FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第597回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( ⇒ )
    竹内まりや「深秋」
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」主題歌

  2. 第 2 位 ( △ )
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」劇中効果音楽 [服部隆之]

  3. 第 3 位 ( ▽ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「ペテロの葬列」劇中効果音楽 [横山克]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    JUJU「ラストシーン」
    NHK総合・ドラマ10「聖女」主題歌
    ♪ドラマ「ギルティ」主題歌と 旋律パターンは類似しているが佳曲。

  5. 第 5 位 ( ⇒ )
    NHK総合・連続テレビ小説「花子 と アン」劇中効果音楽 [梶浦由記]


 お盆が過ぎても 暑い日が続いています。私のお盆休みは、連続6日間 取れましたが、歯の詰め物が取れてしまったのと(笑)エアコンからポタポタ水滴が落ち始め、その対策に追われた 6日間でした。ちなみにエアコンのほうは、ドレンホース(排水ホース)の詰まりが原因で、それを取り除いたら簡単に水漏れは 止まりました(笑)。

 昨年 最高気温極値を出した高知県 四万十市 江川崎では、この日本記録を守り抜こうと(笑)地元商工会が直販所にアメダスの大型モニターを設置。ライバルの(笑)岐阜県 多治見市 と 埼玉県 熊谷市の最高気温を 10分おきに表示し、監視体制を引いていました(笑)。しかし、この夏の最高気温推移からも、昨年ほどの猛暑ではないようです。

 今週の週間選曲リストでは、NHK総合で現在放送されている土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」主題歌 と 劇伴音楽が 1位・2位を占めました。週間選曲リストで 1位・2位を同一ドラマで占めたのは、2011年の「科捜研の女」以来 3回目となります。「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」は、テレビドラマとして極めて稀な、高地気象観測をテーマとしたストーリーです。

 「芙蓉の人」は、草創期の天気予報の精度を上げるために、富士山頂での冬季気象観測が不可欠だと考えた民間気象学者・野中到が、自費で観測所を建設し、生命を賭して 1892年(明治25年)に、2時間おき 1日 12回の山頂越冬観測を決行。その夫と 行動を共にした千代子夫人の心情を、感動的に描いた新田次郎の名作です。

 原作者である作家・新田次郎は、気象庁 観測部 測器課長として 1964年(昭和39年)に竣工した富士山レーダーの建設を指揮し、作家として描いた野中 夫妻の富士山頂 気象観測の想いを大きく結実させた人物です。「芙蓉の人」は、1982年にNHK少年ドラマシリーズで、野中到:滝田栄、野中千代子:藤真利子として放送されており、私は本放送を視聴しています。

 その時に視た、水銀気圧計による気圧観測不能のエピソード と シーンが未だに忘れられません。私は、気圧計という気象観測器具が大好きで、我が家には 円形のアネロイド式気圧計が 2台あります。気温や設置場所の高度などで常時補正しなければならない水銀気圧計は、富士山頂であるが故に 水銀柱が下がり過ぎ(460ミリメートル)計測不能になってしまったのです。

 過去、ヴァイオリニストの 鰐淵晴子や、フルート奏者の 神崎愛が、女優として名を成し、映画・テレビドラマで活躍しました。ただ松下奈緒の場合、どうしてもピアニスト・音楽家のイメージが消え去りません。女優としてではなく、これだけドラマで演技が出来るピアニストに成長したのは、日本の音楽史上初ではないかと考えてしまいます(笑)。

 16日の第3回放送で、松下奈緒 演じる野中千代子が 冬の富士山を登りつめた時、山頂に望む野中観測所の遠景は、激しく回転する風速計と共に大変美しかったです。「芙蓉の人」のドラマ と 小説は、野中到・野中千代子 そして 新田次郎が、富士山頂 気象観測へ注ぎ込んだ情熱と エネルギーにしっかり裏打ちされた本物の物語です。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。