FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第116回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    諫山実生「月のワルツ」
    NHK教育・ミニ音楽番組「みんなのうた」2 ~ 3月 オンエアー曲

  2. 第 2 位 ( △ )
    ABN テレ朝・2時間サスペンスドラマ「土曜ワイド劇場」タイトルバック テーマ音楽 [音楽制作者 不詳]

  3. 第 3 位 ( △ )
    中村雅俊「空蝉」
    TSB 日テレ・2時間サスペンスドラマ「火曜サスペンス劇場」テーマ曲
    ♪ひさびさに視たテレビでのライブ歌唱は高い域。

  4. 第 4 位 ( ▽ )
    ABN テレ朝・ドラマ「相棒」テーマ音楽 [池頼広]

  5. 第 5 位 ( ☆ )
    NHK総合・大河ドラマ「義経」テーマ音楽 [岩代太郎]


 今春のFM長野は、過去の改編期の中で最も動きのないもでした。但し 夕方の生ワイド“REMIX SIGHT”は、火曜日の高寺・小林 アナコンビ以外の日替わりパーソナリティにアシスタントを配置。4日間に計 8名の出演者という かつてない大所帯になりました。日本の単営ラジオ局では、報道セクション以外、放送要員をスリムに維持するのが要諦だったはずです。

 FM長野全体でもアナ 5名にタレント 9名 計 13名と、パーソナリティ(DJ)の人数は、全国の県域JFN加盟局から見ても相当な大所帯です。他局は局アナを中心に 5 ~ 6人で、朝夕含めた自社制作生ワイドのシフトを組んでいるケースが多い様です。放送局の幹部社員にとって、人事権を大盤振る舞いで行使するのは、快感に近いものがあるそうです(笑)。

 先月28日に 松本市は、FM長野(長野エフエム放送)と、最高レベルのラジオ放送要請に関する協定を締結しました。今後は災害対策基本法における通知・警告時や、大規模地震対策特別措置法に基づく警戒宣言発令時、さらに災害発生防止・災害応急対策実施上必要な時に、松本市は FM長野へ「放送要請」を行う事が可能になります。

 放送要請を受けたFM長野は「緊急番組の放送」や市が設ける「臨時放送局」への人的・物的支援を行います。以前このブログにも書きましたが、今までFM長野は、地方公共団体との直接的な災害時放送協定に参加した事がありませんでした。今回の協定締結で、FM長野が大規模災害の減災に役立つメディアとして進化していく事を期待しています。


 FM長野 自社制作番組リスト
 (敬称略 ・【 】内は整理順位)


 2005年 4月 現在

  1. 【1】FM NAGANO MUSIC SPECIAL REMIX SIGHT
       月 → 木 1600 ~ 1900(木 1855)
       清水まなぶ・湯本久美・高寺直美・小林新・丸山周・ホルヘ・田中利彦・ちのみえこ

  2. 【2】Start Your Engine あ・さ・い・ち!
       月 → 木 0730 ~ 1000
       伊織智佳子・大岩堅一

  3. 【3】小林夏樹 BE UP! MORNING
       金 0730 ~ 1050
       小林夏樹・高寺直美

  4. 【4】346 GROOVE FRIDAY!
       金 1600 ~ 1900
       三四六

  5. 【5】ALPICO Chao×Chao Cafe
       月 → 金 1130 ~ 1155
       野村恵美

 開局時(1988年10月)から 17年間の全リストは、ブログの Basic List に掲載しています。


ブログ開始は 2003年です。

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。

Search

Pageguide

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。お読み頂き ありがとう ございます。ここは、2005年04月01日 の週間選曲リスト と『 FM長野 2005春の改編 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しているテキストブログです。デザイン総てが、オリジナルの自作で構成されています。週 1回「定点観測」の積み重ねによって、信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。