FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第118回ランキング

   
公開 : 
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  2. 第 2 位 ( △ )
    柴田淳「幻」
    NBS 東海テレビ・ドラマ「危険な関係」主題歌

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    中村雅俊「空蝉」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲

  4. 第 4 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」劇中効果音楽 [岩代太郎]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]
    ♪難しい旋律構成でラストまで押していく大河テーマ音楽。週間選曲リスト・ルール 注意事項[08]により、テーマ音楽と劇伴音楽を別楽曲扱い。


 木曽郡 山口村が岐阜県 中津川市と「越県合併」して2ヶ月ほど経過しました。以前このブログで書きましたが、旧山口村の皆さんは、CBC・東海テレビ・名古屋テレビ・中京テレビ・GBS岐阜放送を、中津川 中継所の電波で視聴していたそうです。

 こうなれば南信地域の受信状態改善のため、岐阜県 中津川市の「中津川 中継所」を、FM長野が借り「FM長野・中津川 中継局」として、南信に向けて指向性送信出来ないものでしょうか? 例えばNHK「鳥取」放送局の米子中継所は「島根」県松江市に在します。越県送信は、絶対認められない事ではないのです。

 「木曽路は全て山の中」と言われるほど山々に阻まれ FMラジオ放送受信が難しい地域。それが県内木曽地域です。これら木曽路リスナーの受信困難を解消するため、1993年12月16日に『FM長野・木曽福島 中継局』が開局しました。 送信周波数は、81・5 MHz です 。

 木曽郡 三岳村藤代にある、標高 1212m地点のNBS長野放送 木曽福島 テレビジョン放送局(正式名称)に併設する形で設置。 送信出力 10W で指向性送信しています。また送信アンテナに凝った特徴があり。3面の指向性アンテナの内、北部・東部向き3素子に対し 南部向きが5素子と利得を強くしてあります。

 この送信アンテナの工夫もあって木曽路の国道19号線沿いは、フルカバーしています。しかし、送信面裏側にあたる三浦貯水池(三浦ダム)方面にかけての地域は、木曽福島 中継局の電波でも簡易な室内での放送受信が難しい状態です。NHK-FMは、上松町倉本に 100W、南木曾に 10Wの中継局を併設しており、木曽方面の電波状態の厳しさを象徴するかの様です。

 FM長野に関して言えば、この木曽福島 中継局と飯田 中継局が、南信地区の放送中継を支えています。木曽福島 中継局は、工事費が約2800万円と新聞などへプレス発表しています。FM電波事情の厳しい木曽路をエリアカバーすべく、送信アンテナに凝った工夫がしてある長野エフエム放送中継所なのです。

 ですが、やはり岐阜県 中津川市にFM長野のサテライトがあると、南信地域の受信状態は、大幅に改善されると思うのです。県域FM局の垣根を超えて、受信環境の実態に即した越県送信は、認められて然るべきだと考えます。総務省さんとFM岐阜 さん、ひとつ よろしく お願いします。


(追記) 2005年11月 1日に、木曽福島町・日義村・開田村・三岳村は合併し、木曽郡 木曽町が発足しました。


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2005年04月15日 の週間選曲リストと『 FM長野・木曽福島 中継局 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。