FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第116回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    諫山実生「月のワルツ」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( △ )
    中村雅俊「空蝉」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲
    ♪ひさびさに視たテレビでのライブ歌唱は高い域。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]


 先月28日に 松本市は、FM長野(長野エフエム放送)と災害時のラジオ放送要請に関する協定を締結しました。

 今後は災害対策基本法における通知・警告時や、大規模地震対策特別措置法に基づく警戒宣言発令時、さらに災害発生防止・災害応急対策実施上必要な時に、松本市はFM長野へ「放送要請」を行う事が可能になります。

 「放送要請」を受けたFM長野は「緊急番組の放送」や市が設ける「臨時放送局」への人的・物的支援を行います。

 以前このブログにも書きましたが、今までFM長野は地方公共団体との直接的な災害時放送協定に参加した事がありませんでした。

 今回 本社所在地である松本市と最高レベルの災害時放送協定を締結した事は、FM長野と松本市の結びつきが さらに深くなり大変有意義だと思います。


 FM長野は春の番組改編をむかえましたが、過去の改編期の中で最も動きのないもでした。

 但し夕方の生ワイド“REMIX SIGHT”は、火曜日の高寺・小林アナコンビ以外の日替わりパーソナリティにアシスタントを配置。4日間に計 8名の出演者という かつてない大所帯になりました。

 FM長野全体でもアナ 5名にタレント 9名 計13名と、パーソナリティ(DJ)の人数は全国の県域JFN加盟局から見ても相当な「大所帯」です。他局は局アナを中心に 5 ~ 6人で、朝夕含めた自社制作生ワイドのシフトを組んでいるケースが多い様です。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2005年 4月 現在

  1. 【1】FM NAGANO MUSIC SPECIAL REMIX SIGHT
       月 → 木 1600 ~ 1900(木 1855)
       清水まなぶ・湯本久美・高寺直美・小林新・丸山周・ホルヘ・田中利彦・ちのみえこ

  2. 【2】Start Your Engine あ・さ・い・ち!
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子・大岩堅一

  3. 【3】小林夏樹 BE UP! MORNING
       金 0730 ~ 1050
       小林夏樹・高寺直美

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】ALPICO Chao×Chao Cafe
       月 → 金 1130 ~ 1155
       野村恵美

 開局時(1988年10月)から 17年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。

第117回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    中村雅俊「空蝉」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    諫山実生「月のワルツ」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲
    ♪1位 2週、登場 5週。

  4. 第 4 位 ( ★ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌
    ♪ピアノを静的アクセントにした 羽毛田丈史のたたみ掛ける編曲が抜群の出来。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]
    ♪打楽器和音を強調した劇伴音楽群が高いレベル。


 そろそろゴールが見えてきたテレビ番組録画テープの整理ですが、今週も整理の傍ら「知ってるつもり?!」(日テレ・1989年10月 ~ 2002年 3月 本放送)の録画を視ました。

 日曜の夜は大河ドラマの後、この番組を視るのも習慣だった時期があります。「知ってるつもり?!」は歴史上の人物や故人となった有名人の群像を追う、民放のゴールデンタイムに放送し続けたドキュメンタリー番組です。

 番組の3分の2は人物の生涯を掘り下げた映像ドキュメントで構成。ゲストパネラー達がパートごとに感想を述べ、その人物の人生を追体験していきます。

 そしてラストで、司会の関口宏による人物の生涯に対して象徴付けるコメントした直後に流れるテーマソングが、番組イメージへ決定的効果を与えます。

 番組最初のテーマソングは 岡村孝子「愛がほしい」。その次 1990年 3月 4日 放送から9月15日 放送までテーマソングとして使われたのが、平井菜水「めざめ」。武部聡志が素晴らしいアレンジをしている名曲です。

 この頃に番組エンディングのスタイルが確立しました。以降も同じく平井菜水の「輝きたいから」「誕生物語」など佳曲が使われ、そして 1996年 1月14日 放送から衛藤利恵「この海へ」(作詞・秋元康 作曲・五輪真弓 編曲・萩田光雄)という名曲に出会う事となります。

 後にフジテレビ局アナになった 千野志麻がアシスタントを担当している 1999年 2月14日 放送「夏目雅子 ~ 14年目の真実」では あまりにもレベルの高い映像ドキュメントと衝撃的な結末に アシスタントも含めパネラー全員が号泣してしまいます。

 ラストでテーマソング L’Arc~en~Cel“forbidden lover”が流れるタイトルバックの美しさは、非常に際立っており その録画が残っていました。

 初期の頃の「知ってるつもり?!」も録画が残っていると思いますが、今のところ見つかりません。また平井菜水「めざめ」が流れるタイトルバックも探しています。重要なタイトルバックを全てDVDにデジタル化する作業は、手つかずに残っている状態なのです。


(追記) 「夏目雅子 ~ 14年目の真実」の録画はデジタル化し、MPEGファイルで保存。その後 平井菜水「めざめ」が使われていた「知ってるつもり?!」の録画も見つけました。 2010年12月には、総てのアナログ録画テープのデジタル化が完了しました。

第118回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    中村雅俊「空蝉」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]
    ♪難しい旋律構成でラストまで押していく大河テーマ音楽。後半週間選曲リスト・ルール 注意事項[08]により、テーマ音楽と劇伴音楽を別楽曲扱い。


 木曽郡 山口村が岐阜県 中津川市と「越県合併」して2ヶ月ほど経過しました。

 前に このブログで書きましたが、旧山口村の皆さんはCBC・東海テレビ・名古屋テレビ・中京テレビ・GBS岐阜放送を、中津川 中継所の電波で視聴していたそうです。

 こうなれば南信地域の受信状態改善のため 岐阜県 中津川市の「中津川 中継所」をFM長野が借り「FM長野・中津川 中継局」として南信に向けて指向性送信出来ないものでしょうか?

 例えばNHK「鳥取」放送局の米子中継所は「島根」県松江市に在します。「越県送信」は絶対認められない事ではないのです。

 「木曽路は全て山の中」と言われるほど山々に阻まれ FMラジオ放送受信が難しい地域。それが県内木曽地域です。

 これら木曽路リスナーの受信困難を解消するため 1993年12月16日に『FM長野・木曽福島 中継局』が開局しました。 送信周波数は 81・5 MHz です 。

 この木曽福島 中継局は送信アンテナに凝った特徴があります。3面の指向性アンテナの内、北部・東部向き3素子に対し 南部向きが5素子と利得を強くしてあります。この送信アンテナの工夫もあって木曽路の国道19号線沿いはフルカバーしています。

 しかし、送信面裏側にあたる三浦貯水池(三浦ダム)方面にかけての地域は、木曽福島 中継局の電波でも簡易な室内での放送受信が難しい状態にあり、木曽方面の電波状態の厳しさを象徴するかの様です。

 木曽郡 三岳村藤代にある標高1212m地点のNBS長野放送 木曽福島 テレビジョン放送局(正式名称)に併設する形で設置。 送信出力 10W で指向性送信しています。

 木曽福島 中継局は FM電波事情の厳しい木曽路をエリアカバーすべく、送信アンテナに凝った工夫がしてある長野エフエム放送中継所なのです。ちなみに工事費が約2800万円と新聞などへプレス発表しています。

 やはり岐阜県 中津川市にFM長野のサテライトがあると、南信地域の受信状態は大幅に改善されると思うのです。FM岐阜 さん、ひとつ よろしく お願いします(笑)。


(追記) 2005年11月 1日に、木曽福島町・日義村・開田村・三岳村は合併し、木曽郡 木曽町が発足しました。

第119回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    中村雅俊「空蝉」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
    ♪ヴォーカルとジャジーなアレンジが絶妙に溶け込んでいる秀逸曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌
    ♪バラードのメロディにフィメールロックを彩った様な佳曲。


 20日 早朝の総合テレビでNHKニュース速報が流れました。「システイーナ礼拝堂の煙突から白い煙、サンピエトロ大聖堂から鐘の音が鳴る」。不思議なニュース速報の文章です(笑)。

 このニュース速報こそ、世界中の選挙の中でも最も神秘的な選挙である 新ローマ法王選挙「コンクラーベ」の「当選確実」第1報でした(笑)。

 新しいローマ法王を選ぶ「コンクラーベ」は、とにかく徹底した秘密投票で行います。

 投票期間中、互選人である枢機卿団の外部 特にマスコミとの接触は絶対禁止。宿舎となる聖マルタ館には、携帯電話使用を防止するためのジャミングまで流されるなど、徹底した厳戒態勢がとられます。

 そして投票総数の3分の2を超える得票者が現れるまで、1日4回 毎日投票を繰り返します。文字通り「コンクラーベ」です(笑)。

 毎回 秘密保持のため開票直後に全投票用紙を焼却し、その焼いた煙がシステイーナ礼拝堂の煙突から上がる仕組みです。煙が「黒」ならば未決定「白」ならば当選者決定の告知になります。

 ところが前回のコンクラーベで煙が「黒」か「白」か はっきりしないアクシデントがありました。そこで「白」の煙の時はサンピエトロ大聖堂の鐘も一緒に鳴らす様にした訳です。新ローマ法王には、ドイツのラッツィンガー枢機卿が選ばれました。新法王は「ベネディクト16世」を名乗ります


(追記) 2013年 3月12日から退位したベネディクト16世の後継者を決めるコンクラーベが行われ、14日の第5回投票において、アルゼンチン人のベルゴリオ枢機卿を新法王に選出しましたシスティーナ礼拝堂の煙突から白い煙が上がったのは午前3時06分(日本時間)でサンピエトロ大聖堂の鐘も高らかに鳴っています。


 今年のNHK大河ドラマ「義経」。3日 放送された第13回「源氏の決起」での挙兵シーン。岩代太郎の劇伴音楽が流れる中、燃えさかる炎をバックにニヤリと不敵な笑みをたたえた、名優・丹波哲郎 演じる源頼政には強い感銘を覚えました。

 堪え難い屈辱から解放された源氏 武士の心と覚悟が見える様で素晴らしいシーンでした。あのニヤリと笑う演技は丹波哲郎 氏でないと出来ません。

 2005年 NHK大河ドラマ「義経」17日 放送・第15回「兄と弟」タイトルバック・クレジット(配役発表)序列は … ○ 滝沢秀明 → ○ 松平健 → 石原さとみ → 南原清隆 → うじきつよし → 伊藤淳史 → 海東健 → 宮内敦士 → △ 上原美佐 / △ 鶴見辰吾 → 森口瑤子 → 細川茂樹 → 賀集利樹 → △ 平野忠彦 / ○ 財前直見 → △ 阿部寛 → ○ 小林稔侍 / ○ 松阪慶子 / ○ 中井貴一 / ◎ 渡哲也 … となっています。

 ここに掲載されたピンクレ(1画面に1人だけ配役が紹介される)俳優を格付け対象としました。タイトルバックでは、俳優表示のリズムや区切り方にも意味合いがあり、それらを分析。無印 → △ → ○ の順でランクは上がり「トメ」の ◎ が、今回における最高俳優と、このブログでは独自な格付けをしています。

第120回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌

  3. 第 3 位 ( △ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    ABN テレ朝・ドラマ「はぐれ刑事純情派 ファイナル」テーマ音楽 [甲斐正人]
    ♪ストリングス アレンジが秀でているからこそトランペットが際立つ伝統のテーマ音楽。


 25日に起きた JR福知山線脱線事故の大惨事は、未だ その衝撃が続いています。

 午前9時40分頃 NHK総合に「兵庫県 尼崎市のJR福知山線で電車脱線、ケガ人多数」との「NHKニュース速報」が まず流れました。

 その第1報から 10分もたたない内に放送していた通常番組が打ち切られ、NHK総合は「臨時ニュース」(チャイムなし)を開始。車両が線路隣接のマンションに突っ込んでいる衝撃のヘリコプター映像も生中継されています。

 その直後から民放テレビ各局は、一斉に報道特別番組を急遽放送。各局の生中継の映像から大変な鉄道事故だと判りますが、自動車と衝突したとか置き石の可能性があるとか、断片的な未確認情報を伝えるだけで、犠牲者やケガ人の数も明確に報道されませんでした。

 情報は錯綜する中、事故車両にNHK神戸放送局の小山正人 チーフ・アナウンサーが偶然乗り合わせていて、危機管理能力の高い的確な生報告を事故直後から携帯電話で続けていました。

 3両目に乗っていた小山 アナの携帯電話からは「突然 急ブレーキがあり、大きな衝撃があって車両が倒れ、中の乗客は一斉に投げ出された。気付いてみると たくさんの乗客が大ケガをしており、中にはグッタリとしている人もいた。現在懸命の救助活動をしている。前後の車両の様子までは解らない」とのリポートが放送されています。

 しかし、この午前中の段階では まだ事故の全容が伝わってきません。

 そこで昼過ぎのNHK特設ニュースを担当した 末田正雄 アナが、生放送のまま異例の映像確認をします。ヘリコプターで撮影しているカメラマンに指示し、脱線している最後尾から ゆっくりと車両の数を数えていったのです。

 その結果 先頭1両目が、ヘリコプター上空からの映像に存在していないという驚愕の事実が判明。未曾有の鉄道事故だと初めて全国に伝わりました。このJR福知山線脱線事故は、鉄道事故として戦後4番目の大惨事となってしまいました。

 【犠牲者 107名 負傷者 562名】

 今回の鉄道事故で被害に遭われた皆さんへ、心から お見舞い申し上げます。


(追記) 事故は遅れを取り戻そうとした運転手の速度制限オーバーが原因でした。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを 即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは『 2005年4月 』のリストを、暦順に保存しているページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで ゆるやかに紡いでいく事が出来れば 嬉しい限りです。