年保育を受けた幼稚園の園長先生という繋がりもあります。

 17年という歳月を ここ信州で暮らしていますが、いわき市との合併の話を聴き、厳しい茨城県 北茨城市の財政事情と先行きの不透明さを 深く考えさせられた私なのです。


(追記) 北茨城市に関する週間放送視聴日記は、次の通りです。
 「東日本大震災」(2011年 3月11日)
 「ストリートビューで北茨城市を歩く」(2012年 4月27日)

 2015年12月 7日に、IBS茨城放送 FM補完中継局の日立局が開局し、北茨城市の難聴地域が ほぼ解消しました。既存のNHK-FM日立局と出力(100W)が同一で、かつ送信位置も より県北(日立市高鈴山)ですので、私の経験からも 北茨城市 大津町・平潟町において、夜間のIBS茨城放送は 良好な受信が可能になったと思われます。

第295回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    岡野宏典「世界で誰より愛してる」
    SBC TBS・ひるドラ「キッパリ!!」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  5. 第 5 位 ( ★ )
    沢田研二「時の過ぎゆくままに」
    ♪実に美しい旋律とアレンジが一体となった往年の秀逸曲。24日 放送の“SONGS”1曲目をリスト対象。


 福田 首相の電撃退陣表明に伴い、福田改造内閣は 僅か2ヶ月で幕となりました。

 自由民主党総裁選挙は 22日に両院議員総会で行われ、麻生太郎 幹事長が、事前の予想通り大差の当選を果たし、第23代 党総裁に選ばれています。

 【獲得得票数:麻生太郎 候補 351 与謝野薫 候補 66 小池百合子 候補 46 石原伸晃 候補 37 石破茂 候補 25】

 舞台となった両院議員総会は、NHK総合・民放テレビ各局が生中継。麻生 氏は 4回目の挑戦で、31 → 136 → 197 → 351 と得票が伸び、遂に総裁の座を獲得しました。

 24日 午後1時35分に衆議院本会議で、麻生 新総裁を首相に指名します。この段階で留任含め新閣僚が10名内定したと、NHK総合の特設ニュースで早々に報道されました。

 午後2時07分には、参議院が本会議で決選投票の末、小沢一郎 民主党代表を首相指名します。

 内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 麻生 総裁 337票(70・5%)参議院 小沢 代表 120票(50・0%)決選投票 125票(52・0%)でした。

 衆議院本会議が再開され、小坂憲次 両院協議会 協議委員議長から「成案調わず」の報告。午後4時55分には、憲法 第67条2項の衆議院優越規定により、麻生太郎 自由民主党総裁が、第92代(59人目)の内閣総理大臣に選出されました。そして 午後6時36分、麻生 首相自ら閣僚名簿を発表しています。

 戦後最年少の入閣となった小渕優子 少子化対策担当大臣、ご存じハマコー氏の長男・浜田靖一 防衛大臣、そして中川昭一 財務金融大臣と 新閣僚には2世議員が目立っています。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・河村建夫 内閣官房長官、2位・与謝野馨 経済財政担当国務大臣、3位・鳩山邦夫 総務大臣、4位・中川昭一 財務金融大臣、5位・甘利明 行政改革担当国務大臣 となっています。

 麻生首相は、戦後荒廃した占領下日本の復興の祖であり、最後の国葬を賜った故・吉田茂 元首相の孫。さらに実妹は、三笠宮寛仁親王妃信子さま。育ちの良さは 天下一品です。

 それなのに(笑)政治家とは思えない語彙選択をする座談の名手で、もう一部マスコミは 麻生首相の舌禍狙いの録画チェックを密かに行っているそうですが、これまた微妙な語彙の選択で、舌禍を かわすのもプロ級なのです。

 小泉純一郎 元首相の政界引退劇の中、与党の選挙シフト内閣が出来上がった日本列島に、いよいよ解散風は吹き込んできました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 ブログを ご愛読頂き、心から感謝申し上げます。ここは『 2008年9月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。