FM長野 リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第596回ランキング

公開 : 
  1. 第 1 位 ( △ )
    竹内まりや「深秋」
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」主題歌

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    SBC TBS・月曜ミステリーシアター「ペテロの葬列」劇中効果音楽 [横山克]

  3. 第 3 位 ( △ )
    NHK総合・土曜ドラマ「芙蓉の人 ~ 富士山頂の妻」劇中効果音楽 [服部隆之]

  4. 第 4 位 ( ★ )
    NHK総合・大河ドラマ「軍師官兵衛」劇中効果音楽 [菅野祐悟]
    ♪和声が整った美しい劇伴がある。テーマ音楽と別途に10日 第32回放送から使用を始めた劇伴がリスト対象。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    NHK総合・連続テレビ小説「花子 と アン」劇中効果音楽 [梶浦由記]


 今日は 69回目の終戦記念日です。日本でラジオ放送が始まったのは 1925年(大正14年)ですが、我が国で最も重大なラジオ放送は何か? と問われれば、それは第2次世界大戦の終結を告げた『玉音放送』だと間違いなく断言出来ます。

 1945年(昭和20年)8月15日 正午から放送された、昭和天皇による終戦の詔勅朗読 いわゆる玉音放送は、毎年 日本武道館で行われる全国戦没者追悼式の黙祷の起点になるほど、その放送開始時刻が 戦争終結の一瞬として扱われています。

 しかし終戦の日。8月15日のラジオ放送は それだけではありません。玉音放送の前もラジオは放送していたはずです。

 私は学生時代、この玉音放送の直前いったい何が放送されていたのか大変興味があり、放送史の大きな断片である玉音放送直前の東京中央放送局(JOAK)の放送内容について相当 私的に研究しました。

 まず2冊の文献を入手しました。それは大宅壮一「日本のいちばん長い日」と徳川夢声「夢声戦争日記」です。

 「日本のいちばん長い日」は、玉音放送前日の終戦決定の御前会議から玉音放送までの24時間に渡り、玉音放送録音盤を奪取しようと陸軍省・近衛師団幹部が起こしたクーデタ未遂いわゆる宮城事件(きゅうじょうじけん)の顛末を克明に記したドキュメンタリーです。

 14日 深夜から15日 早朝にかけて、宮内省と東京中央放送局(JOAK)は反乱将校に占拠されましたが断続的に放送が続いていました。それは空襲(警戒)警報発令中だったからです。

 関東地区で空襲(警戒)警報が発令されると、東京中央放送局(JOAK)の放送は中断され、放送を送出する権限が日本放送協会から東部軍司令部放送室に移ります。宮城事件で東京中央放送局(JOAK)が占拠された時は、空襲(警戒)警報発令中だったため放送内容に影響が出なかったのです。

 その実際の放送については、当時最も人気の弁士・声優であった徳川夢声の「夢声戦争日記」に詳述してあります。徳川夢声は東京中央放送局(JOAK)に出入りし、当時のラジオ放送 特に空襲警報の内容を日記に記録していました。

 占拠が鎮圧され警報も解除となった 15日 午前7時21分、東京中央放送局(JOAK)は、玉音放送の予告を放送しています。ところが8時32分に、また警報開始のブザーが鳴り空襲警報が発令されます。

 米英の連合国軍に日本が終戦を受け入れた事は、既に伝わっているはずでした。ところが監視目的か否かは不明ですが 戦闘機の侵入は続いていたのです。

 東京中央放送局(JOAK)に出入りしていたおかげで終戦を事前に知っていた徳川夢声は、撃墜まで伝える空襲警報に終戦が決裂したのではないのか? と不安を日記に書いています。

 この「夢声戦争日記」は、放送文化誌 1955年(昭和30年)8月号に続マイク雑感として掲載されたオリジナルと、中央公論社から発行された単行本では細部に違いがあります。

 玉音放送が始まる30分ほど前から、兵舎・学校・工場では整列の上、予め流されていたラジオ放送を多くの人々が聴いていました。そして その聴取した内容や様子を日記に記述した人も多数おり、夢声戦争日記との違いが解ってきました。

 例えば徳川夢声の空襲警報の記録は文語体ですが、実際の空襲警報は解りやすく口語体が主でした。さらに「夢声戦争日記」では 玉音放送冒頭の記録が明らかに脚色されていました。

 また空襲警報の放送文には、最後に「以上」と表現されるか、終了アナウンス・時刻告知アナウンスが加えられていました。

 さらに玉音放送直前には、正午の時報も流れていたのが確認されています。当時の時報は既に自動式になっており、予報音が30秒前から流れる大変長いものでした。となると「夢声戦争日記」に記載がありませんが、正午の時報の前にはステーション コールが放送されていたはずです。

 これらを考慮の上で修正し、玉音放送の直前の放送を再録してみました。もちろん違っている点があるかも知れません。その後 新しい事実が解りましたら、その時点で追記・修正する事をお約束します。

 我が国放送史上 最も重大なラジオ放送である「玉音放送」。その直前には、中断されたまま戦後69年間 実質再開する事はなかった、第2次世界大戦 最後の空襲警報が放送されていたのです。

 1945年(昭和20年)8月15日

 午前11時45分

 「東部防衛司令部、横須賀鎮守府司令部発表。 8月15日11時。 1、敵艦上機250機は 3波に分かれ 2時間に渡り、主として飛行場、一部交通機関、市街地に対し攻撃を加えました。 2、11時までに判明した戦果は撃墜9機 撃破2機です。以上。」(沈黙)

 午前11時55分

 「目下、千葉・茨城の上空に敵機を認めません。千葉・茨城両地区、関東海面は警報発令中ですが、東部防空情報を一時中止します。ただ今時刻は 12時5分前でございます。」(沈黙)

 午前11時59分

 「ジェイ、オー、エイ、ケイ。こちらは東京中央放送局であります。」
 (59分30秒から時報予報音が開始)

 正午(時報本報音)

 「ただ今より 重大なる放送があります。全国の聴取者の皆様 ご起立願います。・・・」


ブログ開始は 2003年です。

ブログ内 検索

独自のサーチエンジンで
対象リストを即時表示します。

G U I D E

 長野県 松本市 に在住している、FM長野 リスナー「ラジオネーム:チャート★ドランカー」の個人ブログです。

 お読み頂き ありがとう ございます。ご愛読者の皆様には、心から感謝申し上げます。

 ここは、2014年08月15日 の週間選曲リストと『 玉音放送の直前の放送 』に関する週間放送視聴日記のページです。

 このブログでは、次の2つのコンテンツを、毎週1リストにまとめて公開・保存しています。画像に依存しないテキストブログです。

 「週間選曲リスト」では、ラジオ・テレビ放送音楽に関する私の評論を、5曲ごとの選曲と順位で、象徴的に表現しています。

 「週間放送視聴日記」には、徒然なるままな身辺雑記を織り交ぜながら、オールラウンドなラジオ・テレビ番組のレビューやデータが掲載されています。

 広告等は一切表示しないポリシーで、ブログ開始時から運営しています。デザイン総てがオリジナルの自作です。

 週1回「定点観測」の積み重ねで、FM長野を始めとする信州のラジオ・テレビ放送の歴史を、この小さなブログで、ゆるやかに紡いでいく事が出来れば嬉しい限りです。