FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第295回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    映画「ガメラ大怪獣空中決戦」サウンドトラック楽曲「ギャオス逃げ去る」 [大谷幸]
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」予告使用音楽

  2. 第 2 位 ( ⇒ )
    岡野宏典「世界で誰より愛してる」
    SBC TBS・ひるドラ「キッパリ!!」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    いきものがかり「ブルーバード」
    SBC テレ東・アニメ「NARUTO疾風伝」オープニング テーマ

  4. 第 4 位 ( ☆ )
    樋口了一「1/6の夢旅人2002」
    abn HTB・バラエティ番組「水曜どうでしょう Classic」エンディング テーマ

  5. 第 5 位 ( ★ )
    沢田研二「時の過ぎゆくままに」
    ♪実に美しい旋律とアレンジが一体となった往年の秀逸曲。24日 放送の“SONGS”1曲目をリスト対象。


 福田 首相の電撃退陣表明に伴い、福田改造内閣は 僅か2ヶ月で幕となりました。

 自由民主党総裁選挙は 22日に両院議員総会で行われ、麻生太郎 幹事長が、事前の予想通り大差の当選を果たし、第23代 党総裁に選ばれています。

 【獲得得票数:麻生太郎 候補 351 与謝野薫 候補 66 小池百合子 候補 46 石原伸晃 候補 37 石破茂 候補 25】

 舞台となった両院議員総会は、NHK総合・民放テレビ各局が生中継。麻生 氏は 4回目の挑戦で、31 → 136 → 197 → 351 と得票が伸び、遂に総裁の座を獲得しました。

 24日 午後1時35分に衆議院本会議で、麻生 新総裁を首相に指名します。この段階で留任含め新閣僚が10名内定したと、NHK総合の特設ニュースで早々に報道されました。

 午後2時07分には、参議院が本会議で決選投票の末、小沢一郎 民主党代表を首相指名します。

 内閣総理大臣指名選挙の獲得得票数は、衆議院 麻生 総裁 337票(70・5%)参議院 小沢 代表 120票(50・0%)決選投票 125票(52・0%)でした。

 衆議院本会議が再開され、小坂憲次 両院協議会 協議委員議長から「成案調わず」の報告。午後4時55分には、憲法 第67条2項の衆議院優越規定により、麻生太郎 自由民主党総裁が、第92代(59人目)の内閣総理大臣に選出されました。そして 午後6時36分、麻生 首相自ら閣僚名簿を発表しています。

 戦後最年少の入閣となった小渕優子 少子化対策担当大臣、ご存じハマコー氏の長男・浜田靖一 防衛大臣、そして中川昭一 財務金融大臣と 新閣僚には2世議員が目立っています。

 内閣総理大臣臨時代理 就任予定者の指定順位は、1位・河村建夫 内閣官房長官、2位・与謝野馨 経済財政担当国務大臣、3位・鳩山邦夫 総務大臣、4位・中川昭一 財務金融大臣、5位・甘利明 行政改革担当国務大臣 となっています。

 麻生首相は、戦後荒廃した占領下日本の復興の祖であり、最後の国葬を賜った故・吉田茂 元首相の孫。さらに実妹は、三笠宮寛仁親王妃信子さま。育ちの良さは 天下一品です。

 それなのに(笑)政治家とは思えない語彙選択をする座談の名手で、もう一部マスコミは 麻生首相の舌禍狙いの録画チェックを密かに行っているそうですが、これまた微妙な語彙の選択で、舌禍を かわすのもプロ級なのです。

 小泉純一郎 元首相の政界引退劇の中、与党の選挙シフト内閣が出来上がった日本列島に、いよいよ解散風は吹き込んできました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2008年09月26日 の週間選曲リストと『 麻生太郎内閣誕生 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。