ローマ法王選挙 コンクラーベ 2005 - チャート★ドランカー BLOG

FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第119回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    中村雅俊「空蝉」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( ★ )
    柴田淳「おかえりなさい。」
    ABN テレ朝・木曜ミステリー「おみやさん」主題歌
    ♪ヴォーカルとジャジーなアレンジが絶妙に溶け込んでいる秀逸曲。

  5. 第 5 位 ( ★ )
    奥田美和子「雨と夢のあとに」
    ABN テレ朝・金曜ナイトドラマ「雨と夢のあとに」主題歌
    ♪バラードのメロディにフィメールロックを彩った様な佳曲。


 20日 早朝の総合テレビで、NHKニュース速報が流れました。「システイーナ礼拝堂の煙突から白い煙、サンピエトロ大聖堂から鐘の音が鳴る」。不思議なニュース速報の文章です(笑)。

 このニュース速報こそ、世界中の選挙の中でも最も神秘的な選挙である 新ローマ法王選挙「コンクラーベ」の「当選確実」第1報でした(笑)。コンクラーベとは、ラテン語で“Conclave”と表記し、ローマ教皇選挙と言う意味です。キリスト教カトリック教会の最高司教地位であるローマ教皇は、選挙で選出するのです。

 「コンクラーベ」は、とにかく徹底した秘密投票で行います。互選人である枢機卿全員に関して、投票期間中に外部 特にマスコミとの接触が絶対禁止になります。宿舎となる聖マルタ館には、携帯電話使用を防止するためのジャミングまで流されるなど、徹底した厳戒態勢がとられます。

 投票は、手書き無記名です。最初の 1日目の午後 1回だけ。2日目と 3日目は、午前 2回、午後 2回の計 4回の投票が行われます。それでも決まらなかった時は、1日投票が休みとなり、助祭枢機卿の最年長者による講話がおこなわれます。この講話は、ある意味ヒント的(笑)な要素があるかも知れません。

 そして投票総数の 3分の2を超える得票者が現れるまで、毎日投票と講話を繰り返します。文字通り「コンクラーベ」です(笑)。毎回 秘密保持のため開票直後に全投票用紙を焼却し、その焼いた煙がシステイーナ礼拝堂の煙突から上がる仕組みです。煙が「黒」ならば未決定「白」ならば当選者決定の告知になります。

 ところが前回のコンクラーベで煙が「黒」か「白」か はっきりしないアクシデントがありました。そこで「白」の煙の時は、サンピエトロ大聖堂の鐘も一緒に鳴らす様にした訳です。お陰で なかなか劇的な当確シグナル(笑)となりました。新ローマ法王には、ドイツのラッツィンガー枢機卿が選ばれました。新法王は「ベネディクト16世」を名乗ります。


(追記) 2013年 3月12日から退位したベネディクト16世の後継者を決めるコンクラーベが行われ、14日の第5回投票において、アルゼンチン人のベルゴリオ枢機卿を 新法王に選出しました。システィーナ礼拝堂の煙突から白い煙が上がったのは、午前3時06分(日本時間)で、サンピエトロ大聖堂の鐘も高らかに鳴っています。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年04月22日 の週間選曲リストと『 ローマ法王選挙 コンクラーベ 2005 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。