FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第330回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    Hey Monday“Homecoming”

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・大河ドラマ「天 地 人」テーマ音楽 [大島ミチル]

  3. 第 3 位 ( △ )
    CS 時代劇専門チャンネル・時代劇「夫婦旅日記さらば浪人」劇中効果音楽 [いずみたく]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    Linkin Park“New Divide”
    ♪美しい旋律に裏付けされた高い域なオルタナティブ・メタルの佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    阪井あゆみ「横顔」
    NBS KTV・ドラマ「白い春」主題歌
    ♪1位 3週、登場 7週。


 FM長野(JFN)で毎週土曜午後放送している“COUNTDOWN JAPAN”ですが、この4月から原則として、ベスト 10を総てオンエアーする様になりました。ワンコーラスだけですが、およそ 15年ぶりです。番組冒頭から いきなり 10位の曲をかけ、例の(笑)ゲストトークが挿入されても、どうにか 1位まで全曲オンエアーしています。

 また その後の「ポップスベストテン」も、今まで非公表だった順位決定の要素を 発表し始めました。JFN全国 38局のオンエアーチャート と リクエスト、CDのセールス、iTunes ウィークリーチャートのポイントを集計しているとの事です。以前は、リクエスト枚数だけで順位を決めており、年間チャートでも、放送直前のリクエストを加味していた事もありました。

 “COUNTDOWN JAPAN”は、一時期シングルCD売上チャートと、極めて類似してきた時期がありました。現在では、リクエストに JFN各局のオンエアーを集計したオンエアーチャート、携帯の着メロ着うたのダウンロードチャート、CDの売上枚数のチャートなど総合的にまとめた、独自のランキングを発表しているそうです。

 私自身、この両番組の「手書きチャート」の記録は約 9年前に止めています。最近のチャートをチェックしてみると、両番組の順位に、今まで あまり無かったポイント集計独特の 揺り戻し がみられます。しかし“COUNTDOWN JAPAN”に関して、すぎもとまさと や 樋口了一など、FM局にプロモーションをかけずヒットした楽曲は、上位 10曲にランクされません。

 民放FMのオンエアー状況は、未だ若年齢層をターゲットに、消費材の如く量産される邦楽新譜を、音楽流行の絶対要素として扱っている感じです。これからのラジオヒットチャートは、選曲のウィングを躊躇わず広げたラジオ局のAIRPLAYデータに主軸を置き、演歌でも クラシックでも 旧譜でも 新譜でも 平等に、その放送回数が集計されるべきです。

 ラジオチャート番組の鉄則は、全ての選曲を聴取者へ委ねる事にあります。その鉄則を満たすため、今最も多数の聴取者が満足する選曲を、統計手法で客観的に行うのが必須です。ここがラジオチャート番組の本質なのです。この本質を理解できないスタッフが制作担当になると、途端に番組構成を自分好みに変えてしまい、ラジオチャート番組は 潰れていくのです。

 ビートルズの楽曲だけで毎週チャートを発表する、RFラジオ日本の“THE BEATLES 10”は、AM局ですが少しずつネットを増やしています。ビートルズの公式発表曲 や 解散後の公開曲、合計 236曲から毎週ベスト 20を選ぶという設定は、実に素晴らしいものです。新譜だけをラジオチャート番組の対象にする時代は、静かに終焉を迎えているのです。


(追記) 2010年 4月から“COUNTDOWN JAPAN”は“COUNTDOWN jp”にマイナーチェンジし、ベスト10の全曲オンエアーも また打ち切られました。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。