FM長野リスナーである ラジオネーム:チャート★ドランカーの個人ブログです。
私の 週間選曲リスト と 週間放送視聴日記 を 公開・保存しています。

第46回ランキング

   
  1. 第 1 位 ( △ )
    Do As Infinity「柊」
    SBC TBS・ドラマ「恋文 ~ 私たちが愛した男」主題歌
    ♪詞の美しさも投影する高水準のアレンジ と 秀逸な終奏部。

  2. 第 2 位 ( ▽ )
    a.mia“LAT.43゚N”
    SBC TBS・ドラマ「エ・アロール」主題歌

  3. 第 3 位 ( ⇒ )
    LOVE PSYCHEDELICO“My last fight”
    NBS KTV・ドラマ「ハコイリムスメ!」主題歌

  4. 第 4 位 ( ★ )
    浜崎あゆみ“No way to say”
    パナソニック テレビCMソング
    ♪“Voyage”以来ひさびさのバラード佳曲。

  5. 第 5 位 ( ▽ )
    ZARD「もっと近くで 君の横顔 見ていたい」
    日本酒「月桂冠」テレビCMソング


 9日 投開票の『第43回 衆議院議員総選挙』は、民主が躍進するも、与党3党で絶対安定多数 確保という結果になりました。共産・社民・保守新党は、政党の存在に係るほど議席を大きく減らし、二大政党に集約する流れが顕著になってきています。そして、この結果を伝えた開票速報は、投票締切の午後 8時に一斉発表する「出口調査」が総てと断じても過言で なくなりました。

 【獲得議席数:自民 237 民主 177 公明 34 共産 9 社民 6 保守新党 4 諸派 2 無所属 11】

 出口調査の発表内容は、NHKのみ「幅」予測で、民放テレビ各局共に、予測中心値をズバリ放送しています。とにかく出口調査で大勢が判明してしまい、従来からの開票速報の意味が薄れてきました。開票報道や緊急災害報道は、ラジオ・テレビを問わず放送局の使命というべきものですが、過剰な競争となっている出口調査発表に、報道としての価値があるのか甚だ疑問です。

 長野県内 小選挙区の当選者は、2回連続 自民 3 民主 2 。1区 と 4区で民主の復活当選がありました。自民党 と 民主党による 二大政党の議席占有傾向がさらに強くなっています。長野県の衆議院 各小選挙区の主要都市は、1区・長野市、2区・松本市、3区・上田市、4区・諏訪市、5区・飯田市。比例代表制選挙区は、北陸信越ブロックに属しています。

 以前このブログでも ご紹介しましたが、FM長野(長野エフエム放送)では、現在 定時ニュースを、平日 6回・土曜 4回・日曜 5回 放送しています。まずJFN配信の全国ニュースを、そのままFM長野ニュースと題して放送。さらに昼・夕の計 2回、信濃毎日新聞社の制作・提供する県内ニュースを、FM長野アナウンサーが放送しています。

 この2種類のニュースが定時の「FM長野ニュース」となります。また所定時間外に、臨時のFM長野ニュースを放送する事もあります。例えば今回の様な衆院選(21時55分・22時55分・23時55分から 5分間放送)や参院選の長野県選挙区、さらに県知事選や県議選などの選挙速報の際、日曜夜に複数回放送されています。

 選挙速報以外に重大ニュース発生時の「臨時のFM長野ニュース」は極めて稀です。1991年からの間では計 2回だけ私は聴いたことがあります。。私は「臨時のFM長野ニュース」を総て録音し保存し続けています。このブログでも、今後 選挙速報を中心とした「臨時のFM長野ニュース」を聴取できた時は、必ず週間放送視聴日記へ記録していきます。


ブログ開始は 2003年です。

Search

Mail-form


 頂いたメール内容の秘密は 厳守しています。